[スポンサーリンク]


ケムステニュース物質

  1. ヒアリの毒素を正しく知ろう

    大井埠頭(東京・品川)で陸揚げされたコンテナから、強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が発見された問題で、東京都は7日、環境省などと追加調査を実施した結果、コンテナの床面から100匹以上のヒアリが新たに見つかったと発表した。いずれも働きアリ…

  2. 秋の味覚「ぎんなん」に含まれる化合物

    ノーベル賞ウィークも終わったので、たまには身近な化学でも。最近大学内と公園のイチョウの木から落ちる「…

  3. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ

    夏の外遊びで蚊やブユに刺される子供は多いが、保育園などでは化学物質「ディート」を含むスプレータイプの…

  4. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望

    英オックスフォード大学などの調査団は、アフリカのタンザニアにある東アフリカ地溝で「世界級」のヘリウム…

  5. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新

     小林製薬は訪日外国人に人気がある医薬品を拡充する。4月に消炎鎮痛剤「アンメルツ」でシリーズ最高級品…

  6. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕

  7. ヘリウム不足いつまで続く?

  8. 富山化学とエーザイ 抗リウマチ薬(DMARD)T-614を国内申請

  9. 鉄鋼のように強いポリプロピレン

  10. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約

  11. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研

  12. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ

  13. 光で動くモーター 世界初、東工大教授ら開発

  14. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製

  15. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ

  16. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請

スポンサー

ピックアップ記事

  1. HTML vs PDF ~化学者と電子書籍(ジャーナル)
  2. 学振申請書の書き方とコツ
  3. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる
  4. ブレオマイシン /Bleomycin
  5. 液体キセノン検出器
  6. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  7. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart Rowan教授

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

PAGE TOP