[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース物理化学

  1. ルイ・E. ・ブラス Louis E. Brus

    ルイ・ユージーン・ブラス (Louis Eugene Brus, 1943年8月10日-, オハイオ州 Cleveland 出身) は、アメリカの化学者である。コロンビア大学教授。米国科学アカデミー会員(写真:コロンビア大学)。2023年ノ…

  2. モウンジ・バウェンディ Moungi G Bawendi

    モウンジ・バウェンディ (Moungi G Bawendi 1961年3月15日 パリ生まれ)はアメ…

  3. 小林 洋一 Yoichi Kobayashi

    小林 洋一(こばやし よういち)は、日本の物理化学者である。専門は光化学、時間分解分光、機能物質化学…

  4. 飯野 裕明 Hiroaki Iino

    飯野裕明は、日本のデバイス工学者である。専門は有機電子材料、および有機エレクトロニクス。東京工業大学…

  5. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe

    渡邉 峻一郎(WATANABE Shun, 1983年8月16日-)は、日本の固…

  6. 佐伯 昭紀 Akinori Saeki

  7. トーマス・エブソン Thomas Ebbesen

  8. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

  9. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

  10. アダム・コーエン Adam E. Cohen

  11. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer

  12. 黎书华 Shuhua Li

  13. 安積徹 Tohru Azumi

  14. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

  15. トーマス・トーレス Tomas Torres

  16. マックス・プランク Max Planck

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 凸版印刷、有機ELパネル開発
  2. 辻 二郎 Jiro Tsuji
  3. 健康食品 高まる開発熱 新素材も続々
  4. 中外製薬、抗悪性腫瘍剤「エルロチニブ塩酸塩」の製造販売承認を申請
  5. π拡張ジベンゾ[a,f]ペンタレン類の合成と物性
  6. 三菱化学グループも石化製品を値上げ、原油高で価格転嫁
  7. ワートン反応 Wharton Reaction

注目情報

最新記事

マリンス有機化学(上)-学び手の視点から-

概要親しみやすい会話形式を用いた現代的な教育スタイルで有機化学の重要概念を学べる標準教科書.…

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

PAGE TOP