[スポンサーリンク]


世界の化学者データベースケミカルバイオロジー

  1. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

    デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物理有機化学者・ケミカルバイオロジストである。カリフォルニア工科大学 教授。(写真: Dougherty Group) (さらに&hell…

  2. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

    中村 浩之(なかむら ひろゆき、1967年x月x日-)は、日本の有機化学者・化学生物学者である。東京…

  3. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

    アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

  4. チン・リン Qing Lin

    チン・リン(Qing Lin、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化学者・生化学者である。ニュー…

  5. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

    ブラッドリー・L・ペンテルート (Bradley L. Pentelute、19xx年x月x日-)は…

  6. マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

  7. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  8. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  9. クリストファー・チャン Christopher J. Chang

スポンサー

ピックアップ記事

  1. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek
  2. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – Glen Miller
  3. 天然物の生合成に関わる様々な酵素
  4. 米FDA、塩野義の高脂血症薬で副作用警告
  5. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  6. シガトキシン /ciguatoxin
  7. ウーロン茶の中でも医薬品の化学合成が可能に

注目情報

最新記事

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!

研究室でのプレゼン、国際学会、海外留学など、国際化する研究環境にいまや英語は欠かせません。Engli…

脱水素型クロスカップリング重合法の開発

第138回目のスポットライトリサーチは、筑波大学 神原・桑原研究室の青木 英晃さん(博士前期課程2年…

PAGE TOP