[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

水をヒドリド源としたカルボニル還元

カルボニルの1,2-還元のヒドリド源として水素、ボラン、ヒドロシラン、・・・etcありますが、

ヒドリド源に水を用い、還元を温和な条件下で達成した反応が報告されましたので紹介します。

 

6cophos1.gif

東京大学理学部川島教授らの報告です。(JACS 2009, 131, 16622. doi:10.1021/ja906875d)

水-H2O-の水素原子は、通常の極性ではプロトン供与体として働き、ヒドリドを発生させた場合には、水素H2が発生してしまいます。今回、異性化を経由することで、水の極性反転を行いヒドリド源として用いることを可能とする新規分子が開発されました。

この分子はMartin Ligandを用いた、6配位ジヒドロホスフェイトとして単離されました。

 

6cophos2.gif

 

このジヒドロホスフェイトをカルボニルと反応させることで、温和な条件下1,2-還元が進行します。

(還元はMartin Ligandを用いた高配位ケイ素化合物でも知られており(Chem. Lett. 1987, 2243.)、還元までの着想は同様なものと類推します。)

 

新規分子の単離同定や反応性だけでは終わらせず、さらにP原子の特性を活用しています。即ち、重水素中酢酸存在下、スキームの平衡を経て重水素体に変換し、カルボニルへの重水素付加により、比較的安価である重水からの極性反転を達成しました。

 

6cophos3.gif

実用性という点では、収率、反応性、選択性など、まだまだ難しい点もあり、発展させる余地もありますが、異性化という性質を巧みに利用することで、重水素の極性反転をアピールした面白い論文です。

 

The following two tabs change content below.

lcd-aniso

企業にてディスプレイ関連材料の開発をしております。学生時代はヘテロ原子化学を専攻していました。私のできる範囲で皆様に興味を持っていただける 話題を提供できればと思います。

最新記事 by lcd-aniso (全て見る)

関連記事

  1. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!②
  2. ハニートラップに対抗する薬が発見される?
  3. 化学反応を起こせる?インタラクティブな元素周期表
  4. 標準物質ーChemical Times特集より
  5. スタチンのふるさとを訪ねて
  6. 最強の文献管理ソフトはこれだ!
  7. 出発原料から学ぶ「Design and Strategy in …
  8. 計算化学:DFT計算って何?Part II

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用
  2. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)
  3. 有機化学クロスワードパズル
  4. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek
  5. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)
  6. 雷神にそっくり?ベンゼン環にカミナリ走る
  7. 「夢・化学-21」 夏休み子ども化学実験ショー
  8. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser
  9. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】
  10. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangement

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP