[スポンサーリンク]


カップリング

  1. ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

    塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに適用できる。還元剤として用いたギ酸ナトリウムが本手法の鍵である。ギ酸ナトリウムを用いた新たな光触媒系の開発アリールラジカルは多様な変…

  2. 糖のC-2位アリール化は甘くない

    スピン中心移動を利用したグリコシドのC-2位アリール化反応が開発された。基質適用範囲が広く、従来の手…

  3. ピリジン同士のラジカル-ラジカルカップリング

    電子移動試薬としてB2pin2を用いたピリジルホスホニウム塩とシアノピリジンのクロスカップリング反応…

  4. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応

    2019年新年1回目、トータルで第176回のスポットライトリサーチは、北海道大学工学研究院の伊藤肇研…

  5. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング

    ニッケル触媒による芳香族アミンとボロン酸エステルとの鈴木―宮浦型カップリングが開発された。2価のニッ…

  6. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

  7. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

  8. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する

  9. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

  10. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開

  11. スタニルリチウム調製の新手法

  12. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性

  13. ヘテロカンシラノール

  14. 芳香環シラノール

  15. スルホニルフルオリド

  16. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 分子モーター Molecular Motor
  2. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling
  3. 第54回―「ナノカーボンを機能化する合成化学」Maurizio Prato教授
  4. ベン・デイヴィス Ben G. Davis
  5. 第39回ケムステVシンポ「AIが拓く材料開発の最前線」を開催します!
  6. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②
  7. パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

注目情報

最新記事

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

PAGE TOP