[スポンサーリンク]


ケムステしごと研究・製品紹介

  1. 【Spiber】タンパク質 素材化への挑戦

    Spiber 研究の背景Spiberでは、微生物発酵によって生産したタンパク質を素材として使いこなし、世に広く普及させていくための研究開発を進めています。タンパク質はバイオマス由来かつ環境分解性を示すという特長だけでなく…

  2. 四国化成の新規複素環化合物群

    四国化成のイミダゾール誘導体四国化成ではこれまでに蓄積した複素環合成技術を活かし、ヘテロ元素を含…

  3. 水蒸気侵入によるデバイス劣化を防ぐ封止フィルム: AFTINNOVA™ -EF

    当社で開発を進めている封止フィルムAFTINNOVA™ - EFシリーズについて紹介し…

  4. 味の素ファインテクノの技術と社会貢献

    味の素ファインテクノは、電子材料や機能材料を軸に独創的な製品を開発し、世界の技術発展に貢献しています…

  5. 【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

    日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

  6. 特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

  7. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH

  8. 蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

  9. ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

  10. 【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

  11. 【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

  12. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

  13. 究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 超臨界流体 Supercritical Fluid
  2. 光化学スモッグ注意報が発令されました
  3. ケムステイブニングミキサー2017ー報告
  4. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jørgensen Catalyst
  5. Chemistry on Thanksgiving Day
  6. フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano
  7. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos

注目情報

最新記事

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

PAGE TOP