[スポンサーリンク]


ラジカル

  1. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する

    2016年、プリンストン大学・Robert Knowlesらは、 可視光レドックス触媒を用いることでアルコールから直接的にアルコキシラジカルを発生させることに成功した。また続くC-C結合開裂により、環状3級アルコールからの鎖状ケトン合成を達…

  2. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

    南京大学のShuhua Liらは、4-シアノピリジンとビス(ピナコラト)ジボラン(B2pin2)の組…

  3. 二段励起型可視光レドックス触媒を用いる還元反応

    2014年、レーゲンスブルク大学・Burkhard Königらは、二段階励起によって強力な反応駆動…

  4. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する

    プリンストン大学・Robert Knowlesらは、光触媒を介したプロトン共役型電子移動(PCET)…

  5. 糖鎖を直接連結し天然物をつくる

    酸素官能基や窒素官能基が高度に密集した化合物の合成には、通常の有機合成とは一線を画した難易度がありま…

  6. トリプトファン選択的なタンパク質修飾反応の開発

  7. アセトンを用いた芳香環のC–Hトリフルオロメチル化反応

  8. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocatalyst

  9. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化

  10. 逐次的ラジカル重合によるモノマー配列制御法

  11. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical Oxidation Catalyst

  12. ギース ラジカル付加 Giese Radical Addition

  13. バートン脱アミノ化 Barton Deamination

  14. アルコールを空気で酸化する!

  15. 分子内ラジカル環化 Intramolecular Radical Cyclization

  16. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren
  2. 元素名を名字にお持ちの方〜
  3. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉
  4. 創薬開発で使用される偏った有機反応
  5. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dichlorobis(acetonitrile)palladium(II)
  6. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyde
  7. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

注目情報

最新記事

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

PAGE TOP