[スポンサーリンク]


ケムステしごと研究・製品紹介

  1. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH

    光反応性ジアジリンアミノ酸は、レセプターであるタンパク質との間で共有結合を形成するという特性があり、高次構造が変化しても解離することがないため、SDS-PAGEのように変性操作をともなう実験でも使用できる。レセプターとリガンドの結合部位を決…

  2. 蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

    反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

  3. ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

    ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

  4. 【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

    BioUnion(バイオユニオン)はグラスアイオノマーで培ってきたイオンの働きに着目し,新たに完成さ…

  5. 特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

    1. 高粘度撹拌、高温・高圧・高真空に対応可能な反応釜高粘度でも撹拌できる大容量攪拌機と効率用除…

  6. 【太陽HD】世界初!セルロースナノファイバー複合電子材料の研究

  7. 【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

  8. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

  9. 究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会の公式ページがリニューアル!!
  2. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位
  3. 有機アジド(1):歴史と基本的な性質
  4. オカモト株式会社茨城工場
  5. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  6. BASFとはどんな会社?-1
  7. 企業の組織と各部署の役割

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

PAGE TOP