[スポンサーリンク]


カップリング

  1. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング

    ニッケル触媒による芳香族アミンとボロン酸エステルとの鈴木―宮浦型カップリングが開発された。2価のニッケル種の還元と触媒サイクルの促進という2つの役割をマグネシウムが担っている。アリールC-N結合切断を伴うカップリング 芳香族アミン(…

  2. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

    ヨウ化アリールの選択的クロスカップリングが報告された。新規カチオン性三核パラジウム触媒を用いることで…

  3. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

    ニール・K・ガーグ(Neil K. Garg、1978年12月18日–)は米国の有機化学者である。カ…

  4. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する

    アルケンに二種類の求電子剤を一挙に導入する手法が開発された。還元的条件下、ニッケル触媒を用いることで…

  5. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

    ルイス構造からフロンティア軌道が見える頃、ブルースは加速していく (さらに…)…

  6. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開

  7. スタニルリチウム調製の新手法

  8. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性

  9. ヘテロカンシラノール

  10. 芳香環シラノール

  11. スルホニルフルオリド

  12. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 金沢ふるさと偉人館
  2. 論文執筆ABC
  3. 2007年秋の褒章
  4. 地球外生命体を化学する
  5. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位
  6. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chloride
  7. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」

注目情報

最新記事

研究のための取引用語

企業の研究員や研究室のスタッフになると、必要な機器や物品を自ら購入する機会が多々ある。その際に知って…

研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しまし…

材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

材料研究分野でデータを“ゆりかごから墓場まで”フル活用するシステムの構築が進んでいる。人工知能(AI…

150度以上の高温で使える半導体プラスチック

Perdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

PAGE TOP