[スポンサーリンク]

ナノ化学

プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva

[スポンサーリンク]

 

アミラ・プラサナ・デ・シルバ (Amilra Prasanna de Silva、1952年4月29日-)は、イギリスの有機化学者である。英クイーンズ大学教授(写真:Queen’s University)。

経歴

1975 スリランカ大学卒業
1987 クイーンズ大学ベルファスト博士課程修了(有機光化学)

1997 クイーンズ大学ベルファスト教授

 

受賞歴

2008 RSC Award for sensors

 

研究概要

論理演算可能な分子システムの開発

分子コンピューティング

蛍光有機分子センサーの開発

 

コメント&その他

 

関連文献

[1] de Silva, A. P.; Uchiyama, S. Nature Nanotech. 2007, 2, 399.

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ロナルド・ブレズロウ Ronald Breslow
  2. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  3. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  4. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros
  5. ジェームス・ツアー James M. Tour
  6. マット・フランシス Matthew B. Francis
  7. イー・タン Yi Tang
  8. 柴崎正勝 Masakatsu Shibasaki

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー3
  2. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping
  3. ChemDrawの使い方【作図編⑤ : 反応機構 (後編)】
  4. 『元素周期 ~萌えて覚える化学の基本~』がドラマCD化!!!
  5. p-メトキシベンジル保護基 p-Methoxybenzyl (PMB) Protective Group
  6. 速報・常温常圧反応によるアンモニア合成の実現について
  7. エッシェンモーザーメチレン化 Eschenmoser Methylenation
  8. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentation
  9. 最強の文献管理ソフトはこれだ!
  10. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Transfer Hydrogenation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP