[スポンサーリンク]

スポットライトリサーチ

水素製造に太陽光エネルギーを活用 -エタノールから水素を獲得し水素ガスを発生する有機化合物を開発-

[スポンサーリンク]

第297回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科(村上研究室)・釜江 祥希さんにお願いしました。

水素は次世代のクリーンエネルギーとして注目を集めており、太陽光エネルギーから水素へと転換・貯蔵するための技術は魅力の大きな技術です。今回取り上げる研究では、よく知られたベンゾフェノン型有機光触媒を用い、エタノールを水素キャリアとして用いる光化学系の開発に成功しました。J. Am. Chem. Soc.誌 原著論文、同誌Spotlightプレスリリースとして公開されています。

“Sustainable System for Hydrogenation Exploiting Energy Derived from Solar Light”
Ishida, N.; Kamae, Y.; Ishizu, K.; Kamino, Y.; Naruse, H.; Murakami, M. J. Am. Chem. Soc. 2021, 143, 2217–2220. doi:10.1021/jacs.0c13332

現場で研究を指揮されました石田直樹 講師から、釜江さんについて以下のコメントを頂いています。今回も現場のリアリティをお楽しみください!

釜江くんは常に冷静で、合理的な判断ができる人物です。目標を決めると、そこに向かって効率よく結果を積み上げて、着実に研究を進めてくれます。困難なことがあっても、さらりと解決してくれるので、もはや、教員(指導者)と学生というよりは、対等な研究者のように感じます。来年度からは化学企業に籍を移しますが、そこでも活躍することを確信しています。

Q1. 今回プレスリリースとなったのはどんな研究ですか?簡単にご説明ください。

水素(H2)はクリーンな次世代のエネルギー源として期待されているほか、医薬品や香料の合成にも用いられています。市販されている水素の90%以上は化石資源を原料として合成されていますが、持続可能性の観点から、再生可能な資源を利用する技術へと置き換えることが求められています。例えば、エタノールはバイオマスの発酵によって作られる再生可能な資源です。今回の研究では、水素キャリアとして働く有機化合物(1,2-ジオール)を開発しました。この水素キャリアは、太陽光のエネルギーを駆動力として、エタノールを水素源として利用して合成・再生できます。この水素キャリアを用いることにより、水素を製造したり、有機化合物を水素化したりできます。

図1. 太陽光を利用するエタノールからの水素取り込み反応

図2. 1,2-ジオールを利用したアルケンの水素化反応

Q2. 本研究テーマについて、自分なりに工夫したところ、思い入れがあるところを教えてください。

以前の研究では、エルレンマイヤーフラスコと集光装置を用いて1,2-ジオールの合成を行っていましたが、反応効率と利便性を向上するためビニール袋を反応容器として利用することを試みました。当初は反応が完全に進行しないなどの問題がありましたが、食品の保存に用いられるハイバリア性のビニール袋を使用したり、脱気手法を改善したりと試行錯誤を重ねた結果、再現性のある実験手順を確立することができ、そのときの達成感は格別でした。


図3. 実験の様子(上)エルレンマイヤーフラスコを用いた場合(下)ビニール袋を用いた場合

Q3. 研究テーマの難しかったところはどこですか?またそれをどのように乗り越えましたか?

生成物の単離です。水素化反応の終了後、水素化生成物と副生する大量のケトンを分離する必要があります。最初はケトンとしてキサントンを用い、生成物をカラムクロマトグラフィーによって単離していたのですが、基質によってはこの方法が困難であることが判明しました。そこで、ケトンをアザキサントンに変更し、酸抽出によって分離できるようにしました。これにより、カラムで単離できなかった基質も単離できるようになっただけでなく、他の基質においてもカラムの必要がなくなり、反応がより簡便になりました。

図4. 水素化生成物の単離とアザキサントンの回収及び再利用

Q4. 将来は化学とどう関わっていきたいですか?

大学での研究も魅力的でしたが、画期的な製品や素材を開発して世界中の人に使ってもらいたいという夢があり、化学メーカーに就職することを決めました。研究室で培った知識と経験を活かして、人々の生活を豊かにするような仕事をしたいです。

Q5. 最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

日頃から楽しく拝読していたChem-Stationに、まさか自分に寄稿の機会を頂けるとは考えておりませんでした。貴重な経験を頂き感謝申し上げます。
今回の研究成果は、ラボのメンバーを始め、多くの方の支えによって実現したものです。実験が上手く行かない理由がわからないときや、悩んでも次の手が思いつかないとき、先生やラボのメンバーに相談すると思いがけない解決策を提示してくださることが多々ありました。一人で抱え込まず相談することの大切さを学ぶとともに、私自身も相談してくれた人によい助言ができる頼もしい存在になろうと強く思いました。
最後にこの場をお借りして日頃よりご指導くださった村上先生、石田先生をはじめとする研究室メンバーの皆様に深く感謝申し上げます。

研究者の略歴

名前:釜江 祥希(かまえ よしき)
所属:京都大学大学院 工学研究科 合成・生物化学専攻 村上研究室 修士課程
研究テーマ:光エネルギーを利用する水素化反応の開発

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 高分子と高分子の反応も冷やして加速する
  2. 君には電子のワルツが見えるかな
  3. 「オプジーボ」の特許とおカネ
  4. 私が思う化学史上最大の成果-1
  5. 乾燥剤の種類と合成化学での利用法
  6. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価
  7. ケムステイブニングミキサー2016へ参加しよう!
  8. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機フォトレドックス触媒による酸化還元電位を巧みに制御した[2+2]環化付加反応
  2. <飲む発毛薬>万有製薬に問い合わせ殺到
  3. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色素
  4. 化学工場災害事例 ~爆発事故に学ぶ~
  5. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism
  6. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II
  7. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  8. パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan Synthesis
  9. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ
  10. 面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

第三回ケムステVプレミアレクチャー「夢のある天然物創薬」を開催します!

そろそろケムステVシンポも開始しますが、その前にもう一度Vプレレクのお知らせです。3月末に第…

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

ご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学…

第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

合格体験記:知的財産管理技能検定~berg編~

私(berg)が2019(令和元)年11月17日(日)に受験した3級(第34回)の記録です。現状とは…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP