[スポンサーリンク]


世界の化学者データベースケミカルバイオロジー

  1. 安藤弘宗 Hiromune Ando

    安藤弘宗(あんどう ひろむね, 1971年8月14日-)は、日本の化学者である。岐阜大学教授。経歴1994 岐阜大学農学部生物資源利用学科 卒業1996岐阜大学大学院農学研究科生物資源利用学専攻 修士号取得1999岐阜大…

  2. 山東信介 Shinsuke Sando

    山東信介 (1973年、和歌山県生まれ)は、日本の化学者である。専門は生体機能関連化学、ケミカルバイ…

  3. パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

    パラムジット・S・アローラ(Paramjit S. Arora、19xx年xx月xx日-)は、アメリ…

  4. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

    ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、1982年6月27日-)は、米国の有機合成化学者である。…

  5. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

    アビシェック・チャッタージー(Abhishek Chatterjee、19xx年xx月x日-)は、米…

  6. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

  7. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  8. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

  9. チン・リン Qing Lin

  10. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

  11. マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

  12. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  13. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  14. クリストファー・チャン Christopher J. Chang

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る
  2. フィル・バラン Phil S. Baran
  3. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  4. レーザー光で実現する新たな多結晶形成法
  5. 事故を未然に防ごう~確認しておきたい心構えと対策~
  6. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』
  7. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー後編

注目情報

最新記事

経営戦略を成功に導く知財戦略【実践事例集】

知財の力を使って経営戦略を成功に導くためのプロセスを詳細に記載した文献です。イノベーションの創出、事…

最新プリント配線板技術ロードマップセミナー開催発表!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大に伴い、国内でも多くの学会やシンポジウムが中止…

荘司 長三 Osami Shoji

荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。…

合成化学者のための固体DNP-NMR

先日、2020年7月7日の第5回ケムステVシンポで山東先生による溶液DNP-NMRの利用に関するご講…

第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David Cahen教授

第104回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・カーヘン教授です。ワイツマン研究所化学科・マテリア…

PAGE TOP