[スポンサーリンク]


元素の基本と仕組み元素トピック

  1. もし新元素に命名することになったら

    理化学研究所が113番元素の合成に成功した(森田浩介グループ)との報告がなされ、命名権が与えられる事はほぼ確実と思われます。ジャポニウム(Jp)?ニッポニウム(Nn)?それともリケニウム(Rk)?、大穴でニシニウム(Ns…

  2. 元素のふしぎ展に行ってきました

    サマリウム、ウンウントリウム、メンデレビウム、マイトネリウム、ユウロピウム、ラザホージウムバナジ…

  3. 114番元素と116番元素の名称が間もなく決定!

    本年6月のケムステニュースにて、114番元素と116番元素が正式認可されたという…

  4. 海底にレアアース資源!ランタノイドは太平洋の夢を見るか

    ある意味で、宇宙よりも神秘に満ちた深海の世界。希土類元素あるいはレアアースと呼ばれる希少資源が、海底に眠っていることが報告されました。

  5. 114番元素と116番元素が正式認可される

    以前にケムステニュースで112番元素・コペルニシウム(Cp)が元素周期表に追加されたニュ…

  6. えれめんトランプをやってみた

  7. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ

  8. 化学反応を起こせる?インタラクティブな元素周期表

  9. 「世界最小の元素周期表」が登場!?

  10. 172番元素までの周期表が提案される

  11. 動画:知られざる元素の驚きの性質

  12. 114番元素生成の追試に成功

  13. 112番元素にコペルニクスに因んだ名前を提案

  14. NHKアニメ『エレメントハンター』 2009年7月スタート!

  15. 112番元素が正式に周期表の仲間入り

  16. 『元素周期 ~萌えて覚える化学の基本~』がドラマCD化!!!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート
  2. 大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ
  3. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  4. ホウ素は求電子剤?求核剤?
  5. インドール一覧
  6. ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【前編】
  7. アレーン類の直接的クロスカップリング

注目情報

最新記事

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

PAGE TOP