[スポンサーリンク]


有機金属

  1. 第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

    第5回もまだ終わっていないですが、第6回ケムステVシンポの開催告知です。今回は、タイトルにあるように「金属錯体触媒」をテーマとして開催することとなりました。実はこの企画、第4回と同じく、CSJカレントレビューとのコラボレーション企画…

  2. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応

    2019年新年1回目、トータルで第176回のスポットライトリサーチは、北海道大学工学研究院の伊藤肇研…

  3. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング

    ニッケル触媒による芳香族アミンとボロン酸エステルとの鈴木―宮浦型カップリングが開発された。2価のニッ…

  4. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

    アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

  5. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

    CO2とニッケル触媒、マンガンを用いた1,3-ジエンの位置選択的な1,4-ジカルボキシル化反応が開発…

  6. 環サイズを選択できるジアミノ化

  7. シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

  8. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する

  9. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する

  10. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  11. NMR in Organometallic Chemistry

  12. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

  13. トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) Trifluoroacetate

  14. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒

  15. グリニャール反応 Grignard Reaction

  16. 有機合成のための遷移金属触媒反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ナノってなんて素敵ナノ
  2. 含ケイ素三重結合化合物(Si≡Mo、Si≡C)
  3. ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjanov Rearrangement
  4. グレッグ・フー Gregory C. Fu
  5. マイケル付加 Michael Addition
  6. クロスカップリング反応にかけた夢:化学者たちの発見物語
  7. 水から電子を取り出す実力派触媒の登場!

注目情報

最新記事

電気化学ことはじめ(1) 何が必要なの??

化学の中で酸化還元反応というのは非常によく出てくるトピックであり、高校でも水の電気分解から電気化学系…

【書籍】電気化学インピーダンス 数式と計算で理解する基礎理論

(↓kindle版)概要インピーダンス測定の結果をいかに解釈すべきか.その理…

国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当…

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

PAGE TOP