[スポンサーリンク]


世界の化学者データベースケミカルバイオロジー

  1. 平井 剛 Go Hirai

    平井剛は、ケミカルバイオロジー応用を志向した擬天然物創製を研究している、日本の有機合成化学者である。九州大学大学院薬学研究院 教授。第35回ケムステVシンポ「有機合成が拓く最先端糖化学」講師経歴2002 東北大学大学院理学研…

  2. 吉田 優 Suguru Yoshida

     吉田 優(よしだ すぐる)は、日本の化学者。専門は、有機合成化学、ケミカルバイオロジー。2…

  3. 小山 靖人 Yasuhito Koyama

    小山 靖人(こやま やすひと)は、日本の有機化学者。富山県立大学工学部医薬品工学…

  4. 中村 浩之 Hiroyuki NAKAMURA

    中村 浩之 (なかむら・ひろゆき)は、日本の化学者である。専門は有機化学。2022年現在、東京工業大…

  5. 伊藤 幸裕 Yukihiro Itoh

    伊藤 幸裕(いとう・ゆきひろ)は、日本の化学者である。大阪大学産業科学研究所・准教授…

  6. 上田 実 Minoru Ueda

  7. 佐藤しのぶ ShinobuSato

  8. バリー・ハリウェル Barry Halliwell

  9. デヴィッド・シュピーゲル David A. Spiegel

  10. 高橋 大介 Daisuke Takahashi

  11. 安藤弘宗 Hiromune Ando

  12. 山東信介 Shinsuke Sando

  13. パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

  14. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

  15. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  16. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「女性用バイアグラ」開発・認可・そして買収←イマココ
  2. 鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~
  3. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation
  4. 「化学の匠たち〜情熱と挑戦〜」(日本化学会春季年会市民公開講座)
  5. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  6. トリフルオロメタンスルホン酸すず(II) : Tin(II) Trifluoromethanesulfonate
  7. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する

注目情報

最新記事

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

研究室でDIY!ELSD検出器を複数のLCシステムで使えるようにした話

先日のBiotage Selekt + ELSDの記事でちらっと紹介した、ELS…

第37回ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」を開催します!

修論・卒論・博士論文で大忙しの2,3月ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。まとめ作業とデスク…

有機合成化学協会誌2023年1月号:[1,3]-アルコキシ転位・クロロシラン・インシリコ技術・マイトトキシン・MOF

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年1月号がオンライン公開されました。す…

PAGE TOP