[スポンサーリンク]

ナノ化学

プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva

 

アミラ・プラサナ・デ・シルバ (Amilra Prasanna de Silva、1952年4月29日-)は、イギリスの有機化学者である。英クイーンズ大学教授(写真:Queen’s University)。

経歴

1975 スリランカ大学卒業
1987 クイーンズ大学ベルファスト博士課程修了(有機光化学)

1997 クイーンズ大学ベルファスト教授

 

受賞歴

2008 RSC Award for sensors

 

研究概要

論理演算可能な分子システムの開発

分子コンピューティング

蛍光有機分子センサーの開発

 

コメント&その他

 

関連文献

[1] de Silva, A. P.; Uchiyama, S. Nature Nanotech. 2007, 2, 399.

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クリスティーナ・ホワイト M. Christina White
  2. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong
  3. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore
  4. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse
  5. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz…
  6. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar
  7. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos
  8. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フッ素ドープ酸化スズ (FTO)
  2. 化学研究ライフハック:Twitter活用のためのテクニック
  3. ジオキシラン酸化 Oxidation with Dioxirane
  4. 触媒的C-H活性化反応 Catalytic C-H activation
  5. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction
  6. 化学系ラボでSlackを使ってみた
  7. 今年も出ます!!サイエンスアゴラ2015
  8. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ
  9. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  10. 第32回生体分子科学討論会 

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

PAGE TOP