[スポンサーリンク]


世界の化学者データベースケミカルバイオロジー

  1. バリー・ハリウェル Barry Halliwell

    バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学者である。シンガポール国立大学ヨンルーリン医学部バイオケミストリー学科特別教授。2021年クラリベイト「引用栄誉賞」受賞者(写真出典:シンガ…

  2. デヴィッド・シュピーゲル David A. Spiegel

    デヴィッド・シュピーゲル(David A. Spiegel、19xx年x月xx日(ニューヨーク生)-…

  3. 高橋 大介 Daisuke Takahashi

    高橋大介(たかはし だいすけ,Daisuke Takahashi)は,日本の化学者である。専門は,糖…

  4. 安藤弘宗 Hiromune Ando

    安藤弘宗(あんどう ひろむね, 1971年8月14日-)は、日本の化学者である。岐阜大学教授。経…

  5. 山東信介 Shinsuke Sando

    山東信介 (1973年、和歌山県生まれ)は、日本の化学者である。専門は生体機能関連化学、ケミカルバイ…

  6. パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

  7. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

  8. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  9. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

  10. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  11. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

  12. チン・リン Qing Lin

  13. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

  14. マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

  15. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  16. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic Allylation
  2. 液相における粒子間水素移動によって加速されるアルカンとベンゼンの脱水素カップリング反応
  3. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】
  4. 化学研究ライフハック :RSSリーダーで新着情報をチェック!2015年版
  5. クライゼン転位 Claisen Rearrangement
  6. メールのスマートな送り方
  7. 2013年ノーベル化学賞は誰の手に?トムソンロイター版

注目情報

最新記事

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

PAGE TOP