[スポンサーリンク]


世界の化学者データベースナノ化学

  1. 有賀 克彦 Katsuhiko Ariga

    有賀克彦(Katsuhiko Ariga)は、日本の材料化学・ナノテクノロジー・超分子化学者である。物質材料機構(NIMS)、国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA) 主任研究者。東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻教授。…

  2. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe

    渡邉 峻一郎(WATANABE Shun, 1983年8月16日-)は、日本の固…

  3. トーマス・エブソン Thomas Ebbesen

    トーマス・エブソンThomas W. Ebbesenは、フランスの物理化学者である。専門は光―物質相…

  4. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos

    マリア フリッツァニ-ステファノポウロス(Maria Flytzani-Stephanopoulos…

  5. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund

    ポール・ウィルヘルム・カール・ロゼムンド(Paul Wilhelm Karl R…

  6. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya

  7. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner

  8. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg

  9. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos

  10. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer

  11. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello

  12. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  13. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva

  14. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov

  15. 遠藤守信 Morinobu Endo

  16. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スティーブン・リパード Stephen J. Lippard
  2. フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Iron(II)
  3. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 1
  4. CSJジャーナルフォーラム「ジャーナルの将来像を考える」
  5. ヘリウム不足いつまで続く?
  6. 君には電子のワルツが見えるかな
  7. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser

注目情報

最新記事

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

研究室でDIY!ELSD検出器を複数のLCシステムで使えるようにした話

先日のBiotage Selekt + ELSDの記事でちらっと紹介した、ELS…

第37回ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」を開催します!

修論・卒論・博士論文で大忙しの2,3月ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。まとめ作業とデスク…

有機合成化学協会誌2023年1月号:[1,3]-アルコキシ転位・クロロシラン・インシリコ技術・マイトトキシン・MOF

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年1月号がオンライン公開されました。す…

PAGE TOP