[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学工場で膀胱がん、20人に…労災認定議論へ

[スポンサーリンク]

三星化学工業(東京)の福井工場(福井市)で複数の従業員らが膀胱ぼうこうがんを発症した問題で、厚生労働省は1日、発がん性物質「オルト―トルイジン」を取り扱っていたとされる76事業所のうち、9事業所で計20人が膀胱がんを発症していたとする調査結果を発表した。  (引用:読売新聞6月2日)

 

厚生労働省の調査結果を確認したところ、作業者は、防毒マスクと耐薬品製のゴム手袋を装備していても、尿中からオルト-トルイジンが検出されている一方で、手袋を二重にして作業にした作業者からはオルト-トルイジンが検出されなかったことから短期間、少量の皮膚接触でもオルト-トルイジンが吸収されている可能性あります。

膀胱ぼうこうがんを発症しているのは工場での作業員の方々ですが、研究室で使っている場合にも、他人事だと思わずに対策を講じるべきです。

オルト-トルイジン誘導体を使わないことが最も安全な対策ですが、やむおえず使わなければならない場合には、使い捨てのニトリル手袋の上に厚手のゴム手袋を使用し、作業後はしっかりと手首を洗うことが必要があると考えられます。さらに、溶液が白衣などについてしまった場合にはすぐに着替え、汚染された服は、専門のクリーニング業者にオルト-トルイジンが付着していることを伝えた上でクリーニングを依頼すべきだと考えられます。

さらに汚染されている可能性があるすべての場所を掃除する際にも実験中と同じ保護器具をつけて掃除をする必要があると言えます。

オルト-トルイジンについては、以前にもケムステニュースで紹介しましたのでそちらも御覧ください。

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発
  2. 観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能に…
  3. 大分の高校生が特許を取得!
  4. イチゴ生育に燃料電池
  5. 「不斉化学」の研究でイタリア化学会主催の国際賞を受賞-東理大硤合…
  6. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場
  7. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  8. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リンダウ会議に行ってきた②
  2. 世界初!うつ病が客観的に診断可能に!?
  3. 資生堂企業資料館
  4. 「化学五輪」準備組織が発足、委員長に野依氏
  5. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann Cyclization
  6. 「花粉のつきにくいスーツ」登場
  7. 透明金属が拓く驚異の世界 不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術
  8. ネイチャー論文で絶対立体配置の”誤審”
  9. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏
  10. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—X 結合で切る

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Zoomオンライン革命!

概要“実際に会う"という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていませんか?オンライン会…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP