[スポンサーリンク]

ナノ化学

トーマス・エブソン Thomas Ebbesen

[スポンサーリンク]

トーマス・エブソンThomas W. Ebbesenは、フランスの物理化学者である。専門は光―物質相互作用、ナノ光学。フランス ストラスブール大学 教授(画像出典:https://www.usinenouvelle.com)。

経歴

Ph.D. P. & M. Curie University

Notre Dame Radiation Laboratory 研究員

NEC基礎研究所 研究員

フランスストラスブール大学 教授

受賞歴

1992年 NEC Research Prize
2001年 Randers Prize
2001年 Agilent Europhysics Prize
2005年 Prix France Telecom
2009年 Tomassoni Prize
2009年 Scola Physica Romana Medal
2009年 Quantum Electronics and Optics Prize
2009年 Dr. Scient. H.C., University of Southern Denmark
2014年 Kavli Prize in Nanoscience
2014年 Prix Special of the French Physics Society,
2015年 Honorary Doctorate, Oberlin College, USA
2018年 Knight of the French Legion of Honour[10] Doctor honoris causa on the occasion of the KU Leuven Patron Saint‘s Day
2018年 Quinquennial Anniversary Award, European Materials Research Society
2018年 2018 Grand prix de la fondation Maison de la Chimie
2019年 2019 CNRS Gold medal

研究業績

光と物質の相互作用に関する先駆的研究

光と物質の相互作用に基づく励起子ポラリトン状態を利用した光物理化学に関する研究を推進している。量子光学の分野を中心にPurcell効果などで知られる弱結合や、Rabi分裂で知られる強結合などのポラリトン形成が知られていた。Ebbesenは、Auナノホールアレイにおける異常散乱特性から、プラズモンや微小共振器内部における電磁波と励起子の振る舞いにおける基礎研究を推進した。光と物質の相互作用を電子励起状態あるいは振動励起状態へと利用することにより、電子輸送特性の変調、エネルギー移動の効率化や基底状態での化学反応性の変革に関して研究を推進している。

関連動画

関連文献

  1. T. W. Ebbesen, P. M. Ajayan “Large-scale synthesis of carbon nanotubes”, Nature. 358 (6383), 220 (1992). DOI: 10.1038/358220a0
  2. T. W. Ebbesen, H. J. Lezec, H. F. Ghaemi, T. Thio, P. A. Wolff, “Extraordinary optical transmission through sub-wavelength hole arrays”, Nature 391, 667–669 (1998). DOI: 10.1038/35570
  3. E. Orgiu, J. George, J.A. Hutchison, E. Devaux, J.F. Dayen, B. Doudin, F. Stellaci, C.Genet, J.Schachenmayer, C. Genes, G. Pupillo, P. Samori and T.W. Ebbesen, “Conductivity in organic semiconductors hybridized with the vacuum field”, Nat. Mat. 14, 1123 (2015) DOI: 10.1038/nmat4392
  4. T. W. Ebbesen, “Hybrid light-matter states in a molecular and material science perspective”, Acc. Chem. Res., 49 (11), 2403(2016) DOI: 10.1021/acs.accounts.6b00295
  5. A. Thomas, L. Lethuillier-Karl, K. Nagarajan, R.M.A. Vergauwe, J. George, T. Chervy, A. Shalabney, E. Devaux, C. Genet, J. Moran and T.W. Ebbesen, “Tilting a Ground State Reactivity Landscape by Vibrational Strong Coupling”, Science 363, 615-619 (2019) DOI: 10.1126/science.aau7742

コメント&その他

  1. NEC研究所時代には飯島澄男らと共にカーボンナノチューブの研究に携わった。

関連書籍

関連リンク

はいぶりっど。

投稿者の記事一覧

はいぶりっど化学者。好きな言葉は"The sky is not limited"

関連記事

  1. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  2. ロバート・クラブトリー Robert H. Crabtree
  3. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  4. 玉尾皓平 Kohei Tamao
  5. 本多 健一 Kenichi Honda
  6. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  7. 田中耕一 Koichi Tanaka
  8. ロジャーアダムス賞・受賞者一覧

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 信じられない!驚愕の天然物たちー顛末編ー
  2. 抽出精製型AJIPHASE法の開発
  3. 化学研究ライフハック:化学検索ツールをあなたのブラウザに
  4. 化学系人材の、より良い将来選択のために
  5. 石谷 治 Osamu Ishitani
  6. 2016年JACS Most Read Articles Top10を眺める
  7. ケミカル・ライトの作り方
  8. 大村氏にウメザワ記念賞‐国際化学療法学会が授与
  9. トランス効果 Trans Effect
  10. 有機合成化学者が不要になる日

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP