[スポンサーリンク]

C

コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpach Quinoline Synthesis

 

概要

アニリンとβ-ケトエステルから脱水縮合によりヒドロキシキノリンを合成する手法。

基本文献

  • Conrad, M.; Limpach, L. Ber. 1887, 20, 944.
  • Conrad, M.; Limpach, L. Ber. 1891, 24, 2990.
  • Manske, R. H. Chem. Rev. 1942, 30, 121.
  • Reitsema, R. H. Chem. Rev. 1948, 43, 47.

 

反応機構

conrad_limpach_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ウルツ反応 Wurtz Reaction
  2. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenat…
  3. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkin…
  4. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Sol…
  5. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demer…
  6. ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Iso…
  7. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxind…
  8. ウギ反応 Ugi Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis
  2. ハウアミンAのラージスケール合成
  3. 杏林製薬、ノバルティス社と免疫抑制剤「KRP-203」に関するライセンス契約を締結
  4. カラス不審死シアノホス検出:鳥インフルではなし
  5. イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発
  6. ロナルド・ブレズロウ Ronald Breslow
  7. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁
  8. 化学研究ライフハック :RSSリーダーで新着情報をチェック!2015年版
  9. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)
  10. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚志 博士

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP