[スポンサーリンク]


世界の化学者データベースケミカルバイオロジー

  1. Noah Z. Burns ノア・バーンズ

    ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。スタンフォード大学 助教授。 (さらに…)…

  2. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

    アビシェック・チャッタージー(Abhishek Chatterjee、19xx年xx月x日-)は、米…

  3. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

    デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

  4. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

    中村 浩之(なかむら ひろゆき、1967年x月x日-)は、日本の有機化学者・化学生物学者である。東京…

  5. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

    アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

  6. チン・リン Qing Lin

  7. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

  8. マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

  9. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

  10. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews

  11. クリストファー・チャン Christopher J. Chang

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始
  2. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  3. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath
  4. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  5. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  6. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】
  7. 天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

注目情報

最新記事

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお会いした際、最近の採用面接の状況について話をした。…

麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ

(さらに…)…

Pallambins A-Dの不斉全合成

保護基を使用しない、pallambins A-Dの不斉全合成が初めて達成された。今後これらのジテルペ…

PAGE TOP