[スポンサーリンク]


有機金属

  1. 配位子を着せ替え!?クロースカップリング反応

    三級アルキルブロミドと種々のアリール求電子剤とのクロスカップリング反応が開発された。ニッケルの配位子を系中で交換させることがC–C結合形成の鍵である。ニッケル触媒を用いた求電子剤同士のクロスカップリング反応求電子剤同士でのクロスカッ…

  2. アザヘテロ環をあざとく作ります

    パラジウム触媒を用いた逐次的な分子内アザヘック/C–Hアリール化反応による含窒素多環式骨格の構築法が…

  3. その置換基、パラジウムと交換しませんか?

    パラジウム触媒を用いたシクロペンテン誘導体の1,4-不斉フルオロアリール化反応が報告された。反応の過…

  4. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授

    第128回の海外化学者インタビューはジョージ・スタンレー教授です。ルイジアナ州立大学化学科に所属し、…

  5. 第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

    第5回もまだ終わっていないですが、第6回ケムステVシンポの開催告知です。今回は、タイトルにあ…

  6. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応

  7. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング

  8. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

  9. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

  10. 環サイズを選択できるジアミノ化

  11. シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

  12. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する

  13. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する

  14. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  15. NMR in Organometallic Chemistry

  16. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 土釜 恭直 Kyoji Tsuchikama
  2. セミナーチャンネルを開設
  3. スターバースト型分子、ヘキサアリールベンゼン合成の新手法
  4. 鋳型合成 Templated Synthesis
  5. 熱分析 Thermal analysis
  6. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe
  7. 中国へ講演旅行へいってきました①

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP