[スポンサーリンク]


ケムステニュース物質

  1. ヒアリの毒素を正しく知ろう

    大井埠頭(東京・品川)で陸揚げされたコンテナから、強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が発見された問題で、東京都は7日、環境省などと追加調査を実施した結果、コンテナの床面から100匹以上のヒアリが新たに見つかったと発表した。いずれも働きアリ…

  2. 秋の味覚「ぎんなん」に含まれる化合物

    ノーベル賞ウィークも終わったので、たまには身近な化学でも。最近大学内と公園のイチョウの木から落ちる「…

  3. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ

    夏の外遊びで蚊やブユに刺される子供は多いが、保育園などでは化学物質「ディート」を含むスプレータイプの…

  4. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望

    英オックスフォード大学などの調査団は、アフリカのタンザニアにある東アフリカ地溝で「世界級」のヘリウム…

  5. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新

     小林製薬は訪日外国人に人気がある医薬品を拡充する。4月に消炎鎮痛剤「アンメルツ」でシリーズ最高級品…

  6. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕

  7. ヘリウム不足いつまで続く?

  8. 富山化学とエーザイ 抗リウマチ薬(DMARD)T-614を国内申請

  9. 鉄鋼のように強いポリプロピレン

  10. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約

  11. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研

  12. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ

  13. 光で動くモーター 世界初、東工大教授ら開発

  14. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製

  15. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ

  16. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ポリフェノールに食品アレルギー予防効果
  2. 大型期待の認知症薬「承認申請数年遅れる」 第一製薬
  3. 化学系ブログのランキングチャート
  4. シラフィン silaffin
  5. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush
  6. Comprehensive Organic Transformations: A Guide to Functional Group Preparations
  7. pH応答性硫化水素ドナー分子の開発

注目情報

最新記事

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

PAGE TOP