[スポンサーリンク]

archives

ヘテロカンシラノール

mfcd08457663.gif

【Aldrich 】
 
ヘテロカンシラノール:Sodium 2-furyldimethylsilanolate
分子量: 164.21
CAS:
製品コード: 673250
値段: 1g 23,100円 (2008.10.22 現在)
用途:檜山カップリングの原料
説明: ヘテロ環化合物にも檜山カップリングは有効である。
その他のシラノールに関するリンク:有機シラノール: クロスカップリングの強力な求核試剤(Sigma-Aldrich有機合成関連製品)、
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. SPhos
  2. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : B…
  3. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和…
  4. スーパーブレンステッド酸
  5. セミナーチャンネルを開設
  6. π-アリルパラジウム錯体
  7. 安全なジアゾメタン原料
  8. 田辺シリル剤

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アジフェーズ法 AJIPHASE Method
  2. C60MC12
  3. 有機アジド(1):歴史と基本的な性質
  4. 【インドCLIP】製薬3社 抗エイズ薬後発品で米から認可
  5. ダルツェンス縮合反応 Darzens Condensation
  6. タンパク質の構造を巻き戻す「プラスチックシャペロン」
  7. イライアス・コーリー E. J. Corey
  8. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  9. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応
  10. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP