[スポンサーリンク]

ケムステニュース

大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か

[スポンサーリンク]

メタン二酸化炭素(CO2)の21倍と強力な温室効果のあるメタンの大気中の総量がこの7年間、ほぼ横ばいになったことが、米カリフォルニア大のシャーウッド・ローランド教授らの研究で20日、分かった。

 石油や天然ガス関連施設からの漏れの防止や、採炭地や水田での排出削減が奏功したとみられ、同教授は「メタンが地球温暖化の元凶の1つでなくなれば、温暖化に対処する手掛かりが得られる」としている。(引用:四国新聞)

 ローランド教授は1974年にネイチャーにオゾンホールができるのはフロンガスが原因だと今考えられている主流の考えを示し、1995年に「オゾンの形成と分解に関する大気化学的研究」によりノーベル化学賞受賞した人です。

?

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、…
  2. 東工大発、光を操るイミド化合物/光で創られるロジウムアート錯体
  3. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  4. 決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~
  5. 存命化学者達のハーシュ指数ランキングが発表
  6. 「アバスチン」臨床試験中間解析を公表 中外製薬
  7. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕
  8. 大分の高校生が特許を取得!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy
  2. ケムステタイムトラベル2010 ~今こそ昔の記事を見てみよう~
  3. アクリルアミド /acrylamide
  4. 化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!
  5. ダイセル、化学技術賞を受賞 ウェハーレンズ開発と製品化
  6. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-
  7. 製薬各社 2011年度 第2四半期決算
  8. EUで化学物質規制のREACHが施行
  9. 高純度化学研究所が実物周期標本を発売開始
  10. ニュースタッフ参加

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2006年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

注目情報

最新記事

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

第20回記念!今年は若手向けの新企画もやります!「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディス…

ビナミジニウム塩 Vinamidinium Salt

概要ビナミジニウム塩(Vinamidinium Salt)は、カルボン酸をヴィルスマイヤー・ハッ…

伝わるデザインの基本 増補改訂3版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

(さらに…)…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:②合成蛍光色素

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造|オンライン・対面併設|進化する高分子材料 表面・界面制御 Advanced コース

開講期間●令和4年 2月  14日(月)、17日(木):基礎編●       21日(月)、…

ホウ素化反応の常識を覆し分岐型アルケンの製造工程を大幅短縮

第 360回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科 博士課…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP