[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース物理化学

  1. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

    デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物理有機化学者・ケミカルバイオロジストである。カリフォルニア工科大学 教授。(写真: Dougherty Group) (さらに&hell…

  2. アダム・コーエン Adam E. Cohen

    アダム・エズラ・コーエン (Adam Ezra Cohen、1979年5月30日(ニューヨーク市生)…

  3. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer

    ヨアヒム・ザウアー (Joachim Sauer、1949年4月19日-)は、ドイツのドイツの量子化…

  4. 黎书华 Shuhua Li

     黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南…

  5. 安積徹 Tohru Azumi

    安積徹(あづみとおる、1934.9.7 –2009.12.12)は、日本の物理化学者。父・安積宏(あ…

  6. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

  7. トーマス・トーレス Tomas Torres

  8. マックス・プランク Max Planck

  9. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  10. トム・メイヤー Thomas J. Meyer

  11. 中村栄一 Eiichi Nakamura

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Amazonを上手く使って書籍代を節約する方法
  2. 研究助成金を獲得する秘訣
  3. ジョン・フェン John B. Fenn
  4. クリーギー グリコール酸化開裂 Criegee Glycol Oxidative Cleavage
  5. お”カネ”持ちな会社たちー2
  6. 次世代シーケンサー活用術〜トップランナーの最新研究事例に学ぶ〜
  7. 反応中間体の追跡から新反応をみつける

注目情報

最新記事

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

PAGE TOP