[スポンサーリンク]


世界の化学者データベースナノ化学

  1. 有賀 克彦 Katsuhiko Ariga

    有賀克彦(Katsuhiko Ariga)は、日本の材料化学・ナノテクノロジー・超分子化学者である。物質材料機構(NIMS)、国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA) 主任研究者。東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻教授。…

  2. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe

    渡邉 峻一郎(WATANABE Shun, 1983年8月16日-)は、日本の固…

  3. トーマス・エブソン Thomas Ebbesen

    トーマス・エブソンThomas W. Ebbesenは、フランスの物理化学者である。専門は光―物質相…

  4. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos

    マリア フリッツァニ-ステファノポウロス(Maria Flytzani-Stephanopoulos…

  5. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund

    ポール・ウィルヘルム・カール・ロゼムンド(Paul Wilhelm Karl R…

  6. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya

  7. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner

  8. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg

  9. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos

  10. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer

  11. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello

  12. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  13. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva

  14. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov

  15. 遠藤守信 Morinobu Endo

  16. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【11月開催】第十三回 マツモトファインケミカル技術セミナー   二酸化炭素を原料とした有機化学物質の合成における有機金属化合物触媒の利用
  2. 私がケムステスタッフになったワケ(4)
  3. ガラス器具の洗浄にも働き方改革を!
  4. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Protecting Group
  5. 科学はわくわくさせてくれるものーロレアル-ユネスコ賞2015 PartII
  6. 未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに
  7. 2005年6月分の気になる化学関連ニュース投票結果

注目情報

最新記事

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

PAGE TOP