[スポンサーリンク]


光反応

  1. 光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

    可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため、医薬品や天然物の合成への応用が期待される。ミニスキ反応の進展N–ヘテロ環化合物は天然物や医薬品に頻出する重要骨格である。触媒に硝酸…

  2. 可視光光触媒でツルツルのベンゼン環をアミノ化する

    単純なアルキルアミンが利用できる芳香族C–Hアミノ化反応が開発された。基質適用範囲が広く天然物などの…

  3. 芳香族トリフラートからアリールラジカルを生成する

    マギル大学のChao-Jun Liらは、アリールトリフラートから遷移金属なし、紫外光照射条件下で一電…

  4. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

    2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

  5. 研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~

    有機反応開発の世界では、可視光レドックス触媒反応が大ブームです。筆者のグループも例外ではなく、毎日容…

  6. ベンゼン環を壊す“アレノフィル”

  7. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocatalyst

  8. ノリッシュ反応 Norrish Reaction

  9. [6π]光環化 [6π]Photocyclization

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 触媒的C-H活性化型ホウ素化反応
  2. 夏のお肌に。ファンデーションの化学
  3. 浄水場から検出されたホルムアルデヒドの原因物質を特定
  4. 支局長からの手紙:科学と感受性 /京都
  5. スピノシン spinosyn
  6. プロリン ぷろりん proline
  7. 超小型シリンジ開発 盛岡の企業

注目情報

最新記事

第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して」Paul Low教授

第40回の海外化学者インタビューは、ポール・ロウ教授です。英国ダラム大学の化学科に所属(訳注:200…

有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミロイドβ・含窒素湾曲π電子系・ペプチド触媒・ジチオールラジアレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年12月号がオンライン公開されました。…

窒化ガリウムの低コスト結晶製造装置を開発

科学技術振興機構(JST)は2019年11月15日、東京農工大学と大陽日酸と共同で進める産学共同実用…

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

PAGE TOP