[スポンサーリンク]


世界の化学者データベースケミカルバイオロジー

  1. 高橋 大介 Daisuke Takahashi

    高橋大介(たかはし だいすけ,Daisuke Takahashi)は,日本の化学者である。専門は,糖質化学,有機合成化学,ケミカルバイオロジー。2020年現在,慶應義塾大学理工学部応用化学科 准教授。 (さらに…)…

  2. 安藤弘宗 Hiromune Ando

    安藤弘宗(あんどう ひろむね, 1971年8月14日-)は、日本の化学者である。岐阜大学教授。経…

  3. 山東信介 Shinsuke Sando

    山東信介 (1973年、和歌山県生まれ)は、日本の化学者である。専門は生体機能関連化学、ケミカルバイ…

  4. パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

    パラムジット・S・アローラ(Paramjit S. Arora、19xx年xx月xx日-)は、アメリ…

  5. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

    ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、1982年6月27日-)は、米国の有機合成化学者である。…

  6. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  7. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

  8. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  9. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

  10. チン・リン Qing Lin

  11. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

  12. マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

  13. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  14. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  15. クリストファー・チャン Christopher J. Chang

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アウグスト・ホルストマン  熱力学と化学熱力学の架け橋
  2. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授
  3. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – Heather Carlson
  4. 海外のインターンに参加してみよう
  5. 合成化学発・企業とアカデミアの新たな共同研究モデル
  6. 化学英語論文/レポート執筆に役立つPCツール・決定版
  7. 有機ELディスプレイ材料市場について調査結果を発表

注目情報

最新記事

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

PAGE TOP