[スポンサーリンク]

rp_Kohei_tamao.jpg

[スポンサーリンク]

注目情報

ピックアップ記事

  1. エステルをアルデヒドに変換する新手法
  2. AI翻訳エンジンを化学系文章で比較してみた
  3. 森謙治 Kenji Mori
  4. スポンジシリーズがアップデートされました。
  5. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl
  6. たるんだ肌を若返らせる薄膜
  7. フリース転位 Fries Rearrangment
  8. 化学系学生のための就活2019
  9. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する
  10. 森林総合研究所、広葉樹害虫ヒメボクトウの性フェロモン化学構造を解明

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜

新参スタッフの DAICHAN です。前回の記事「その化合物、信じて大丈夫ですか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP