[スポンサーリンク]


世界の化学者データベースナノ化学

  1. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos

    マリア フリッツァニ-ステファノポウロス(Maria Flytzani-Stephanopoulos, Greece, 1946年xx月xx日-)は、アメリカのナノ粒子・触媒科学者である。タフツ大学教授。経歴19…

  2. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund

    ポール・ウィルヘルム・カール・ロゼムンド(Paul Wilhelm Karl R…

  3. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya

    塩谷光彦(しおのや みつひこ、1958年7月14日-)は、日本の生物無機化学者、…

  4. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner

    ウルリッヒ・B・ウィーズナー(Ulrich B. Wiesner、19xx年x月…

  5. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg

    ジョアンナ・アイゼンバーグ(Joanna Aizenberg、19xx年x月xx日-…

  6. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos

  7. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer

  8. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello

  9. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  10. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva

  11. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov

  12. 遠藤守信 Morinobu Endo

  13. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

  14. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa

  15. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu

  16. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)
  2. 製薬各社の被災状況
  3. 好奇心の使い方 Whitesides教授のエッセイより
  4. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  5. 遠藤守信 Morinobu Endo
  6. 博士課程学生の経済事情
  7. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

注目情報

最新記事

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Zoomオンライン革命!

概要“実際に会う"という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていませんか?オンライン会…

PAGE TOP