[スポンサーリンク]


世界の化学者データベースナノ化学

  1. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos

    マリア フリッツァニ-ステファノポウロス(Maria Flytzani-Stephanopoulos, Greece, 1946年xx月xx日-)は、アメリカのナノ粒子・触媒科学者である。タフツ大学教授。経歴19…

  2. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund

    ポール・ウィルヘルム・カール・ロゼムンド(Paul Wilhelm Karl R…

  3. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya

    塩谷光彦(しおのや みつひこ、1958年7月14日-)は、日本の生物無機化学者、…

  4. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner

    ウルリッヒ・B・ウィーズナー(Ulrich B. Wiesner、19xx年x月…

  5. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg

    ジョアンナ・アイゼンバーグ(Joanna Aizenberg、19xx年x月xx日-…

  6. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos

  7. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer

  8. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello

  9. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  10. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva

  11. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov

  12. 遠藤守信 Morinobu Endo

  13. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

  14. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa

  15. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu

  16. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バートン トリフルオロメチル化 Burton Trifluoromethylation
  2. 世界初!反転層型ダイヤMOSFETの動作実証に成功
  3. 掟破り酵素の仕組みを解く
  4. テキサス大教授Science論文捏造か?
  5. カルシウムイオン濃度をモニターできるゲル状センサー
  6. テッド・ベグリーTadhg P. Begley
  7. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

注目情報

最新記事

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

PAGE TOP