[スポンサーリンク]

一般的な話題

2020年ノーベル化学賞は「CRISPR/Cas9ゲノム編集法の開発」に!SNS予想と当選者発表

[スポンサーリンク]

スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2020年のノーベル化学賞を、全遺伝情報(ゲノム)を効率良く改変できる「ゲノム編集」で画期的な技術を生み出したドイツ・マックスプランク研究所のエマニュエル・シャルパンティエ教授(51)=フランス国籍=と米カリフォルニア大バークリー校のジェニファー・ダウドナ教授(56)=米国籍=に授与すると発表した(引用:時事通信)。

今年のノーベル化学賞は、生化学(生物工学)の大本命である「革新的ゲノム編集法の開発」に携わった2氏への授賞が決定しました。

2012年に発表されて以来、世界中の注目を集め、すでに引用回数は5000回以上、基礎研究のみならず様々な応用研究に展開されつつある、まさにムーンショット技術です。

大本命であったため、すでにNatureではインタビュー記事まで紹介されています。

さらに多くのウェブサイトがすでにCRISPR/Cas9の解説記事を掲載しているため、今回は久々に速報をやめました。そういうわけで、ノーベル化学賞SNS予想の結果と当選者発表を中心にお届けしたいと思います。

それでも少しだけ:CRISPR-Cas9とは

2012年、ジェニファー・ダウドナ教授(UC Berkeley)とエマニュエル・シャルパンティエ教授(ウメオ大学)らにより、CRISPR-Cas9を用いたゲノム編集技術が報告された。[1]

この技術では、Cas9というDNA分解酵素(エンドヌクレアーゼ)を、ガイドRNAによって目的部位に導き、標的DNAの二本鎖を切断する(図3)。切断されたDNAは、細胞が本来持つDNAの修復機構(相同組替え修復(HDR)や非相同末端結合(NHEJ)など)によって自然に修復される。修復時のエラーを利用して、標的部位に様々な変異を導入したり、外部から供給したDNAを修復時に利用させ、遺伝子の挿入を行うなど、CRISPR-Cas9技術を応用すれば様々にゲノムを編集することが可能になる。

図3. CRISPR-Cas9技術による、標的DNAの部位特異的切断。

以下解説ウェブサイトです。

ケムステにも、CRISPR-Cas9やゲノム編集関連の記事はいくつかありますので、そちらも御覧ください。

ケムステ予想はどうだったのか?

はい、今回は完全に外しました。予想では

今年の説明者はJohan Åqvistと予想します。ただし、補佐が入りHeiner LinkePernilla Wittung-Stafshedeが登場するのではないでしょうか。そうなると分野は、ナノ物理分野ケミカルバイオロジー分野です。

と述べました。説明者は、DNA修復を説明したClaes Gustafssonでした。しかも議長の分野からは選出されないと書いたのに議長です(泣)。今年からの違いは、化学賞コミッティーメンバーに加えて、サポートメンバーが入ったこと。それによりこれまでとは選出方法が変わった可能性があります。

サポートはPernilla Wittung-Stafshedeが登場、この方が現れた瞬間にああ今年は生化学関連だとなりましたが、コロナ禍の影響なのかマスコミも少なく、淡々と発表が行われたように感じました。これからはこのサポート役にも注目しないとだめですね。

SNS予想はどうだった?

例年利用していたFacebookの投票ツールが、Facebookのアップデートに伴い利用できなくなってしまいました。

どうしようか思い悩んだ結果、結局SNSでハッシュタグ #ケムステ化学賞予想 を入れてもらって、受賞者の名前とその理由を述べてもらうようにしました。SNSといってもTwitterとFacebook、そしてケムステSlackでと限定したわけですが、その結果、Twitterの圧勝!投票回数制限をかけていなかったので、基本無記名で簡単に投稿できるTwitterがもっともやりやすかったようです。

その結果を集計してみました(副代表おつかれさまです。多分来年は集計まではしません)、有効投票数は633票。1人1票しか投票できない従来の投票システムに比べて何度でも投票できることを考えても圧倒的に少ないですが、予想してくれた皆さんご参加ありがとうございます! では、見事、受賞者二人をあてたTweetを紹介したいと思います。

実は導入に書いたとおり、大本命だったのでダウドナ教授が18票、シャルパンティエ教授が15票もありました。Feng Zhang教授が含まれていたもの、1名のみであったつぶやきも多く見られました。なんとケムステスタッフもズバッと当てていて、スタッフ会議で教えてよ、と思うところも苦笑。

なお今年の1番人気は藤田誠教授。78票でした。個人的にもぜひとも近い将来受賞してほしいものです。

さて栄えある当選者は?

さて、ケムステでは見事予想した毎回3名に抽選でアマゾンギフト券10,000円分をプレゼントしています。昨年まで、キャリーオーバーで11名まで達していた賞品ですが、大本命リチウムイオン電池で全放出。

今年は3名から再スタートを切ったわけですが、また放出となりました。

1名でも当てた人は素晴らしいです!おめでとうございます!。

すべて含めて完全抽選でもよかったのですが、人数が多くて面倒だったので、以下の制約をかけてみました。

  1. すべての受賞者を当てていること
  2. 少なからず理由が記載されていること
  3. 予想は1つであること

この3つにするとかなり絞られてきます。さあ、栄え在る当選者は以下の3名です!

まきさん @dsesjsjde

アーロン @EC_1_13_4

#4169e1 @r07039

おめでとうございます!後日Twitterを経由して受賞者には連絡差し上げます。

来年もお楽しみに!

さて、1年のうちのサイエンスの祭典も終わりに近づいて来ましたが、折角なのでノーベル賞受賞者とその研究ぐらいは、せめてその学問を勉強している人、いやせめて分野が近い人はしっかりと勉強してみてください。来年も投票企画、今度は早めに行いますのでぜひよろしくお願いいたします。

引用文献

  1. Jinek, M.; Chylinski, K.; Fonfara, I.; Hauer, M.; Doudna, J. A.; Charpentier, E. Science 2012337, 816. DOI: 10.1126/science.1225829
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 共有結合性リガンドを有するタンパク質の網羅的探索法
  2. アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側
  3. 製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント
  4. 自在に分解できるプラスチック:ポリフタルアルデヒド
  5. COVID-19状況下での化学教育について Journal of…
  6. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Pa…
  7. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?
  8. 虫歯とフッ素のお話① ~どうして歯磨きにフッ素が使われるの??~…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その1
  2. デレピン アミン合成 Delepine Amine Synthesis
  3. ヒト遺伝子の ヒット・ランキング
  4. ウォルター・カミンスキー Walter Kaminsky
  5. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化
  6. 有機アジド(4)ー芳香族アジド化合物の合成
  7. 化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発
  8. 在宅となった化学者がすべきこと
  9. あなたの天秤、正確ですか?
  10. コルチスタチン /Cortistatin

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP