[スポンサーリンク]

archives

芳香環シラノール

mfcd08276879.gif

【Aldrich 】
芳香環シラノール: Dimethylphenylsilanol
分子量;152.27
 CAS:
製品コード:667110
値段: 1g 9,300円 (2008.10.22 現在)
用途: 檜山カップリングの原料
説明:芳香族ジメチルシラノールと種々の芳香族ヨウ化物・臭化物とのビアリールカップリングに用いられる。
文献:Denmark, S. E.; Ober, M. H. Org. Lett.. 2003, 5, 1357.
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ニュースタッフ追加
  2. インドール一覧
  3. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  4. ODOOSをリニューアル!
  5. 安全なジアゾメタン原料
  6. ぬれ性・レオロジーに学ぶ! 微粒子分散系の界面化学の習得講座
  7. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Met…
  8. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole Synthesis
  2. ワイス反応 Weiss Reaction
  3. 田辺シリル剤
  4. 化学英語論文/レポート執筆に役立つPCツール・決定版
  5. タミフル、化学的製造法を開発…スイス社と話し合いへ
  6. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か
  7. 企業の研究を通して感じたこと
  8. Aza-Cope転位 Aza-Cope Rearrangement
  9. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より
  10. 酵素による光学分割 Enzymatic Optical Resolution

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP