[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第78回―「膜タンパク質の分光学的測定」Judy Kim教授

[スポンサーリンク]

第78回の海外化学者インタビューは、ジュディ・キム教授です。カリフォルニア大学サンディエゴ校 化学・生化学科に所属し、生体系の分光学的研究に取り組んでいます。膜タンパク質のフォールディング、ペプチド-膜相互作用、電子伝達反応に関与する生物学的ラジカル中間体などを研究分野にしています。それでは、インタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

大学に入った時、エンジニアになるつもりでした。しかし、最初の本格的な化学の授業(MITの5.11)を受けたとき、分子の世界に純粋に驚きました。(シルビア・セイヤーのおかげで)挑戦的で素晴らしい物理化学のコースが続き、マリオ・モリーナの研究室で学部生として化学研究の世界を見つけました。現在、カリフォルニア大学サンディエゴ校 化学科に所属しており、マリオ・モリーナ氏とは同僚です!

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

世界中の庶民の伝記を書くつもりです。この仕事は、異文化体験、執筆、旅行など、化学以外の個人的興味が多く組み合わさったものです。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

化学者あるいは科学者の最も重要な責務の一つは、社会を導く法則を積極的に形作ることです。われわれが解決しようとしている多くの問題(エネルギー危機、公害等)は、文明生活を支配するルールを比較的シンプルなものへ変更することで軽減できます。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

アーネスト・シャクルトンです。彼は南極探検家で、800マイルに及ぶ最も危険な海域に小型救命ボートで耐え、過酷な地形を越えて南極近くで座礁した乗組員を救助しました。彼の並外れたリーダーシップ、スキル、そして忍耐力はインスピレーションに満ちています。いったいどんな人だったのでしょう?

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

助教授として(訳注:現在は教授)、今でも学生と密接に仕事をし、ほぼ毎日研究室に通っています。今日、学部生が新しい顕微鏡を使い、ニンジンの共鳴ラマンスペクトル取得を手伝いました。これらのデータは(論文として発表されたものも含めて)何度も見ていますが、野菜の分子フィンガープリントを見ると未だにワクワクします。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

これは最も答えるのが簡単ですね。ジョン・スタインベックの「エデンの東」を持っていきます。この悲劇的で強烈な物語の代わりがよければ、大学時代のお気に入りの教科書の1つ、H・A・レイの 「星」にして、夜空の美しい形を見つけたいと思います。音楽はというと?80年代のトップヒット曲(つまりはリチャード・ブレイド)は必須ですし、ジョニー・キャッシュやモーツァルトの「フィガロの結婚」も外せません。

原文:Reactions – Judy Kim

※このインタビューは2008年8月22日に公開されました。

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第四回 期待したいものを創りだすー村橋哲郎教授
  2. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 1/2
  3. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 …
  4. 第18回 出版業務が天職 – Catherine G…
  5. 第71回―「化学のリーディングジャーナルを編集する」Stephe…
  6. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 …
  7. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart R…
  8. 第11回 触媒から生命へー金井求教授

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. いつも研究室で何をしているの?【一問一答】
  2. クロスカップリング反応 cross coupling reaction
  3. ストリゴラクトン : strigolactone
  4. ヘテロ ディールス・アルダー反応 Hetero Diels-Alder Reaction
  5. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレンジアミン:N,N,N’,N’-Tetramethylethylenediamine
  6. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する
  7. テストには書けない? カルボキシル化反応の話
  8. 2012年10大化学ニュース【前編】
  9. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective Group
  10. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP