[スポンサーリンク]


元素の基本と仕組み元素トピック

  1. 元素の和名わかりますか?

    先日国立科学博物館にて「日本を変えた千の技術博」という特別展が開かれているというポストがありました。筆者も先日行ってきたのですが、そこで見つけた1878年に宇田川準一(宇田川榕庵の養子である興斎の子)が記したとされる「元素化合量一覧表」から…

  2. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩みと今後~

    元素戦略は平成19年より文部科学省・経済産業省が主導している国家戦略です。長いこと勢力的に研究活動を…

  3. 元素川柳コンテスト募集中!

    皆様あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。年が明けると博論・修論・…

  4. 周期表の形はこれでいいのか? –その 2: s ブロックの位置 編–

    前回の記事で、ヘリウムをアルカリ土類金属の上に置いた、斬新な周期表があることを紹介しました。本記事で…

  5. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置 編–

    現在の周期表は、およそ 120 種の元素を原子番号順に並べ、基本的には電子配置が似ている元素同士が縦…

  6. 元素に恋して: マンガで出会う不思議なelementsの世界

  7. 元素紀行

  8. 元素名と中国語

  9. 元素ネイルワークショップー元素ネイルってなに?

  10. 相撲と化学の意外な関係(?)

  11. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!

  12. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる

  13. 原子量に捧げる詩

  14. 元素名を名字にお持ちの方〜

  15. 祝100周年!ー同位体ー

  16. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「マイクロリアクター」装置化に成功
  2. 秋の味覚「ぎんなん」に含まれる化合物
  3. ウォーレン有機化学
  4. パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan Synthesis
  5. 昇華の反対は?
  6. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev. Chem. 2017-4/5月号
  7. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発

注目情報

最新記事

導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

「液体のような」相と「固体のような」相、2つの相を持つゲルは様々な分野で用いられています。今回はその…

化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門と銘打ったこのコーナーも、今回で4回目となりました。…

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

PAGE TOP