[スポンサーリンク]

化学地球儀

ストックホルム市庁舎

[スポンサーリンク]

Stockholm_City_Hall.jpg

(引用:City of Stockholm)

ストックホルム市庁舎は、世界最高の栄誉であるノーベル賞の受賞記念晩餐会の会場としても知られています。

  • 概要

建築家ラグナル・エストベリの設計により、1923年に完成。「青の間」と呼ばれるスペースがノーベル賞晩餐会の会場となっている。その後、舞踏会が「黄金の間」にて開催されるのが通例である。

 

  • マップ


より大きな地図で 化学地球儀 -Chem-Station- を表示

チェックイン!

  • アルバム

  • 関連動画

  • 参考文献
  • 関連書籍
  • 関連リンク

Stockholm City Hall – Wikipedia
Virtual Tour of Stockholm City Hall
水の都ストックホルム 市庁舎
ストックホルム市庁舎 – Wikipedia
ストックホルム市庁舎
ノーベル賞授賞式
ストックホルム市庁舎 (4travel.jp)
ストックホルム市庁舎

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 高峰公園
  2. 資生堂企業資料館
  3. リンダウ島インセルホール
  4. 大塚国際美術館
  5. 史跡 佐渡金山
  6. スクリプス研究所
  7. 金沢ふるさと偉人館
  8. カセロネス鉱山

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 海洋天然物パラウアミンの全合成
  2. クレメンゼン還元 Clemmensen Reduction
  3. 誰でも使えるイオンクロマトグラフ 「Eco IC」新発売:メトローム
  4. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction
  5. Semiconductor Photocatalysis: Principles and Applications
  6. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その1
  7. 「科学者の科学離れ」ってなんだろう?
  8. クロム光レドックス触媒を有機合成へ応用する
  9. ハニートラップに対抗する薬が発見される?
  10. 生体共役反応 Bioconjugation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP