[スポンサーリンク]


元素の基本と仕組み

  1. 112番元素にコペルニクスに因んだ名前を提案

     112番元素は、1996年に独・重イオン科学研究所の加速器で初めて合成された。しかし、新元素としての認定に必要な再実験と検証がじゅうぶんでなかったため、暫定名「ウンウンビウム」がつけられていた。その後2007年に、理化学研究所の仁…

  2. NHKアニメ『エレメントハンター』 2009年7月スタート!

    7月4日から放送されるアニメ「エレメントハンター」(NHK教育)の試写会が21日、東京・渋谷のN…

  3. 112番元素が正式に周期表の仲間入り

    ドイツ西部ダルムシュタットの重イオン研究所(GSI)が10年以上前に発見した…

  4. 『元素周期 ~萌えて覚える化学の基本~』がドラマCD化!!!

    つい最近、化学界の衆目をかっさらった書物、「元素周期~萌えて覚える化学の基本…

  5. ネオ元素周期表

    アンサイクロペディア(Wikipediaのジョーク版)は筆者の大好きなサイトの一つですが、やはりWi…

  6. クリスマス化学史 元素記号Hの発見

  7. 元素占いはいかが?

  8. 希少金属

  9. IBM,high-k絶縁膜用ハフニウムの特性解析にスパコン「Blue Gene」を活用

  10. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について

  11. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎

  12. 周期表を超えて~超原子の合成~

  13. 元素周期表:文科省の無料配布用、思わぬ人気 10万枚増刷、100円で販売

  14. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得

  15. 一家に1枚周期表を 理科離れ防止狙い文科省

  16. 理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg
  2. 武田薬品、週1回投与の骨粗鬆症治療薬「ベネット錠17.5mg」を発売
  3. スーパーブレンステッド酸
  4. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色素
  5. 1つの蛍光分子から4色の発光マイクロ球体をつくる
  6. 花粉症対策の基礎知識
  7. Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals

注目情報

最新記事

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

PAGE TOP