[スポンサーリンク]


有機金属

  1. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授

    第128回の海外化学者インタビューはジョージ・スタンレー教授です。ルイジアナ州立大学化学科に所属し、新しい均一系バイメタル触媒と触媒プロセスの開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。 (さらに…)…

  2. 第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

    第5回もまだ終わっていないですが、第6回ケムステVシンポの開催告知です。今回は、タイトルにあ…

  3. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応

    2019年新年1回目、トータルで第176回のスポットライトリサーチは、北海道大学工学研究院の伊藤肇研…

  4. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング

    ニッケル触媒による芳香族アミンとボロン酸エステルとの鈴木―宮浦型カップリングが開発された。2価のニッ…

  5. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

    アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

  6. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

  7. 環サイズを選択できるジアミノ化

  8. シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

  9. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する

  10. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する

  11. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  12. NMR in Organometallic Chemistry

  13. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

  14. トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) Trifluoroacetate

  15. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒

  16. グリニャール反応 Grignard Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 超分子ポリマーを精密につくる
  2. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する
  3. 原油高騰 日本企業直撃の恐れ
  4. 2012年10大化学ニュース【前編】
  5. サーバーを移転しました
  6. 保護基のお話
  7. ご注文は海外大学院ですか?〜出願編〜

注目情報

最新記事

フェノール類を選択的に加水素分解する新触媒を開発:リグニンから芳香族炭化水素へ

第316回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻(野崎研究室)・金…

【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

これからの理系の転職について考えてみた

Employability(エンプロイアビリティ)という言葉をご存じでしょうか。…

日本で始まる最先端半導体の開発 ~多くの素材メーカーが参画~

半導体の受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が茨城県つくば市に研究開発拠点を新設し、最…

「リチウムイオン電池用3D炭素電極の開発」–Caltech・Greer研より

久々のケムステ海外研究記です。第40回はカリフォルニア工科大学(Caltech)材料科学科のPhD課…

PAGE TOP