[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジャン=ルック・ブレダス Jean-Luc Bredas

ジャン=ルック・ブレダス (Jean-Luc Brédas、1954年5月23日-)は、アメリカの有機化学者、材料化学者である。ジョージア工科大学教授(写真:Bredas Group)。

経歴

1979 University of Namur 博士号取得

 

受賞歴

American Chemical Society Charles H. Stone Award (2010)
Elected in the Inaugural Class of Fellows of the American Chemical Society (2009)
Inaugural Class of Fellows of the Materials Research Society (2008)
Descartes Prize of the European Commission (2003)
Italgas Prize for Research and Technological Innovation in Applied Molecular Sciences (2001)
Quinquennial Prize for Exact Sciences of the Belgian National Science Foundation, FNRS (2000)
Francqui Prize (1997)

 

研究

π共役系化合物を用いる、有機半導体および非線形光学材料の開発

 

コメント&その他

Thomson ISI社の2007年度の調査によれば、化学領域における論文引用回数は世界第55位となっています。

 

名言集

 

関連動画

Jean-Luc Bredas on Organic Electronics from GTtower on Vimeo.

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgya…
  2. ブルース・エイムス Bruce N. Ames
  3. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li
  4. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long
  5. トーマス・レクタ Thomas Lectka
  6. ジェームズ・ロスマン James Rothman
  7. デヴィッド・クレネマン David Klenerman
  8. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ティム・ジャミソン Timothy F. Jamison
  2. 「溶融炭酸塩基の脱プロトン化で有用物質をつくる」スタンフォード大学・Kanan研より
  3. 密度汎関数法の基礎
  4. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  5. 工学的応用における小分子キラリティーの付加価値: Nature Rev. Chem. 2017-6/7月号
  6. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成
  7. 電話番号のように文献を探すーRefPapers
  8. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (1)
  9. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む
  10. 三菱商事ナノテク子会社と阪大院、水に濡れるフラーレンを共同開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第189回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

第188回目のスポットライトリサーチは、竹田 光孝(たけだ みつたか)さんにお願いしました。…

研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)

Naphtです。研究者のためのCG作成術①、②、③に続き、研究者向けのCGの作り方について紹介しよう…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP