[スポンサーリンク]


カップリング

  1. ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

    塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに適用できる。還元剤として用いたギ酸ナトリウムが本手法の鍵である。ギ酸ナトリウムを用いた新たな光触媒系の開発アリールラジカルは多様な変…

  2. 糖のC-2位アリール化は甘くない

    スピン中心移動を利用したグリコシドのC-2位アリール化反応が開発された。基質適用範囲が広く、従来の手…

  3. ピリジン同士のラジカル-ラジカルカップリング

    電子移動試薬としてB2pin2を用いたピリジルホスホニウム塩とシアノピリジンのクロスカップリング反応…

  4. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応

    2019年新年1回目、トータルで第176回のスポットライトリサーチは、北海道大学工学研究院の伊藤肇研…

  5. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング

    ニッケル触媒による芳香族アミンとボロン酸エステルとの鈴木―宮浦型カップリングが開発された。2価のニッ…

  6. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

  7. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

  8. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する

  9. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

  10. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開

  11. スタニルリチウム調製の新手法

  12. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性

  13. ヘテロカンシラノール

  14. 芳香環シラノール

  15. スルホニルフルオリド

  16. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 論文コレクター必見!WindowsでPDFを全文検索する方法
  2. 「高分子材料を進化させる表面・界面制御の基礎」
  3. 第二回 水中で超分子化学を探る-Bruce Gibb教授-
  4. 浜松ホトニクスがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました
  5. シュプリンガー・ネイチャーが3つの特設ページを公開中!
  6. カルタミン
  7. 研究倫理を問う入試問題?

注目情報

最新記事

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

PAGE TOP