[スポンサーリンク]


ケムステしごと研究・製品紹介

  1. 【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

    日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の農薬を数多く有している。中でもメタゾスルフロン(愛称:アルテア®)は、日産化学が開発した“新世代”のスルホニルウレア(SU)系除草剤…

  2. 特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

    1. 高粘度撹拌、高温・高圧・高真空に対応可能な反応釜高粘度でも撹拌できる大容量攪拌機と効率用除…

  3. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH

    光反応性ジアジリンアミノ酸は、レセプターであるタンパク質との間で共有結合を形成するという特性があり、…

  4. 蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

    反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

  5. ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

    ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

  6. 【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

  7. 【太陽HD】世界初!セルロースナノファイバー複合電子材料の研究

  8. 【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

  9. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

  10. 究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リチャード・シュロック Richard R. Schrock
  2. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James Tour教授
  3. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  4. “follow”は便利!
  5. 地方の光る化学商社~長瀬産業殿~
  6. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  7. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街

注目情報

最新記事

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

PAGE TOP