[スポンサーリンク]

ケムステニュース

大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か

メタン二酸化炭素(CO2)の21倍と強力な温室効果のあるメタンの大気中の総量がこの7年間、ほぼ横ばいになったことが、米カリフォルニア大のシャーウッド・ローランド教授らの研究で20日、分かった。

 石油や天然ガス関連施設からの漏れの防止や、採炭地や水田での排出削減が奏功したとみられ、同教授は「メタンが地球温暖化の元凶の1つでなくなれば、温暖化に対処する手掛かりが得られる」としている。(引用:四国新聞)

 ローランド教授は1974年にネイチャーにオゾンホールができるのはフロンガスが原因だと今考えられている主流の考えを示し、1995年に「オゾンの形成と分解に関する大気化学的研究」によりノーベル化学賞受賞した人です。

?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. レッドブルから微量のコカインが検出される
  2. 島津、たんぱく質分析で新技術・田中氏の技術応用
  3. 脱法ドラッグ、薬物3成分を初指定 東京都
  4. 2008年10大化学ニュース
  5. サクラの酵母で作った赤い日本酒を商品化に成功
  6. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復…
  7. 三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入
  8. 浅野・県立大教授が化学技術賞

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功
  2. 分子積み木による新規ゼオライト合成に成功、産総研
  3. 日本化学会 平成17年度各賞受賞者決まる
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②
  5. カーボンナノペーパー開発 信州大、ナノテク新素材
  6. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  7. ミカエリス・アルブゾフ反応 Michaelis-Arbuzov Reaction
  8. Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応
  9. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

PAGE TOP