[スポンサーリンク]


光触媒

  1. Marcusの逆転領域で一石二鳥

    3+誘導体はMarcusの逆転領域において励起状態から基底状態へ遷移することが実証された。さらに本錯体は、C–N結合形成反応における光触媒として利用可能である。光触媒とMarcus理論光触媒は、温和な条件でラジカル種を生成できるため…

  2. リボフラビンを活用した光触媒製品の開発

    ビタミン系光触媒ジェンタミン®は、リボフラビン(ビタミンB2)を活用した光触媒で…

  3. 光触媒により脱炭酸反応における反応中間体の精密制御に成功!

    第589回のスポットライトリサーチは、関西学院大学(村上研)の榊原陽太 助教にお願いしました!…

  4. 可視光を捕集しながら分子の結合を活性化するハイブリッド型ロジウム触媒

    第525回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院 応用化学系の 大内 誠也 (お…

  5. まず励起せんと(EnT)!光触媒で環構築

    アザアセナフテンの骨格構築法として、位置選択的なperi-付加環化反応が開発された。EnTとSE…

  6. 岩塩と蛍石ユニットを有する層状ビスマス酸塩化物の構造解析とトポケミカルフッ化反応によるその光触媒活性の向上

  7. アルコールのカップリング、NHC塩がアルとおコール

  8. 狙いを定めて、炭素-フッ素結合の変換!~光触媒とスズの協働作用~

  9. 触媒と光で脳内のアミロイドβを酸素化

  10. 光触媒水分解材料の水分解反応の活性・不活性点を可視化する新たな分光測定手法を開発

  11. 光触媒で空気中に浮遊する”新型コロナウイルス”の感染性を消失させることに成功

  12. 発展が続く触媒研究~京大より触媒研究の成果が相次いで発表される~

  13. 水素製造に太陽光エネルギーを活用 -エタノールから水素を獲得し水素ガスを発生する有機化合物を開発-

  14. 有機フォトレドックス触媒による酸化還元電位を巧みに制御した[2+2]環化付加反応

  15. 自律的に化学実験するロボット科学者、研究の自動化に成功 8日間で約700回の実験、人間なら数カ月

  16. 光触媒に相談だ 直鎖型の一級アミンはアンモニア水とアルケンから

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  2. グリコシル化反応を楽にする1位選択的”保護”反応
  3. リチウムイオン電池のはなし~1~
  4. タミフルの新規合成法
  5. Letters to a Young Chemist
  6. Macユーザに朗報?ChemDrawバージョンアップ
  7. 多彩な蛍光を発する単一分子有機化合物をつくる

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータ0からの初期データ戦略

開催日:2024/06/05 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

PAGE TOP