[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース物理化学

  1. 飯野 裕明 Hiroaki Iino

    飯野裕明は、日本のデバイス工学者である。専門は有機電子材料、および有機エレクトロニクス。東京工業大学大学准教授。第18回ケムステVシンポ講師。経歴2001年 東京工業大学 工学部 電気電子工学科 卒業2003…

  2. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe

    渡邉 峻一郎(WATANABE Shun, 1983年8月16日-)は、日本の固…

  3. 佐伯 昭紀 Akinori Saeki

    佐伯 昭紀(さえき あきのり、1977年―)は、日本の物理化学者である。専門分野…

  4. トーマス・エブソン Thomas Ebbesen

    トーマス・エブソンThomas W. Ebbesenは、フランスの物理化学者である。専門は光―物質相…

  5. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

    ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

  6. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

  7. アダム・コーエン Adam E. Cohen

  8. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer

  9. 黎书华 Shuhua Li

  10. 安積徹 Tohru Azumi

  11. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

  12. トーマス・トーレス Tomas Torres

  13. マックス・プランク Max Planck

  14. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  15. トム・メイヤー Thomas J. Meyer

  16. 中村栄一 Eiichi Nakamura

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ペラミビル / Peramivir
  2. 北大触媒化研、水素製造コスト2―3割安く
  3. 計算化学を用いたスマートな天然物合成
  4. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt
  5. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  6. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA
  7. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授

注目情報

最新記事

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

PAGE TOP