[スポンサーリンク]

ナノ化学

プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva

[スポンサーリンク]

 

アミラ・プラサナ・デ・シルバ (Amilra Prasanna de Silva、1952年4月29日-)は、イギリスの有機化学者である。英クイーンズ大学教授(写真:Queen’s University)。

経歴

1975 スリランカ大学卒業
1987 クイーンズ大学ベルファスト博士課程修了(有機光化学)

1997 クイーンズ大学ベルファスト教授

 

受賞歴

2008 RSC Award for sensors

 

研究概要

論理演算可能な分子システムの開発

分子コンピューティング

蛍光有機分子センサーの開発

 

コメント&その他

 

関連文献

[1] de Silva, A. P.; Uchiyama, S. Nature Nanotech. 2007, 2, 399.

 

関連書籍

 

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Qi-Lin Zhou 周其林
  2. スチュアート・ライス Stuart A. Rice
  3. 山本 尚 Hisashi Yamamoto
  4. ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna
  5. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter
  6. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Har…
  7. グレッグ・フー Gregory C. Fu
  8. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「夢・化学-21」 夏休み子ども化学実験ショー
  2. グラクソ、パーキンソン病治療薬「レキップ錠」を販売開始
  3. 周期表の形はこれでいいのか? –その 2: s ブロックの位置 編–
  4. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling
  5. 農工大で爆発事故発生―だが毎度のフォローアップは適切か?
  6. 鍛冶屋はなぜ「鉄を熱いうちに」打つのか?
  7. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  8. 高分子討論会:ソーラーセイルIKAROS
  9. マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt
  10. 有機反応を俯瞰する ー縮合反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP