[スポンサーリンク]


世界の化学者データベースナノ化学

  1. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe

    渡邉 峻一郎(WATANABE Shun, 1983年8月16日-)は、日本の固体物理学者である。専門分野は、分子性固体の固体物性、半導体エレクトニクス・スピントロニクス。東京大学大学院新領域創成科学研究科 准教授。…

  2. トーマス・エブソン Thomas Ebbesen

    トーマス・エブソンThomas W. Ebbesenは、フランスの物理化学者である。専門は光―物質相…

  3. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos

    マリア フリッツァニ-ステファノポウロス(Maria Flytzani-Stephanopoulos…

  4. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund

    ポール・ウィルヘルム・カール・ロゼムンド(Paul Wilhelm Karl R…

  5. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya

    塩谷光彦(しおのや みつひこ、1958年7月14日-)は、日本の生物無機化学者、…

  6. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner

  7. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg

  8. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos

  9. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer

  10. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello

  11. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

  12. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva

  13. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov

  14. 遠藤守信 Morinobu Endo

  15. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

  16. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ベンゼン環をつないで 8 員環をつくる! 【夢の三次元ナノカーボンの創製に向けて】
  2. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—C 結合で切る
  3. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  4. 第66回―「超分子集合体と外界との相互作用を研究する」Francesco Stellacci教授
  5. 力を加えると変色するプラスチック
  6. 低分子の3次元構造が簡単にわかる!MicroEDによる結晶構造解析
  7. 私がケムステスタッフになったワケ(5)

注目情報

最新記事

定番フィルム「ベルビア100」が米国で販売中止。含まれている化学薬品が有害指定に

富士フイルムのリバーサルフィルム「フジクローム ベルビア100」が、米国で販売ストップとなりました。…

話題のAlphaFold2を使ってみた

ここ数日、構造生物学界隈で「AlphaFold2」と呼ばれているタンパク質の構造…

フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨー…

「第22回 理工系学生科学技術論文コンクール」の応募を開始

日刊工業新聞社とモノづくり日本会議は、理工系学生(大学生・修士課程の大学院生、工業高等専門学校生)を…

みんなおなじみ DMSO が医薬品として承認!

2021年1月22日、間質性膀胱炎治療薬ジメチルスルホキシド (商品名ジムソ膀胱内注…

PAGE TOP