[スポンサーリンク]

スポットライトリサーチ

水素製造に太陽光エネルギーを活用 -エタノールから水素を獲得し水素ガスを発生する有機化合物を開発-

[スポンサーリンク]

第297回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科(村上研究室)・釜江 祥希さんにお願いしました。

水素は次世代のクリーンエネルギーとして注目を集めており、太陽光エネルギーから水素へと転換・貯蔵するための技術は魅力の大きな技術です。今回取り上げる研究では、よく知られたベンゾフェノン型有機光触媒を用い、エタノールを水素キャリアとして用いる光化学系の開発に成功しました。J. Am. Chem. Soc.誌 原著論文、同誌Spotlightプレスリリースとして公開されています。

“Sustainable System for Hydrogenation Exploiting Energy Derived from Solar Light”
Ishida, N.; Kamae, Y.; Ishizu, K.; Kamino, Y.; Naruse, H.; Murakami, M. J. Am. Chem. Soc. 2021, 143, 2217–2220. doi:10.1021/jacs.0c13332

現場で研究を指揮されました石田直樹 講師から、釜江さんについて以下のコメントを頂いています。今回も現場のリアリティをお楽しみください!

釜江くんは常に冷静で、合理的な判断ができる人物です。目標を決めると、そこに向かって効率よく結果を積み上げて、着実に研究を進めてくれます。困難なことがあっても、さらりと解決してくれるので、もはや、教員(指導者)と学生というよりは、対等な研究者のように感じます。来年度からは化学企業に籍を移しますが、そこでも活躍することを確信しています。

Q1. 今回プレスリリースとなったのはどんな研究ですか?簡単にご説明ください。

水素(H2)はクリーンな次世代のエネルギー源として期待されているほか、医薬品や香料の合成にも用いられています。市販されている水素の90%以上は化石資源を原料として合成されていますが、持続可能性の観点から、再生可能な資源を利用する技術へと置き換えることが求められています。例えば、エタノールはバイオマスの発酵によって作られる再生可能な資源です。今回の研究では、水素キャリアとして働く有機化合物(1,2-ジオール)を開発しました。この水素キャリアは、太陽光のエネルギーを駆動力として、エタノールを水素源として利用して合成・再生できます。この水素キャリアを用いることにより、水素を製造したり、有機化合物を水素化したりできます。

図1. 太陽光を利用するエタノールからの水素取り込み反応

図2. 1,2-ジオールを利用したアルケンの水素化反応

Q2. 本研究テーマについて、自分なりに工夫したところ、思い入れがあるところを教えてください。

以前の研究では、エルレンマイヤーフラスコと集光装置を用いて1,2-ジオールの合成を行っていましたが、反応効率と利便性を向上するためビニール袋を反応容器として利用することを試みました。当初は反応が完全に進行しないなどの問題がありましたが、食品の保存に用いられるハイバリア性のビニール袋を使用したり、脱気手法を改善したりと試行錯誤を重ねた結果、再現性のある実験手順を確立することができ、そのときの達成感は格別でした。


図3. 実験の様子(上)エルレンマイヤーフラスコを用いた場合(下)ビニール袋を用いた場合

Q3. 研究テーマの難しかったところはどこですか?またそれをどのように乗り越えましたか?

生成物の単離です。水素化反応の終了後、水素化生成物と副生する大量のケトンを分離する必要があります。最初はケトンとしてキサントンを用い、生成物をカラムクロマトグラフィーによって単離していたのですが、基質によってはこの方法が困難であることが判明しました。そこで、ケトンをアザキサントンに変更し、酸抽出によって分離できるようにしました。これにより、カラムで単離できなかった基質も単離できるようになっただけでなく、他の基質においてもカラムの必要がなくなり、反応がより簡便になりました。

図4. 水素化生成物の単離とアザキサントンの回収及び再利用

Q4. 将来は化学とどう関わっていきたいですか?

大学での研究も魅力的でしたが、画期的な製品や素材を開発して世界中の人に使ってもらいたいという夢があり、化学メーカーに就職することを決めました。研究室で培った知識と経験を活かして、人々の生活を豊かにするような仕事をしたいです。

Q5. 最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

日頃から楽しく拝読していたChem-Stationに、まさか自分に寄稿の機会を頂けるとは考えておりませんでした。貴重な経験を頂き感謝申し上げます。
今回の研究成果は、ラボのメンバーを始め、多くの方の支えによって実現したものです。実験が上手く行かない理由がわからないときや、悩んでも次の手が思いつかないとき、先生やラボのメンバーに相談すると思いがけない解決策を提示してくださることが多々ありました。一人で抱え込まず相談することの大切さを学ぶとともに、私自身も相談してくれた人によい助言ができる頼もしい存在になろうと強く思いました。
最後にこの場をお借りして日頃よりご指導くださった村上先生、石田先生をはじめとする研究室メンバーの皆様に深く感謝申し上げます。

研究者の略歴

名前:釜江 祥希(かまえ よしき)
所属:京都大学大学院 工学研究科 合成・生物化学専攻 村上研究室 修士課程
研究テーマ:光エネルギーを利用する水素化反応の開発

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 核酸医薬の物語1「化学と生物学が交差するとき」
  2. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を…
  3. Independence Day
  4. 免疫/アレルギーーChemical Times特集より
  5. Utilization of Spectral Data for…
  6. 【追悼企画】不斉酸化反応のフロンティアー香月 勗
  7. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加
  8. 博士課程学生の経済事情

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 液晶中での超分子重合 –電気と光で駆動する液晶材料の開発–
  2. 高分子界の準結晶
  3. 日本にあってアメリカにないガラス器具
  4. ケムステイブニングミキサー2015へ参加しよう!
  5. カーボンナノチューブの分散とその応用【終了】
  6. グルコース (glucose)
  7. マイクロ波を用いた革新的製造プロセスと環境/化学領域への事業展開 (プラスチック分解/油化、ゼオライト合成、石油化学系気固反応、エステル/アミド合成など)
  8. Anti-Markovnikov Hydration~一級アルコールへの道~
  9. 光電変換機能を有するナノシートの合成
  10. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

接着系材料におけるmiHub活用事例とCSサポートのご紹介

開催日:2024/06/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

水素原子一個で強力な触媒をケージング ――アルツハイマー病関連のアミロイドを低分子で副作用を抑えて分解する――

第 619 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学…

ミツバチに付くダニに効く化学物質の研究開発のはなし

今回は東京大学大学院有機化学研究室 滝川 浩郷先生、小倉 由資先生が主導されている研究内容につき…

化学結合の常識が変わる可能性!形成や切断よりも「回転」プロセスが実は難しい有機反応

第 617 回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 有機…

【書評】元素楽章ー擬人化でわかる元素の世界

元素の特性に基づくキャラクターデザインとフィクションの要素を融合させ,物語にまで昇華させた,待望…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP