[スポンサーリンク]

ケムステニュース

夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ

[スポンサーリンク]

夏の外遊びで蚊やブユに刺される子供は多いが、保育園などでは化学物質「ディート」を含むスプレータイプの虫よけ剤(防虫剤)を禁止しているところもある。ディートの毒性を心配しての対応のようだ。虫刺され対策は虫よけ剤だけではないが、頻繁に蚊に刺されるような場所に出掛ける場合は、柔軟な対応が求められる(引用:産経デジタル 2016年8月1日)。

 

夏休み真っ盛りの子どもたちや、これから夏休みとなる大学生、社会人の方も多いことでしょう。リオ五輪ももうまもなく開始で、夏は海外旅行へというかたもたくさん。

そんな時気になるのが虫刺され。国内外関わらず「蚊」は人間に積極的に関わる代表的な虫です。海外ですと最近はやった東南アジアで多い「デング熱」や南中米で流行する「ジカ熱」なども蚊が媒介する病気のひとつです。そんな病気も怖いので、やっぱり虫よけスプレーは必要になるわけですが、実はスプレータイプの虫除け剤で市販で購入できるものは「ディート(DEET)」と呼ばれる化合物が入ったもの。ディートの濃度によって、”強さ”が異なるわけで、日本で扱えるものはディートの濃度が12%以下。市販でかなり強いものは「ムヒの虫よけ ムシペール」シリーズだそうです。

ちなみにディートとはN,NDiethyl-metatoluamide(N,N-ジエチル-メタ-トルアミド)の各文字から、DEETになっている?Eが一つ多いような。よくわかりません。構造的にはとっても単純な化合物。化学者ならば3-メチル安息香酸さえ手に入れば、一瞬で合成可能ですね。

2016-08-01_15-32-50

 

毒性が気になっていろいろ問題になっているっぽいのですが、70年間ほど使われており、そんなに悪いもののようには思えません。そもそも海外ではディートの濃度制限が高く、濃度が高いものが普通に売られているので、問題が発生するならば海外からな気がします。

とはいっても、やっぱり小さい子はなめちゃったりするので、「天然成分」的(天然成分がいいとは限りません)なものが親としては使いたくなる気持ちも小さな子どもをもつ親としてはよくわかります。

最近は、昨年日本でも使用が認可された「イカリジン」が濃度がより少なく、副作用も少ないということで人気だそうですが、不斉点が2つあるので、エナンチオマー・ジアステレオマー含めると4種類の混合物だそうで、それぞれの化合物の安全性はどうなのかな?世界ではとっくに認可されている商品なので確かめられてはいるとは思いますが。

 

2016-08-01_15-42-21

ちなみに商品としてはまだ少なく、以下の2つ。

虫よけキンチョールの方なんて、パッケージに構造式まで書いてアピールしています。

スプレー以外にも虫よけ対策製品はたくさんありますし、ピレスロイド系などの化合物も製品開発によって体に身につけられるものになっているようなので、いろいろ試してみるのもいいですね。怪しい製品以外は「蚊に刺される」ということを考えれば、無害といって良いと思います。

 

関連リンク

 

関連論文

ディートの作用機序に関する論文

  1.  Ditzen, M.; Pellegrino, M.; Vosshall, L. B.;Science 2008, 319, 1838.DOI: 10.1126/science.1153121
  2. Syed, Z.; Leal, W. S.;PNAS 2008, 105, 13598. DOI: 10.1073/pnas.0805312105

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「イオンで農薬中和」は不当表示・公取委、米販2社に警告
  2. ハネウェル社、アルドリッチ社の溶媒・無機試薬を販売へ
  3. 花王の多彩な研究成果・研究支援が発表
  4. 世界的性能の質量分析器開発を開始
  5. L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者
  6. 住友チタニウム、スポンジチタン生産能力を3割増強
  7. 新型卓上NMR Spinsolve 90 が販売開始
  8. ミツバチの活動を抑えるスプレー 高知大発の企業が開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 阪大と理研ビタミン、透明な生分解性フィルムを開発
  2. 第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授
  3. トンボ手本にUV対策 産総研など 分泌物の主成分を解明
  4. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  5. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』
  6. 構造式の効果
  7. 第44回「100%の効率を目指せば、誤魔化しのないサイエンスが見える」安達千波矢教授
  8. セブンシスターズについて① ~世を統べる資源会社~
  9. 世界最小!? 単糖誘導体から還元反応によって溶ける超分子ヒドロゲルを開発
  10. アセト酢酸エステル/マロン酸エステル合成 Acetoacetic Ester / Malonic Ester Synthesis

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

注目情報

最新記事

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 〜コロナモラトリアム編〜

事実は小説より奇なり。「博士系なろう」という新ジャンルの開拓を目指し,博士を経て得られた文章力を全力…

乙卯研究所 研究員募集

公益財団法人乙卯研究所から研究員募集のお知らせです。自分自身でテーマを決めて好きな有機化学の研究…

SNSコンテスト企画『集まれ、みんなのラボのDIY!』

先日公開されたこちらのケムステ記事と動画、皆さんご覧になって頂けましたでしょうか?https…

可視光レドックス触媒と有機蓄光の融合 〜大気安定かつ高性能な有機蓄光の実現〜

第351回のスポットライトリサーチは、九州大学 安達・中野谷研究室 で研究をされていた陣内 和哉さん…

可視光全域を利用できるレドックス光増感剤

東京工業大学 理学院 化学系の玉置悠祐助教、入倉茉里大学院生および石谷治教授は、新たに合成したオスミ…

【ジーシー】新卒採用情報(2023卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

有機合成のための新触媒反応101

(さらに…)…

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解ニッケルめっき編~

この化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDなど、エレク…

その病気、市販薬で治せます

(さらに…)…

チェーンウォーキングを活用し、ホウ素2つを離れた位置へ導入する!

第350回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院理工学研究科 博士課程 2 …

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP