[スポンサーリンク]

ケムステニュース

反応開発における顕著な功績を表彰する「鈴木章賞」が創設 ―北海道大学化学反応創成研究拠点(ICReDD)―

[スポンサーリンク]

北海道大学化学反応創成研究拠点(ICReDD/アイクレッド)は,同大学名誉教授である鈴木 章先生の卒寿を記念するとともに,2010年ノーベル化学賞受賞の功績を称え「鈴木章賞」を創設しました。 東ソー株式会社からの協賛のもと,ICReDD教授陣から成る鈴木章賞組織委員会により「鈴木章賞 (Akira Suzuki Award)」及び「鈴木章賞 (ICReDD Award)」の2つの賞が設けられ、初代受賞者としてそれぞれ、マサチューセッツ工科大学のStephen L. Buchwald教授とケンブリッジ大学のDavid J. Wales教授が選出されました。 (出典:11月8日北海道大学 化学反応創成研究拠点プレスリリース)

鈴木-宮浦クロスカップリング反応で有名な鈴木 章 北海道大学名誉教授は、有機ホウ素化学の分野で数多くの成果を発表され、2010年にはノーベル化学賞を受賞されました。北海道大学では鈴木名誉教授が卒寿を迎えられたことと、ノーベル化学賞を受賞したことを記念して鈴木章賞を2021年に設立しました。鈴木章賞には、実験化学分野において顕著な業績を収めた研究者を表彰するAkira Suzuki Awardと、計算(理論)化学及び情報科学分野において顕著な業績を収めた研究者を表彰するICReDD Awardがあり、広義の化学反応の発見に関する実験と理論の両面に対して研究者の業績を称える賞となっています。

本賞は組織委員会によって運営され、委員長には北海道大学の澤村 正也教授、副委員長には武次 徹也教授、伊藤 肇教授、佐藤 美洋教授、前田 理教授、小松崎 民樹教授が務められており、化学関連の研究で活躍されている先生方が鈴木章賞を盛り上げています。また産業界から東ソーが協賛という形でバックアップしています。Akira Suzuki AwardとICReDD Awardの選考には別の委員会が組織されており、前述の先生方に加えて国内外の他大学の先生方も委員に名を連ねています。

そして記念すべき初代受賞者には、Stephen L. Buchwald教授(Akira Suzuki Award)とDavid J. Wales教授(ICReDD Award)が選出されました。Buchwald教授は、1982年にハーバード大学にてPh.D.を取得され、カリフォルニア工科大学での博士研究員を経て、1984年よりMITでのキャリアをスタートし、1993年にはMITの教授に就任されました。専門は有機化学で、炭素-炭素結合や炭素-窒素結合の形成を可能にする触媒の創製や,生理活性分子の合成や化学修飾の方法に関する研究を行っています。有名な研究成果としてアリールハライド・アリールトリフラートとアミン・アルコキシド間のパラジウム触媒によるクロスカップリング反応が挙げられ、John F. Hartwigと共に名前を冠してBuchwald-Hartwigクロスカップリングと呼ばれています。

Buchwald-Hartwigクロスカップリング反応

500を超える論文と特許を発表していながらも、今なお精力的に研究を続けられており今年も10報の論文を研究グループでは発表しています。また2000年以降、数多くの有名な賞を受賞しており、特に2020年にはクラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞を受賞しているため、ノーベル化学賞受賞も期待されています。

Wales教授は、1988年にケンブリッジ大学にてPh.D.を取得され、いくつかのキャリアを経て、1998年からケンブリッジ大学でのキャリアをスタートし、2008年にはケンブリッジ大学の教授に就任しました。Wales教授は、たんぱく質の折り畳みやクラスター,ガラス転移においてポテンシャル・エネルギーランドスケープにどのようにエンコードされるかについて研究を行っております。モデルの開発を精力的に行われており、ホームページにはたくさんのソフトウェアやデータベースが公開されています。

