[スポンサーリンク]

化学地球儀

ストックホルム市庁舎

[スポンサーリンク]

Stockholm_City_Hall.jpg

(引用:City of Stockholm)

ストックホルム市庁舎は、世界最高の栄誉であるノーベル賞の受賞記念晩餐会の会場としても知られています。

  • 概要

建築家ラグナル・エストベリの設計により、1923年に完成。「青の間」と呼ばれるスペースがノーベル賞晩餐会の会場となっている。その後、舞踏会が「黄金の間」にて開催されるのが通例である。

 

  • マップ


より大きな地図で 化学地球儀 -Chem-Station- を表示

チェックイン!

  • アルバム

  • 関連動画

  • 参考文献
  • 関連書籍
  • 関連リンク

Stockholm City Hall – Wikipedia
Virtual Tour of Stockholm City Hall
水の都ストックホルム 市庁舎
ストックホルム市庁舎 – Wikipedia
ストックホルム市庁舎
ノーベル賞授賞式
ストックホルム市庁舎 (4travel.jp)
ストックホルム市庁舎

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 韮崎大村美術館
  2. 資生堂企業資料館
  3. オカモト株式会社茨城工場
  4. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-
  5. マッチ博物館
  6. ノーベル博物館
  7. カセロネス鉱山
  8. 日本酸素記念館

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新形式の芳香族化合物を目指して~反芳香族シクロファンにおける三次元芳香族性の発現~
  2. 三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定
  3. 有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  4. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体
  5. L-RAD:未活用の研究アイデアの有効利用に
  6. グローブボックスあるある
  7. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ
  8. 第46回藤原賞、岡本佳男氏と大隅良典氏に
  9. ケムステイブニングミキサー2017へ参加しよう!
  10. 第15回 触媒の力で斬新な炭素骨格構築 中尾 佳亮講師

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

第120回の海外化学者インタビューは、リッチモンド・サーポン教授です。カリフォルニア大学バークレー校…

DNAナノ構造体が誘起・制御する液-液相分離

第274回のスポットライトリサーチは、佐藤佑介 博士にお願いしました。液-液相分離は近年の一…

常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

一般的な特長Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)は、優れた活性を示す水素還元(水添)触媒です。…

世界最高の耐久性を示すプロパン脱水素触媒

第273回のスポットライトリサーチは、北海道大学触媒科学研究所・中谷勇希さんにお願いしました。…

第119回―「腸内細菌叢の研究と化学プロテオミクス」Aaron Wright博士

第119回の海外化学者インタビューは、アーロン・ライト博士です。パシフィック・ノースウエスト国立研究…

化学者のためのエレクトロニクス講座~化合物半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

次世代電池の開発と市場予測について調査結果を発表

この程、TPC マーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、 次…

有機合成化学協会誌2020年9月号:キラルナフタレン多量体・PNNP四座配位子・π共役系有機分子・フェンタニル混入ヘロイン・プロオリゴ型核酸医薬

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年9月号がオンライン公開されました。完…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP