[スポンサーリンク]


カップリング

  1. ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

    塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに適用できる。還元剤として用いたギ酸ナトリウムが本手法の鍵である。ギ酸ナトリウムを用いた新たな光触媒系の開発アリールラジカルは多様な変…

  2. 糖のC-2位アリール化は甘くない

    スピン中心移動を利用したグリコシドのC-2位アリール化反応が開発された。基質適用範囲が広く、従来の手…

  3. ピリジン同士のラジカル-ラジカルカップリング

    電子移動試薬としてB2pin2を用いたピリジルホスホニウム塩とシアノピリジンのクロスカップリング反応…

  4. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応

    2019年新年1回目、トータルで第176回のスポットライトリサーチは、北海道大学工学研究院の伊藤肇研…

  5. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング

    ニッケル触媒による芳香族アミンとボロン酸エステルとの鈴木―宮浦型カップリングが開発された。2価のニッ…

  6. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

  7. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

  8. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する

  9. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

  10. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開

  11. スタニルリチウム調製の新手法

  12. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性

  13. ヘテロカンシラノール

  14. 芳香環シラノール

  15. スルホニルフルオリド

  16. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 電気化学の力で有機色素を自在に塗布する!
  2. ケミカル数独
  3. YMC「水素吸蔵合金キャニスター」:水素を安全・効率的に所有!
  4. タングトリンの触媒的不斉全合成
  5. 私がなぜケムステスタッフになったのか?
  6. 平成をケムステニュースで振り返る
  7. “follow”は便利!

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータの前処理-データ整理・把握や化学構造のSMILES変換のやり方を解説-

開催日:2022/10/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

【いまさら聞けない?】アジドの取扱いを学んでおこう!

今年のノーベル化学賞とも深く関連する、アジド化合物。受賞対象となったクリックケミストリーに加えて、ア…

【技術系スタートアップ合同フォーラムのお知らせ】 ディープテックのリアル-業界ならでは魅力と社会課題解決への想い

ディープテックに関心がある方、スタートアップへのジョインに興味のある方、スタート…

【速報】2022年ノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」へ!

2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス…

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

PAGE TOP