[スポンサーリンク]

C

コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpach Quinoline Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

アニリンとβ-ケトエステルから脱水縮合によりヒドロキシキノリンを合成する手法。

基本文献

  • Conrad, M.; Limpach, L. Ber. 1887, 20, 944.
  • Conrad, M.; Limpach, L. Ber. 1891, 24, 2990.
  • Manske, R. H. Chem. Rev. 1942, 30, 121.
  • Reitsema, R. H. Chem. Rev. 1948, 43, 47.

 

反応機構

conrad_limpach_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

関連記事

  1. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reage…
  2. ベンジル酸転位 Benzilic Acid Rearrangem…
  3. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine
  4. ジェイコブセン速度論的光学分割加水分解 Jacobsen Hyd…
  5. マイヤー・シュスター転位/ループ転位 Meyer-Schuste…
  6. 内部アルコキシ効果 Inside Alkoxy Effect
  7. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Prot…
  8. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-L…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (準備編)
  2. Retraction watch リトラクション・ウオッチ
  3. 有機合成化学協会誌6月号:ポリフィリン・ブチルアニリド・ヘテロ環合成・モノアシル酒石酸触媒・不斉ヒドロアリール化・機能性ポリペプチド
  4. 阪大・プリンストン大が発見、”高温”でも超伝導
  5. 有機合成化学協会誌2021年3月号:水素抽出型化学変換・環骨格一挙構築・新規アルコキシメチル基・π拡張非交互炭化水素・フローマイクロリアクター
  6. ヘゲダス遷移金属による有機合成
  7. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty
  8. 2012年イグノーベル賞発表!
  9. 電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応
  10. 第四回Vプレミアレクチャー「金属錯体を利用した光化学アップコンバージョン」を開催します!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

注目情報

最新記事

ピレスロイド系殺虫剤のはなし~追加トピック~

Tshozoです。先日TL上でちょっと気になる話を見ましたでございますのよhttps://t…

ライトケミカル工業2024卒採用情報

当社の技術部は、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化学の生…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカルは、化学メーカーが開発した化学製品の生産をお手伝いする会社です。受託生産からスケールア…

E.・ピーター・グリーンバーグ E. Peter Greenberg

E・ピーター・グリーンバーグ(Everett Peter Greenberg, 1948年11月7日…

「フント則を破る」励起一重項と三重項のエネルギーが逆転した発光材料

第421回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻 中山研究室の相澤 直矢(…

研究のプロフェッショナルに囲まれて仕事をしたい 大学助教の願いを実現した「ビジョンマッチング」

「アカデミアから民間への移籍は難しい」「民間企業にアカデミアの研究者はな…

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP