[スポンサーリンク]

archives

ヘテロカンシラノール

mfcd08457663.gif

【Aldrich 】
 
ヘテロカンシラノール:Sodium 2-furyldimethylsilanolate
分子量: 164.21
CAS:
製品コード: 673250
値段: 1g 23,100円 (2008.10.22 現在)
用途:檜山カップリングの原料
説明: ヘテロ環化合物にも檜山カップリングは有効である。
その他のシラノールに関するリンク:有機シラノール: クロスカップリングの強力な求核試剤(Sigma-Aldrich有機合成関連製品)、
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 研究者へのインタビュー
  2. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : B…
  3. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【…
  4. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  5. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Sal…
  6. 2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-…
  7. ケムステの記事を導出しています
  8. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama re…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルツハイマー病早期発見 磁気画像診断に新技術
  2. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation
  3. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」のジャケットになった
  4. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色素
  5. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporation using DABSO
  6. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allylation
  7. イー・タン Yi Tang
  8. Bergfriendhof (山の墓地)
  9. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム
  10. ChemDrawの使い方 【基本機能編】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP