[スポンサーリンク]


世界の化学者データベースケミカルバイオロジー

  1. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

    ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。スタンフォード大学 助教授。 (さらに…)…

  2. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

    アビシェック・チャッタージー(Abhishek Chatterjee、19xx年xx月x日-)は、米…

  3. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

    デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

  4. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

    中村 浩之(なかむら ひろゆき、1967年x月x日-)は、日本の有機化学者・化学生物学者である。東京…

  5. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

    アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

  6. チン・リン Qing Lin

  7. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

  8. マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

  9. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  10. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  11. クリストファー・チャン Christopher J. Chang

スポンサー

ピックアップ記事

  1. コエンザイムQ10 /coenzyme Q10
  2. 理系の海外大学院・研究留学記
  3. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation
  4. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  5. 伊藤嘉彦京都大名誉教授死去
  6. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  7. ケムステイブニングミキサー2015へ参加しよう!

注目情報

最新記事

海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー

アカデミックポジションの選考において、一般的なのか良く分かりませんが、欧米(スイス)でどういった選考…

柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

第205回のスポットライトリサーチは、お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系・三宅 亮介 先生 にお…

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

PAGE TOP