[スポンサーリンク]

archives

芳香環シラノール

mfcd08276879.gif

【Aldrich 】
芳香環シラノール: Dimethylphenylsilanol
分子量;152.27
 CAS:
製品コード:667110
値段: 1g 9,300円 (2008.10.22 現在)
用途: 檜山カップリングの原料
説明:芳香族ジメチルシラノールと種々の芳香族ヨウ化物・臭化物とのビアリールカップリングに用いられる。
文献:Denmark, S. E.; Ober, M. H. Org. Lett.. 2003, 5, 1357.
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…
  2. インドール一覧
  3. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  4. コランヌレン : Corannulene
  5. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  6. バトフェナントロリン : Bathophenanthroline…
  7. 角田試薬
  8. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学と権力の不健全なカンケイ
  2. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成
  3. 研究職の転職で求められる「面白い人材」
  4. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesis
  5. 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
  6. 硤合 憲三 Kenso Soai
  7. 製薬大手のロシュ、「タミフル」効果で05年売上高20%増
  8. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法
  9. 夏のお肌に。ファンデーションの化学
  10. 研究助成金を獲得する秘訣

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP