[スポンサーリンク]


元素の基本と仕組み元素トピック

  1. 元素の和名わかりますか?

    先日国立科学博物館にて「日本を変えた千の技術博」という特別展が開かれているというポストがありました。筆者も先日行ってきたのですが、そこで見つけた1878年に宇田川準一(宇田川榕庵の養子である興斎の子)が記したとされる「元素化合量一覧表」から…

  2. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩みと今後~

    元素戦略は平成19年より文部科学省・経済産業省が主導している国家戦略です。長いこと勢力的に研究活動を…

  3. 元素川柳コンテスト募集中!

    皆様あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。年が明けると博論・修論・…

  4. 周期表の形はこれでいいのか? –その 2: s ブロックの位置 編–

    前回の記事で、ヘリウムをアルカリ土類金属の上に置いた、斬新な周期表があることを紹介しました。本記事で…

  5. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置 編–

    現在の周期表は、およそ 120 種の元素を原子番号順に並べ、基本的には電子配置が似ている元素同士が縦…

  6. 元素に恋して: マンガで出会う不思議なelementsの世界

  7. 元素紀行

  8. 元素名と中国語

  9. 元素ネイルワークショップー元素ネイルってなに?

  10. 相撲と化学の意外な関係(?)

  11. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!

  12. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる

  13. 原子量に捧げる詩

  14. 元素名を名字にお持ちの方〜

  15. 祝100周年!ー同位体ー

  16. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【書籍】10分間ミステリー
  2. 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申請・審査の全貌
  3. アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発
  4. 農工大で爆発事故発生―だが毎度のフォローアップは適切か?
  5. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation
  6. π-アリルパラジウム錯体
  7. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton

注目情報

最新記事

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

PAGE TOP