[スポンサーリンク]

一般的な話題

メルマガ有機化学 (by 有機化学美術館) 刊行中!!

毎回綺麗なCGで有機化学を”魅せてくれる” 『有機化学美術館』から、メールマガジンが刊行!

現在のところ第6号まで発行されています。

現行のコンテンツは
今週の反応・試薬・・・有名な人名反応・合成法を紹介。
注目の論文・・・最近発行された化学系論文で興味深いものをチョイス。
安全な実験のために・・・有機化学実験中の事故実例とその対策を紹介。このような情報はWebメディアには少なく、口伝に頼る面が今でも多いので、このような啓蒙は大変重要で意義深いと思います。
殿堂入り名論文・迷論文・・・有機化学の金字塔orアイタタタやっちゃったーといった論文を紹介予定。
館長の本棚・・・管理者のさとう氏が独断と偏見で毎回一冊のオススメ本を紹介。

となっています。
全般的に内容はやや高度で、専門有機化学者(特に有機合成化学者)向けといえます。まだまだ発行が始められたばかりなので、これから徐々に一般向けのコンテンツも増えてくることでしょう。期待大です。

登録は無料です。バックナンバーの閲覧や、お申し込みはこちらから行えます。ケムステ読者ならこちらも必見です!

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. カルベンで炭素ー炭素単結合を切る
  2. シクロプロパンの数珠つなぎ
  3. 物凄く狭い場所での化学
  4. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発
  5. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜
  6. アイディア創出のインセンティブ~KAKENデータベースの利用法
  7. 元素紀行
  8. 兄貴達と化学物質

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 中外製薬、抗悪性腫瘍剤「エルロチニブ塩酸塩」の製造販売承認を申請
  2. 堀場雅夫 Masao Horiba  
  3. NHC銅錯体の塩基を使わない直接的合成
  4. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis 5th Edition
  5. 同位体効果の解釈にはご注意を!
  6. Jエナジーと三菱化が鹿島製油所内に石化製品生産設備を700億円で新設
  7. edXで京都大学の無料講義配信が始まる!
  8. ノルゾアンタミンの全合成
  9. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明
  10. 投票!2013年ノーベル化学賞は誰の手に??

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP