[スポンサーリンク]

ケムステしごと

四国化成の新規複素環化合物群

[スポンサーリンク]

四国化成のイミダゾール誘導体

四国化成ではこれまでに蓄積した複素環合成技術を活かし、ヘテロ元素を含むコア骨格に様々な置換基を導入することで特徴的な新規誘導体を開発しています。例えば、イミダゾール誘導体は、エポキシ樹脂の塩基性重合触媒として使用され、最先端の半導体パッケージに含まれる積層板等の用途で広く使用されています。四国化成ではイミダゾール骨格に様々な置換基を導入することで、触媒活性、配合物安定性、硬化物物性等の異なる幅広い製品バリエーションを展開しユーザーの細かな要望にお応えしています。

四国化成のイミダゾール誘導体

 

四国化成の新規樹脂架橋剤

また、イソシアヌル酸、グリコールウリル骨格は、耐熱性、耐候性、機械強度に優れた構造であることが知られています。四国化成ではこれら骨格にエポキシ基やアクリロイル基等の様々な反応性官能基を導入し、新規の化合物群を開発しています。これら化合物は、それぞれ適切な樹脂と組み合わせて使用することで、多官能架橋剤として働き、樹脂に様々な特性を付与することが可能となります。例えば、下図に示す四官能チオール化合物は、高い反応活性を有することからエポキシ化合物と低温で速やかに反応し、耐熱性、機械特性等の優れたエポキシ樹脂を得ることができます。特にこのチオール硬化エポキシ樹脂は、従来の樹脂と比べて非常に耐湿性に優れることから、スマートフォン等、厳しい耐水性が要求される最先端電子デバイスの高機能接着剤材料として使用されています。また、その他の誘導体も様々な樹脂系に適用可能であることから、電子材料から車載・航空材料まで幅広い用途で使用されています。

イソシアヌル酸誘導体

 

「独創力」を体現する四国化成の開発部隊

なお、これら誘導体はシンプルな構造ながら、いずれも新規の構造であり、四国化成では誰もやってこなかった「新しい化合物」にこだわって開発に取り組んでいます。また、これまでに成功した案件は、大掛かりなプロジェクトではなく、開発員のふとした思いつきや顧客技術者との会話の中からスタートしたケースがほとんどです。そのため、日頃から顧客の開発部隊との交流を重視し、常に新しいニーズ、テーマを探しています。さらに、四国化成の開発部隊は、ラボ合成に始まり製造部隊とともに実機スケールアップ製造を行い、顧客との細かな品質をすり合わせ、最終的に顧客の製品化まで見届けます。ラボでの実験以外にも様々な業務に関わることになりますが、ラボだけでは味わえない達成感を感じながら日々開発に取り組んでいます。

四国化成の開発部隊

 

関連記事

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. “関節技”でグリコシル化を極める!
  2. スルホンアミドからスルホンアミドを合成する
  3. アメリカで医者にかかる
  4. 博士課程学生の経済事情
  5. 香りの化学4
  6. 2012年Wolf化学賞はナノケミストリーのLieber博士,A…
  7. 化学者が麻薬を合成する?:Breaking Bad
  8. 第19回次世代を担う有機化学シンポジウム

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シューミン・リー Shu-Ming Li
  2. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】
  3. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N-ジメチルベンジルアミン)パラジウム(II)]:Chloro[(1,3-dimesitylimidazol-2-ylidene)(N,N-dimethylbenzylamine)palladium(II)]
  4. 第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授
  5. 個性あふれるTOC大集合!
  6. 【味の素ファインテクノ】新卒採用情報(2022卒)
  7. 生体内での細胞選択的治療を可能とする糖鎖付加人工金属酵素
  8. t-ブチルリチウムの発火事故で学生が死亡
  9. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴
  10. 実験の再現性でお困りではありませんか?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株)環境/化学分野向けウェビナー】 #CO2削減 #リサイクル #液体 #固体 #薄膜 #乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントでは、環境/化学分野の事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波をご紹介…

医療用酸素と工業用酸素の違い

 スズキは29日、インドにある3工場の生産を一時停止すると明らかにした。インドでは新型コロナウイルス…

世界初のジアゾフリーキラル銀カルベン発生法の開発と活性化されていないベンゼノイドの脱芳香族化反応への応用

第310回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 (根本研究室)・伊藤 翼さんにお願い…

キムワイプをつくった会社 ~キンバリー・クラーク社について~

Tshozoです。本件先日掲載されたこちらのArticleの追っかけでネタ色が強いですが書いてみるこ…

Advanced Real‐Time Process Analytics for Multistep Synthesis in Continuous Flow

In multistep continuous flow chemistry, studying c…

三角形ラジカルを使って発光性2次元ハニカムスピン格子構造を組み立てる!

第309回のスポットライトリサーチは、木村舜 博士にお願いしました。金属と有機配位子がネット…

第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

第148回の海外化学者インタビューは、グラハム・サウンダース准教授です。ニュージーランドのハミルトン…

ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?

5月11日で化学の情報サイトケムステは開設21周年を迎えます。これまで記事中心の活動を行ってきました…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP