[スポンサーリンク]


有機金属

  1. 配位子を着せ替え!?クロースカップリング反応

    三級アルキルブロミドと種々のアリール求電子剤とのクロスカップリング反応が開発された。ニッケルの配位子を系中で交換させることがC–C結合形成の鍵である。ニッケル触媒を用いた求電子剤同士のクロスカップリング反応求電子剤同士でのクロスカッ…

  2. アザヘテロ環をあざとく作ります

    パラジウム触媒を用いた逐次的な分子内アザヘック/C–Hアリール化反応による含窒素多環式骨格の構築法が…

  3. その置換基、パラジウムと交換しませんか?

    パラジウム触媒を用いたシクロペンテン誘導体の1,4-不斉フルオロアリール化反応が報告された。反応の過…

  4. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授

    第128回の海外化学者インタビューはジョージ・スタンレー教授です。ルイジアナ州立大学化学科に所属し、…

  5. 第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

    第5回もまだ終わっていないですが、第6回ケムステVシンポの開催告知です。今回は、タイトルにあ…

  6. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応

  7. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング

  8. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

  9. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

  10. 環サイズを選択できるジアミノ化

  11. シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

  12. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する

  13. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する

  14. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  15. NMR in Organometallic Chemistry

  16. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 付設展示会に行こう!ー和光純薬編ー
  2. プロジェクトディレクトリについて
  3. 第158回―「導電性・光学特性を備える超分子らせん材料の創製」Narcis Avarvari教授
  4. 有機機能材料 基礎から応用まで
  5. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発
  6. トコジラミの話 最新の状況まとめ(2023年版)
  7. プロペンを用いたpiericidin Aの収束的短工程合成

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP