[スポンサーリンク]

元素の基本と仕組み

元素に恋して: マンガで出会う不思議なelementsの世界

[スポンサーリンク]

概要

YouTubeチャンネル登録者数10万人を誇る科学技術専門放送「サイエンスチャンネル」の動画「elements~メンデレーエフの奇妙な棚~」をコミック化。

怪しげな骨董屋を舞台に、セーラー服の少女と謎めいた店長が繰り広げる、元素の正体や発見の歴史にまつわる物語がマンガで楽しめる。人間の呼吸に欠かせない「酸素」や永遠に輝き続ける「金」、かつて“奇妙な空気”と呼ばれた「窒素」など、二人のシュールなやりとりを通して元素について学べる全9話。ニホニウムを含む118元素「完全版周期表」入り。(創元社より)

対象

  • 小学生ー高校生
  • 化学に再度興味をもった方
  • 漫画ならちょっと化学を覗いてみたいと言う方
  • 元素ってなんだっけ?という方

内容

8年ほど前にメンデレーエフの奇妙な棚という科学番組を紹介した(記事:elements~メンデレーエフの奇妙な棚~)。JSTが運営する「サイエンスチャンネル」で放送していたものだ。

当時は25話までであったが、最近追加され、現在は全32話を無料で閲覧することができる。とはいっても一番最新のものでも2008年放送分なので画像の粗さは否めないが、確立された科学(化学)は数年の時ごときに左右されるものではない。

さて、この科学番組が書籍になったものが、本書籍「元素に恋して」。出版社から献本いただいたので、紹介してみよう。中身はこの番組のストーリーを漫画化したものだ。全32話から9話をピックアップして漫画として2017年3月に出版された。レベルはかなり一般的なところに併せており、科学的な欲求を考えると、大学生以上ではかなり物足りない内容だ。

書籍見本(出典:創元社

ただし、小学生〜中学生、化学から遠ざかって久しい方、化学に苦手意識の高い方、そもそも元素ってなんだそれ美味しいの?ぐらいの方にはかなり面白く読めるであろう。出版しているのは世界で一番美しい元素図鑑など多数の科学書籍を扱う老舗創元社であるため、中身の正確性は保っていることは疑いない。

日本初の命名元素「ニホニウム」により、出版界隈でも元素ブームが起きている。これまえでの書籍に加えて、様々な視点と対象から元素を紹介することは、科学リテラシーを底上げすることとなるため、大変歓迎したいところである。

その他の元素関連新書

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩み…
  2. フタロシアニン-化学と機能-
  3. 理系のためのフリーソフト Ver2.0
  4. 元素周期表:文科省の無料配布用、思わぬ人気 10万枚増刷、100…
  5. すごい分子 世界は六角形でできている
  6. 天然物の全合成―2000~2008
  7. 学振申請書の書き方とコツ
  8. What’s Cooking in Chemistr…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「抗炎症」と「抗酸化」組み合わせ脱毛抑制効果を増強
  2. 品川硝子製造所跡(近代硝子工業発祥の碑)
  3. ライトケミカル工業2022卒採用情報
  4. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (第7版)
  5. ビュッヒ・フラッシュクロマト用カートリッジもれなくプレゼント!
  6. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(2年目)
  7. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(4-tert-ブチル-2-オキサゾリン):(S,S)-(-)-2,2′-Isopropylidenebis(4-tert-butyl-2-oxazoline)
  8. ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~
  9. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ③「ポスト・イット アドバンス2」
  10. 抗生物質の話

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP