[スポンサーリンク]

archives

ヘテロカンシラノール

mfcd08457663.gif

【Aldrich 】
 
ヘテロカンシラノール:Sodium 2-furyldimethylsilanolate
分子量: 164.21
CAS:
製品コード: 673250
値段: 1g 23,100円 (2008.10.22 現在)
用途:檜山カップリングの原料
説明: ヘテロ環化合物にも檜山カップリングは有効である。
その他のシラノールに関するリンク:有機シラノール: クロスカップリングの強力な求核試剤(Sigma-Aldrich有機合成関連製品)、
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフ…
  2. ぬれ性・レオロジーに学ぶ! 微粒子分散系の界面化学の習得講座
  3. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4…
  4. ノーベル化学賞への道公開
  5. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  6. ヘキサメチレンテトラミン
  7. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成
  8. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluorobora…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第二回触媒科学国際シンポジウム
  2. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化
  3. 【書籍】パラグラフ・ライティングを基礎から訓練!『論理が伝わる 世界標準の「書く技術」』
  4. 魔法のカイロ アラジン
  5. ビッグデータが一変させる化学研究の未来像
  6. 第3のエネルギー伝達手段(MTT)により化学プラントのデザインを革新する
  7. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Alcohol to Alkane
  8. 第1回ACCELシンポジウムを聴講してきました
  9. 東レ先端材料シンポジウム2011に行ってきました
  10. Appel反応を用いるホスフィンの不斉酸化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP