[スポンサーリンク]

ケムステニュース

大日本製薬と住友製薬が来年10月合併・国内6位に

国内製薬12位の大日本製薬と同15位の住友製薬は25日、来年10月1日付で合併すると発表した。合併後の新会社は住友化学が50.1%の株式を保有し連結子会社とする。両社の売上高の今期見通しの合算は3000億円を超え、第一製薬に続く国内6位に浮上する。相互に研究開発力と営業力を補完し、日本市場に攻勢をかける欧米大手に対抗するとともに海外展開を急ぐ。

大日本製薬は創業107年の老舗メーカーで神経系やアレルギー用薬に強みを持ち、動物薬も手掛ける。住友製薬は住友化学が77.83%出資する連結子会社で、循環器系の薬剤に強みがある。合併により得意分野を補完し、売り上げ規模で国内6位に浮上。「将来はトップ5入りを目指す」(宮武社長)。MR(医薬情報担当者)は計1500人となり国内大手と肩を並べる。(引用:日本経済新聞)

また製薬会社が合併です。最近の製薬会社合併といえば山之内製薬と藤沢薬品のアステラス。10年後ぐらいには日本の製薬会社は何個になっているのでしょうか?住友製薬は後輩が来年からいくらしいので、どうなるか心配です。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート
  2. 分子標的薬、手探り続く
  3. エコエネルギー 家庭で競争
  4. 阪大・プリンストン大が発見、”高温”でも…
  5. 持田製薬、創薬研究所を新設
  6. 国際化学オリンピックで今年も好成績!
  7. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ
  8. 四角い断面を持つナノチューブ合成に成功

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxidation
  2. 有機スペクトル解析ワークブック
  3. 5年で57億円かかるエルゼビアの論文閲覧システムの契約交渉で大学側が値下げを要求
  4. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demercuration
  5. 化学の歴史
  6. 112番元素にコペルニクスに因んだ名前を提案
  7. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 2】
  8. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  9. 【書籍】10分間ミステリー
  10. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP