[スポンサーリンク]

一般的な話題

2020年ノーベル化学賞は「CRISPR/Cas9ゲノム編集法の開発」に!SNS予想と当選者発表

[スポンサーリンク]

スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2020年のノーベル化学賞を、全遺伝情報(ゲノム)を効率良く改変できる「ゲノム編集」で画期的な技術を生み出したドイツ・マックスプランク研究所のエマニュエル・シャルパンティエ教授(51)=フランス国籍=と米カリフォルニア大バークリー校のジェニファー・ダウドナ教授(56)=米国籍=に授与すると発表した(引用:時事通信)。

今年のノーベル化学賞は、生化学(生物工学)の大本命である「革新的ゲノム編集法の開発」に携わった2氏への授賞が決定しました。

2012年に発表されて以来、世界中の注目を集め、すでに引用回数は5000回以上、基礎研究のみならず様々な応用研究に展開されつつある、まさにムーンショット技術です。

大本命であったため、すでにNatureではインタビュー記事まで紹介されています。

さらに多くのウェブサイトがすでにCRISPR/Cas9の解説記事を掲載しているため、今回は久々に速報をやめました。そういうわけで、ノーベル化学賞SNS予想の結果と当選者発表を中心にお届けしたいと思います。

それでも少しだけ:CRISPR-Cas9とは

2012年、ジェニファー・ダウドナ教授(UC Berkeley)とエマニュエル・シャルパンティエ教授(ウメオ大学)らにより、CRISPR-Cas9を用いたゲノム編集技術が報告された。[1]

この技術では、Cas9というDNA分解酵素(エンドヌクレアーゼ)を、ガイドRNAによって目的部位に導き、標的DNAの二本鎖を切断する(図3)。切断されたDNAは、細胞が本来持つDNAの修復機構(相同組替え修復(HDR)や非相同末端結合(NHEJ)など)によって自然に修復される。修復時のエラーを利用して、標的部位に様々な変異を導入したり、外部から供給したDNAを修復時に利用させ、遺伝子の挿入を行うなど、CRISPR-Cas9技術を応用すれば様々にゲノムを編集することが可能になる。

図3. CRISPR-Cas9技術による、標的DNAの部位特異的切断。

以下解説ウェブサイトです。

ケムステにも、CRISPR-Cas9やゲノム編集関連の記事はいくつかありますので、そちらも御覧ください。

ケムステ予想はどうだったのか?

はい、今回は完全に外しました。予想では

今年の説明者はJohan Åqvistと予想します。ただし、補佐が入りHeiner LinkePernilla Wittung-Stafshedeが登場するのではないでしょうか。そうなると分野は、ナノ物理分野ケミカルバイオロジー分野です。

と述べました。説明者は、DNA修復を説明したClaes Gustafssonでした。しかも議長の分野からは選出されないと書いたのに議長です(泣)。今年からの違いは、化学賞コミッティーメンバーに加えて、サポートメンバーが入ったこと。それによりこれまでとは選出方法が変わった可能性があります。

サポートはPernilla Wittung-Stafshedeが登場、この方が現れた瞬間にああ今年は生化学関連だとなりましたが、コロナ禍の影響なのかマスコミも少なく、淡々と発表が行われたように感じました。これからはこのサポート役にも注目しないとだめですね。

SNS予想はどうだった?

例年利用していたFacebookの投票ツールが、Facebookのアップデートに伴い利用できなくなってしまいました。

どうしようか思い悩んだ結果、結局SNSでハッシュタグ #ケムステ化学賞予想 を入れてもらって、受賞者の名前とその理由を述べてもらうようにしました。SNSといってもTwitterとFacebook、そしてケムステSlackでと限定したわけですが、その結果、Twitterの圧勝!投票回数制限をかけていなかったので、基本無記名で簡単に投稿できるTwitterがもっともやりやすかったようです。

その結果を集計してみました(副代表おつかれさまです。多分来年は集計まではしません)、有効投票数は633票。1人1票しか投票できない従来の投票システムに比べて何度でも投票できることを考えても圧倒的に少ないですが、予想してくれた皆さんご参加ありがとうございます! では、見事、受賞者二人をあてたTweetを紹介したいと思います。

実は導入に書いたとおり、大本命だったのでダウドナ教授が18票、シャルパンティエ教授が15票もありました。Feng Zhang教授が含まれていたもの、1名のみであったつぶやきも多く見られました。なんとケムステスタッフもズバッと当てていて、スタッフ会議で教えてよ、と思うところも苦笑。

なお今年の1番人気は藤田誠教授。78票でした。個人的にもぜひとも近い将来受賞してほしいものです。

さて栄えある当選者は?

さて、ケムステでは見事予想した毎回3名に抽選でアマゾンギフト券10,000円分をプレゼントしています。昨年まで、キャリーオーバーで11名まで達していた賞品ですが、大本命リチウムイオン電池で全放出。

今年は3名から再スタートを切ったわけですが、また放出となりました。

1名でも当てた人は素晴らしいです!おめでとうございます!。

すべて含めて完全抽選でもよかったのですが、人数が多くて面倒だったので、以下の制約をかけてみました。

  1. すべての受賞者を当てていること
  2. 少なからず理由が記載されていること
  3. 予想は1つであること

この3つにするとかなり絞られてきます。さあ、栄え在る当選者は以下の3名です!

まきさん @dsesjsjde

アーロン @EC_1_13_4

#4169e1 @r07039

おめでとうございます!後日Twitterを経由して受賞者には連絡差し上げます。

来年もお楽しみに!

さて、1年のうちのサイエンスの祭典も終わりに近づいて来ましたが、折角なのでノーベル賞受賞者とその研究ぐらいは、せめてその学問を勉強している人、いやせめて分野が近い人はしっかりと勉強してみてください。来年も投票企画、今度は早めに行いますのでぜひよろしくお願いいたします。

引用文献

  1. Jinek, M.; Chylinski, K.; Fonfara, I.; Hauer, M.; Doudna, J. A.; Charpentier, E. Science 2012337, 816. DOI: 10.1126/science.1225829
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る
  2. エネルギーの襷を繋ぐオキシムとアルケンの[2+2]光付加環化
  3. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII…
  4. 「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より
  5. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1
  6. 今年は国際周期表年!
  7. 臭素もすごいぞ!環状ジアリール-λ3-ブロマンの化学
  8. 触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 元素も分析する電子顕微鏡
  2. 秋吉一成 Akiyoshi Kazunari
  3. き裂を高速で修復する自己治癒材料
  4. 私がケムステスタッフになったワケ(5)
  5. C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング
  6. 第42回―「ナノスケールの自己集積化学」David K. Smith教授
  7. 軸不斉のRとS
  8. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxindole Synthesis
  9. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒
  10. 資生堂、製品開発の可能性を大きく広げる新規乳化法開発に成功:プレスリリースから化粧品研究の一端を垣間見る

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

ドラえもん探究ワールド 身近にいっぱい!おどろきの化学

概要「化学」への興味の芽を育むマンガ+解説書 子ども(大人も)の毎日は、「化学」とのお付き合…

データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

開催日:2022/05/25 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

2022.5.21 追記: 問3の構造式を再度訂正しました。2022.5.2…

化学知識の源、化学同人と東京化学同人

化学の専門家なら化学同人と東京化学同人の教科書や参考書を必ず一冊は購入したことがあると思います。この…

天才プログラマー タンメイが教えるJulia超入門

概要使いやすさと実行速度を兼ね備えた注目のプログラミング言語Julia.世界の天才プ…

【Spiber】新卒・中途採用情報

【会社が求める人物像】私たちの理念や取り組みに共感し、「人を大切にする」とい…

飲むノミ・マダニ除虫薬のはなし

Tshozoです。先日TVを眺めていて「かわいいワンちゃんの体をダニとノミから守るためにお薬を飲ませ…

MEDCHEM NEWS 31-2号「2020年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

有機合成化学協会誌2022年5月号:特集号 金属錯体が拓く有機合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年5月号がオンライン公開されました。連…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

開催日:2022/05/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP