[スポンサーリンク]


ケムステしごと研究・製品紹介

  1. 【Spiber】タンパク質 素材化への挑戦

    Spiber 研究の背景Spiberでは、微生物発酵によって生産したタンパク質を素材として使いこなし、世に広く普及させていくための研究開発を進めています。タンパク質はバイオマス由来かつ環境分解性を示すという特長だけでなく…

  2. 四国化成の新規複素環化合物群

    四国化成のイミダゾール誘導体四国化成ではこれまでに蓄積した複素環合成技術を活かし、ヘテロ元素を含…

  3. 水蒸気侵入によるデバイス劣化を防ぐ封止フィルム: AFTINNOVA™ -EF

    当社で開発を進めている封止フィルムAFTINNOVA™ - EFシリーズについて紹介し…

  4. 味の素ファインテクノの技術と社会貢献

    味の素ファインテクノは、電子材料や機能材料を軸に独創的な製品を開発し、世界の技術発展に貢献しています…

  5. 【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

    日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

  6. 特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

  7. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH

  8. 蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

  9. ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

  10. 【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

  11. 【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

  12. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

  13. 究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヘリウムガスのはなし
  2. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de Silva教授
  3. 英語で授業/発表するときのいろは【アメリカで Ph.D. をとる: TA 奮闘記 その 1】
  4. 熊田誠氏死去(京大名誉教授)=有機ケイ素化学の権威
  5. フィリピン海溝
  6. 不斉Corey-Chaykovskyエポキシド合成を鍵としたキニーネ・キニジンの選択的合成
  7. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法

注目情報

最新記事

話題のAlphaFold2を使ってみた

ここ数日、構造生物学界隈で「AlphaFold2」と呼ばれているタンパク質の構造…

フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨー…

「第22回 理工系学生科学技術論文コンクール」の応募を開始

日刊工業新聞社とモノづくり日本会議は、理工系学生(大学生・修士課程の大学院生、工業高等専門学校生)を…

みんなおなじみ DMSO が医薬品として承認!

2021年1月22日、間質性膀胱炎治療薬ジメチルスルホキシド (商品名ジムソ膀胱内注…

中山商事のWebサイトがリニューアル ~キャラクターが光る科学の総合専門商社~

中山商事株式会社のWebサイトがリニューアルされました。新サイトは、オリジナルキャラクタ達がお迎えし…

PAGE TOP