[スポンサーリンク]


世界の化学者データベースケミカルバイオロジー

  1. 伊藤 幸裕 Yukihiro Itoh

    伊藤 幸裕(いとう・ゆきひろ)は、日本の化学者である。大阪大学産業科学研究所・准教授。専門は創薬化学、ケミカルバイオロジー、有機化学。第26回ケムステVシンポ「創薬モダリティ座談会」講師・パネリスト。経歴2006…

  2. 上田 実 Minoru Ueda

    上田実 (うえだみのる、1965年10月21日–)は日本の有機化学者である。東北大学教授・JSPS …

  3. 佐藤しのぶ ShinobuSato

    佐藤しのぶ (さとう しのぶ)は、日本の化学者である。専門はバイオ分析化学。2021年現在、九州工業…

  4. バリー・ハリウェル Barry Halliwell

    バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

  5. デヴィッド・シュピーゲル David A. Spiegel

    デヴィッド・シュピーゲル(David A. Spiegel、19xx年x月xx日(ニューヨーク生)-…

  6. 高橋 大介 Daisuke Takahashi

  7. 安藤弘宗 Hiromune Ando

  8. 山東信介 Shinsuke Sando

  9. パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

  10. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

  11. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  12. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

  13. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  14. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

  15. チン・リン Qing Lin

  16. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 理研も一般公開するよ!!
  2. Essential Reagents for Organic Synthesis
  3. 水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発
  4. スティーヴン・バックワルド Stephen L. Buchwald
  5. アンモニアの安全性あれこれ
  6. 従来製品の100 倍以上の光耐久性を持つペンタセン誘導体の開発に成功
  7. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル化反応

注目情報

最新記事

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

アセトアミノフェン Acetaminophen

 アセトアミノフェン (acetaminophen) は、有機化合物の一つ。海外ではパラセタ…

不安定な高分子原料を従来に比べて 50 倍安定化することに成功! ~水中での化学反応・材料合成に利用可能、有機溶媒の大幅削減による脱炭素に貢献~

第424回のスポットライトリサーチは、京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 バイオベースマテリアル学…

【10月開催】マイクロ波化学ウェブセミナー

<内容>今月もテーマを分けて2回開催いたします。第一…

越野 広雪 Hiroyuki Koshino

越野 広雪(こしの ひろゆき)は、NMRやマススペクトルなどのもとにした有機分子の構造解析を専門とす…

PAGE TOP