[スポンサーリンク]


ケムステニュース物質

  1. ヒアリの毒素を正しく知ろう

    大井埠頭(東京・品川)で陸揚げされたコンテナから、強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が発見された問題で、東京都は7日、環境省などと追加調査を実施した結果、コンテナの床面から100匹以上のヒアリが新たに見つかったと発表した。いずれも働きアリ…

  2. 秋の味覚「ぎんなん」に含まれる化合物

    ノーベル賞ウィークも終わったので、たまには身近な化学でも。最近大学内と公園のイチョウの木から落ちる「…

  3. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ

    夏の外遊びで蚊やブユに刺される子供は多いが、保育園などでは化学物質「ディート」を含むスプレータイプの…

  4. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望

    英オックスフォード大学などの調査団は、アフリカのタンザニアにある東アフリカ地溝で「世界級」のヘリウム…

  5. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新

     小林製薬は訪日外国人に人気がある医薬品を拡充する。4月に消炎鎮痛剤「アンメルツ」でシリーズ最高級品…

  6. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕

  7. ヘリウム不足いつまで続く?

  8. 富山化学とエーザイ 抗リウマチ薬(DMARD)T-614を国内申請

  9. 鉄鋼のように強いポリプロピレン

  10. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約

  11. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研

  12. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ

  13. 光で動くモーター 世界初、東工大教授ら開発

  14. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製

  15. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ

  16. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ワールドクラスの日本人化学者が語る研究物語―『化学者たちの感動の瞬間』
  2. いつも研究室で何をしているの?【一問一答】
  3. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  4. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞
  5. ギース ラジカル付加 Giese Radical Addition
  6. ドナルド・トマリア Donald Tomalia
  7. カンブリア爆発の謎に新展開

注目情報

最新記事

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

PAGE TOP