[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

トラウベ プリン合成 Traube Purin Synthesis

 

概要

ジアミノピリミジンをホルミル化剤(ギ酸、ホルムアルデヒド、ホルムアニリジン、クロロギ酸エステルなど)と加熱すると、対応するプリン環が得られる。

 

基本文献

・Traube, W. Ber. 1900, 33, 1371.

 

反応機構

traube_purine_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 重水素標識反応 Deuterium Labeling React…
  2. チオール-エン反応 Thiol-ene Reaction
  3. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate
  4. コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応
  5. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chir…
  6. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process fo…
  7. TosMIC
  8. パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2005年8月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  2. 質量分析で使うRMS errorって?
  3. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (2)
  4. Google Scholarにプロフィールを登録しよう!
  5. ACSで無料公開できるかも?論文をオープンにしよう
  6. ポヴァロフ反応 Povarov Reaction
  7. The Merck Index: An Encyclopedia of Chemicals, Drugs, And Biologicals
  8. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  9. スーパーブレンステッド酸
  10. Merck 新しい不眠症治療薬承認申請へ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP