[スポンサーリンク]


有機金属

  1. 第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

    第5回もまだ終わっていないですが、第6回ケムステVシンポの開催告知です。今回は、タイトルにあるように「金属錯体触媒」をテーマとして開催することとなりました。実はこの企画、第4回と同じく、CSJカレントレビューとのコラボレーション企画…

  2. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応

    2019年新年1回目、トータルで第176回のスポットライトリサーチは、北海道大学工学研究院の伊藤肇研…

  3. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング

    ニッケル触媒による芳香族アミンとボロン酸エステルとの鈴木―宮浦型カップリングが開発された。2価のニッ…

  4. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

    アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

  5. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

    CO2とニッケル触媒、マンガンを用いた1,3-ジエンの位置選択的な1,4-ジカルボキシル化反応が開発…

  6. 環サイズを選択できるジアミノ化

  7. シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

  8. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する

  9. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する

  10. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  11. NMR in Organometallic Chemistry

  12. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

  13. トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) Trifluoroacetate

  14. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒

  15. グリニャール反応 Grignard Reaction

  16. 有機合成のための遷移金属触媒反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 微生物細胞に優しいバイオマス溶媒 –カルボン酸系双性イオン液体の開発–
  2. 褐色の要因となる巨大な光合成膜タンパク質複合体の立体構造の解明
  3. JEOL RESONANCE「UltraCOOL プローブ」: 極低温で感度MAX! ①
  4. モリブデン触媒
  5. 呉羽化学、社名を「クレハ」に
  6. マット・シグマン Matthew S. Sigman
  7. 『分子標的』に期待

注目情報

最新記事

パーソナル有機合成装置 EasyMax 402 をデモしてみた

合成装置といえばなにを思い浮かべるでしょうか?いま話題のロボット科学者?それともカップリング…

湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見

第277回のスポットライトリサーチは、筑波大学 数理物質系 山本研究室 助教の山岸 洋(やまぎし ひ…

【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

第46回目の研究者インタビューです。今回のインタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者の一人であ…

【山口代表も登壇!!】10/19-11/18ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE-

「ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINEー(主催:株式会社化学工業日報社)」は、未来に向…

PAGE TOP