[スポンサーリンク]

ケムステしごと

四国化成の新規複素環化合物群

[スポンサーリンク]

四国化成のイミダゾール誘導体

四国化成ではこれまでに蓄積した複素環合成技術を活かし、ヘテロ元素を含むコア骨格に様々な置換基を導入することで特徴的な新規誘導体を開発しています。例えば、イミダゾール誘導体は、エポキシ樹脂の塩基性重合触媒として使用され、最先端の半導体パッケージに含まれる積層板等の用途で広く使用されています。四国化成ではイミダゾール骨格に様々な置換基を導入することで、触媒活性、配合物安定性、硬化物物性等の異なる幅広い製品バリエーションを展開しユーザーの細かな要望にお応えしています。

四国化成のイミダゾール誘導体

 

四国化成の新規樹脂架橋剤

また、イソシアヌル酸、グリコールウリル骨格は、耐熱性、耐候性、機械強度に優れた構造であることが知られています。四国化成ではこれら骨格にエポキシ基やアクリロイル基等の様々な反応性官能基を導入し、新規の化合物群を開発しています。これら化合物は、それぞれ適切な樹脂と組み合わせて使用することで、多官能架橋剤として働き、樹脂に様々な特性を付与することが可能となります。例えば、下図に示す四官能チオール化合物は、高い反応活性を有することからエポキシ化合物と低温で速やかに反応し、耐熱性、機械特性等の優れたエポキシ樹脂を得ることができます。特にこのチオール硬化エポキシ樹脂は、従来の樹脂と比べて非常に耐湿性に優れることから、スマートフォン等、厳しい耐水性が要求される最先端電子デバイスの高機能接着剤材料として使用されています。また、その他の誘導体も様々な樹脂系に適用可能であることから、電子材料から車載・航空材料まで幅広い用途で使用されています。

イソシアヌル酸誘導体

 

「独創力」を体現する四国化成の開発部隊

なお、これら誘導体はシンプルな構造ながら、いずれも新規の構造であり、四国化成では誰もやってこなかった「新しい化合物」にこだわって開発に取り組んでいます。また、これまでに成功した案件は、大掛かりなプロジェクトではなく、開発員のふとした思いつきや顧客技術者との会話の中からスタートしたケースがほとんどです。そのため、日頃から顧客の開発部隊との交流を重視し、常に新しいニーズ、テーマを探しています。さらに、四国化成の開発部隊は、ラボ合成に始まり製造部隊とともに実機スケールアップ製造を行い、顧客との細かな品質をすり合わせ、最終的に顧客の製品化まで見届けます。ラボでの実験以外にも様々な業務に関わることになりますが、ラボだけでは味わえない達成感を感じながら日々開発に取り組んでいます。

四国化成の開発部隊

 

関連記事

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 高分子界の準結晶
  2. 触媒表面の化学反応をナノレベルでマッピング
  3. ノルゾアンタミンの全合成
  4. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法
  5. SciFinder Future Leaders in Chem…
  6. クロスカップリング用Pd触媒 小ネタあれこれ
  7. マスクをいくつか試してみた
  8. 有機合成化学協会誌2020年5月号:特集号 ニューモダリティ;有…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大栗 博毅 Hiroki Oguri
  2. 少年よ、大志を抱け、名刺を作ろう!
  3. 仙台の高校生だって負けてません!
  4. マイケル・レヴィット Michael Levitt
  5. 3.11 14:46 ②
  6. 第464回生存圏シンポジウム バイオナノマテリアルシンポジウム2021 - アカデミアからの発信 –
  7. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ
  8. エーザイ 巨大市場、抗ガン剤開発でライバルに先行
  9. ミノキシジル /Minoxidil
  10. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

注目情報

最新記事

可視光全域を利用できるレドックス光増感剤

東京工業大学 理学院 化学系の玉置悠祐助教、入倉茉里大学院生および石谷治教授は、新たに合成したオスミ…

【ジーシー】新卒採用情報(2023卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

有機合成のための新触媒反応101

(さらに…)…

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解ニッケルめっき編~

この化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDなど、エレク…

その病気、市販薬で治せます

(さらに…)…

チェーンウォーキングを活用し、ホウ素2つを離れた位置へ導入する!

第350回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院理工学研究科 博士課程 2 …

ヘテロ環、光当てたら、減ってる環

種々の生物活性物質に適用可能な飽和複素環の環縮小反応が開発された。可視光の照射のみで飽和複素環のヘテ…

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解金めっき編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

モータースポーツで盛り上がるカーボンニュートラル

11月13日、マツダは岡山県の岡山国際サーキットで開催されるスーパー耐久シリーズ2021 Power…

化学反応を自動サンプリング! EasySampler 1210

自動でサンプリングして化学反応を追跡できる装置 EasySampler 1210…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP