[スポンサーリンク]


世界の化学者データベースナノ化学

  1. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos

    マリア フリッツァニ-ステファノポウロス(Maria Flytzani-Stephanopoulos, Greece, 1946年xx月xx日-)は、アメリカのナノ粒子・触媒科学者である。タフツ大学教授。経歴19…

  2. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund

    ポール・ウィルヘルム・カール・ロゼムンド(Paul Wilhelm Karl R…

  3. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya

    塩谷光彦(しおのや みつひこ、1958年7月14日-)は、日本の生物無機化学者、…

  4. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner

    ウルリッヒ・B・ウィーズナー(Ulrich B. Wiesner、19xx年x月…

  5. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg

    ジョアンナ・アイゼンバーグ(Joanna Aizenberg、19xx年x月xx日-…

  6. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos

  7. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer

  8. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello

  9. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  10. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva

  11. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov

  12. 遠藤守信 Morinobu Endo

  13. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

  14. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa

  15. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu

  16. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マグネシウム Magnesium-にがりの成分から軽量化合物材料まで
  2. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?
  3. γ-チューブリン特異的阻害剤の創製
  4. 有機合成化学協会誌2018年4月号:脱カルボニル型カップリング反応・キレートアミン型イリジウム触媒・キラルリン酸・アリル銅中間体・窒素固定
  5. 機構解明が次なる一手に繋がった反応開発研究
  6. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reaction
  7. エコエネルギー 家庭で競争

注目情報

最新記事

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

PAGE TOP