[スポンサーリンク]


有機金属

  1. その置換基、パラジウムと交換しませんか?

    パラジウム触媒を用いたシクロペンテン誘導体の1,4-不斉フルオロアリール化反応が報告された。反応の過程でパラジウムの1,2-ジオトロピー転位の進行が示唆されている。予期せぬジオトロピー転位の発見ジオトロピー転位は、分子内の2つのσ結…

  2. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授

    第128回の海外化学者インタビューはジョージ・スタンレー教授です。ルイジアナ州立大学化学科に所属し、…

  3. 第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

    第5回もまだ終わっていないですが、第6回ケムステVシンポの開催告知です。今回は、タイトルにあ…

  4. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応

    2019年新年1回目、トータルで第176回のスポットライトリサーチは、北海道大学工学研究院の伊藤肇研…

  5. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング

    ニッケル触媒による芳香族アミンとボロン酸エステルとの鈴木―宮浦型カップリングが開発された。2価のニッ…

  6. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

  7. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

  8. 環サイズを選択できるジアミノ化

  9. シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

  10. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する

  11. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する

  12. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  13. NMR in Organometallic Chemistry

  14. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

  15. トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) Trifluoroacetate

  16. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 但馬 敬介 Keisuke TAJIMA
  2. 研究者のためのCG作成術②(VESTA編)
  3. 創薬に求められる構造~sp3炭素の重要性~
  4. YMC「水素吸蔵合金キャニスター」:水素を安全・効率的に所有!
  5. ゼナン・バオ Zhenan Bao
  6. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers
  7. スティーヴンス転位 Stevens Rearrangement

注目情報

最新記事

元素手帳2022

毎年これが届くと、ああもう今年も終わりかあと思うようになりました。そう、読者…

ダイセル発、にんにく由来の機能性表示食品「S-アリルシステイン」

株式会社ダイセルは、カラダの疲れを感じている方のための機能性表示食品「S-アリルシステイン」を消費者…

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

PAGE TOP