[スポンサーリンク]


世界の化学者データベースケミカルバイオロジー

  1. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

    ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。スタンフォード大学 助教授。 (さらに…)…

  2. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

    アビシェック・チャッタージー(Abhishek Chatterjee、19xx年xx月x日-)は、米…

  3. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

    デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

  4. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

    中村 浩之(なかむら ひろゆき、1967年x月x日-)は、日本の有機化学者・化学生物学者である。東京…

  5. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

    アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

  6. チン・リン Qing Lin

  7. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

  8. マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

  9. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  10. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  11. クリストファー・チャン Christopher J. Chang

スポンサー

ピックアップ記事

  1. CSJカレントレビューシリーズ書評
  2. 魅惑の薫り、漂う香り、つんざく臭い
  3. ビシナルジハライドテルペノイドの高効率全合成
  4. Hazardous Laboratory Chemicals Disposal Guide
  5. カイニン酸 kainic acid
  6. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応
  7. 米メルク、「バイオックス」回収で第2・四半期は減収減益

注目情報

最新記事

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選

筆者の最近では、ちょっとした計算や反応機構を描くツールとしてipadアプリ"GoodNotes"を使…

PAGE TOP