両教授の研究室ホームページにはすでに鈴木章賞の画像が張り付けられており、受賞を大々的にアピールしています。鈴木章賞の授賞式および受賞講演会は,2022年3月12日と13日にデューク大学で開催される第4回ICReDD国際シンポジウムの中で開催されます。ICReDD国際シンポジウムとしては初の海外開催であり、現地でイベントが開催されることを願います。

ICReDD(Institute for Chemical Reaction Design and Discovery)は,文部科学省国際研究拠点形成促進事業費補助金「世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)」に採択され,2018年10月に北海道大学に設置されました。特徴は、異なる分野の研究者がそれぞれの強みを活かして分野融合型の研究を行っていることで、化学反応を自在に設計することを目標としているそうです。つい最近も計算化学と有機合成を組み合わせた研究結果が複数発表されました。

運営委員会は北海道大学の先生方で構成されていますが、賞の選考には国や大学の垣根を越えて協力があったこと、初代受賞者には海外の研究者が選出されたこと、初代の授賞式は海外で実施する予定であることから、この鈴木章賞を国際的に名誉ある賞にする本気度を感じました。東ソーが協賛されている背景ですが、東ソーではクロスカップリング反応を使った合成について、長きにわたって研究開発と工業化を進めており、2012年には有機合成化学協会賞(技術的)を受賞しています。そのため、本賞のサポートを行っているのかもしれません。この鈴木章賞を設立した理由は、鈴木章名誉教授のノーベル化学賞の功績を長きにわたってアピールするためであることは明らかですが、せっかく設立されたからには、認知度が高くなりノーベル賞にも負けないぐらいの注目を浴びる賞になることを期待します。Buchwald教授、Wales教授、鈴木章賞の初代受賞おめでとうございます。

関連書籍

関連リンク

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. 保護により不斉を創る
  2. 高校生が河川敷で化学実験中に発火事故
  3. 天然の日焼け止め?
  4. 第32回 BMSコンファレンス(BMS2005)
  5. 小6、危険物取扱者乙種全類に合格 「中学で理科実験楽しみ」
  6. 旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019…
  7. 化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発
  8. 理研:23日に一般公開、「実験ジャー」も登場--和光 /埼玉

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本のお家芸、糖転移酵素を触媒とするための簡便糖ドナー合成法
  2. ルイス酸添加で可視光レドックス触媒の機構をスイッチする
  3. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレーの材料
  4. フラックス結晶育成法入門
  5. 危険物データベース:第5類(自己反応性物質)
  6. 【著者インタビュー動画あり!】有機化学1000本ノック スペクトル解析編
  7. ナタデココ、次世代の薄型ディスプレー基板に活用
  8. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  9. メンデレーエフスカヤ駅
  10. 三菱ケミカル「レイヨン」買収へ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目情報

注目情報

最新記事

【技術系スタートアップ合同フォーラムのお知らせ】 ディープテックのリアル-業界ならでは魅力と社会課題解決への想い

ディープテックに関心がある方、スタートアップへのジョインに興味のある方、スタート…

【速報】2022年ノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」へ!

2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス…

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

アセトアミノフェン Acetaminophen

 アセトアミノフェン (acetaminophen) は、有機化合物の一つ。海外ではパラセタ…

不安定な高分子原料を従来に比べて 50 倍安定化することに成功! ~水中での化学反応・材料合成に利用可能、有機溶媒の大幅削減による脱炭素に貢献~

第424回のスポットライトリサーチは、京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 バイオベースマテリアル学…

【10月開催】マイクロ波化学ウェブセミナー

<内容>今月もテーマを分けて2回開催いたします。第一…

越野 広雪 Hiroyuki Koshino

越野 広雪(こしの ひろゆき)は、NMRやマススペクトルなどのもとにした有機分子の構造解析を専門とす…

bassler ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

ボニー・L.・バスラー (Bonnie Lynn Bassler , 1962年XX月XX日-)は、…

電子を閉じ込める箱: 全フッ素化キュバンの合成

第 423 回のスポットライトリサーチは、東京大学 工学系研究科 化学生命工学専…

プラズモンTLC:光の力でナノ粒子を自在に選別できる新原理クロマトグラフィー

第422回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院工学研究科 鳥本研究室の秋吉 一孝 (あきよ…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP