[スポンサーリンク]


世界の化学者データベースナノ化学

  1. 有賀 克彦 Katsuhiko Ariga

    有賀克彦(Katsuhiko Ariga)は、日本の材料化学・ナノテクノロジー・超分子化学者である。物質材料機構(NIMS)、国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA) 主任研究者。東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻教授。…

  2. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe

    渡邉 峻一郎(WATANABE Shun, 1983年8月16日-)は、日本の固…

  3. トーマス・エブソン Thomas Ebbesen

    トーマス・エブソンThomas W. Ebbesenは、フランスの物理化学者である。専門は光―物質相…

  4. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos

    マリア フリッツァニ-ステファノポウロス(Maria Flytzani-Stephanopoulos…

  5. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund

    ポール・ウィルヘルム・カール・ロゼムンド(Paul Wilhelm Karl R…

  6. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya

  7. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner

  8. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg

  9. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos

  10. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer

  11. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello

  12. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  13. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva

  14. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov

  15. 遠藤守信 Morinobu Endo

  16. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 米国版・歯痛の応急薬
  2. 【サステナブルなものづくり】 マイクロ波の使い方セミナー 〜実験例・実証設備などを公開〜
  3. ポンコツ博士の海外奮闘録⑪ 〜博士,データをとる〜
  4. 水が促進するエポキシド開環カスケード
  5. 究極のエネルギーキャリアきたる?!
  6. 大学院生のつぶやき:第5回HOPEミーティングに参加してきました
  7. 光延反応 Mitsunobu Reaction

注目情報

最新記事

【技術系スタートアップ合同フォーラムのお知らせ】 ディープテックのリアル-業界ならでは魅力と社会課題解決への想い

ディープテックに関心がある方、スタートアップへのジョインに興味のある方、スタート…

【速報】2022年ノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」へ!

2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス…

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

アセトアミノフェン Acetaminophen

 アセトアミノフェン (acetaminophen) は、有機化合物の一つ。海外ではパラセタ…

不安定な高分子原料を従来に比べて 50 倍安定化することに成功! ~水中での化学反応・材料合成に利用可能、有機溶媒の大幅削減による脱炭素に貢献~

第424回のスポットライトリサーチは、京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 バイオベースマテリアル学…

PAGE TOP