[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学者

  1. 高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

    明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で開かれています。 (引用:8月25日テレビ高知)近重真澄(ちかしげ・ますみ)は、明治3(1870)年9月3日、高知県高知市に生まれました…

  2. 日本化学会 第11回化学遺産認定、新たに4件を発表

    日本化学会は10日、第11回化学遺産認定に新たに4件を認定したと発表した。今年は、「タンパク質(チト…

  3. 旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

    日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

  4. 吉野彰氏がリチウムイオン電池技術の発明・改良で欧州発明家賞にノミネート

    5月7日、欧州特許庁は、リチウムイオン電池を発明した旭化成株式会社の吉野彰(よしのあきら)氏が201…

  5. 台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

    台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

  6. 博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

  7. ノーベル化学賞田中さん 富山2大学の特任教授に

  8. 文化勲章にノーベル賞の天野さん・中村さんら7人

  9. 秋の褒章2011-化学

  10. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏

  11. ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去

  12. 秋の褒章2010-化学

  13. 芝哲夫氏死去(大阪大名誉教授・有機化学)

  14. 春の褒章2010-林民生教授紫綬褒章

  15. 2010年日本化学会各賞発表-進歩賞-

  16. 2010年日本化学会各賞発表-学術賞-

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 国連番号(UN番号)
  2. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  3. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  4. π-アリルイリジウムに新たな光を
  5. 虫歯退治に3種の抗菌薬
  6. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か
  7. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場

注目情報

最新記事

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

PAGE TOP