[スポンサーリンク]


光触媒

  1. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

    2015年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触媒を用いた芳香環への位置選択的C-Hアミノ化反応を開発した。アレーンカチオンラジカルを活性種とした機構で進行するため、アミン側の適用が広いこ…

  2. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

    Buchwald-Hartwigアビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann D…

  3. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

    2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

  4. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する

    2016年、プリンストン大学・Robert Knowlesらは、 可視光レドックス触媒を用いることで…

  5. 二段励起型可視光レドックス触媒を用いる還元反応

    2014年、レーゲンスブルク大学・Burkhard Königらは、二段階励起によって強力な反応駆動…

  6. クロム光レドックス触媒を有機合成へ応用する

  7. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

  8. マット・ショアーズ Matthew P. Shores

  9. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する

  10. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

  11. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles

  12. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発

  13. 光触媒による水素生成効率が3%に

  14. アミロイド認識で活性を示す光触媒の開発:アルツハイマー病の新しい治療法へ

  15. 水中で光を当てると水素が湧き出るフィルム

  16. トイレから学ぶ超撥水と超親水

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupling
  2. 分子の動きを電子顕微鏡で観察
  3. カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異
  4. 秋の褒章2010-化学
  5. 第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授
  6. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement
  7. 中国産ウナギから合成抗菌剤、厚労省が検査義務づけ

注目情報

最新記事

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

PAGE TOP