[スポンサーリンク]

C

コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpach Quinoline Synthesis

 

概要

アニリンとβ-ケトエステルから脱水縮合によりヒドロキシキノリンを合成する手法。

基本文献

  • Conrad, M.; Limpach, L. Ber. 1887, 20, 944.
  • Conrad, M.; Limpach, L. Ber. 1891, 24, 2990.
  • Manske, R. H. Chem. Rev. 1942, 30, 121.
  • Reitsema, R. H. Chem. Rev. 1948, 43, 47.

 

反応機構

conrad_limpach_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ボイヤー・シュミット・オーブ転位 Boyer-Schmidt-A…
  2. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alk…
  3. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ket…
  4. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reage…
  5. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reacti…
  6. アッペル反応 Appel Reaction
  7. 生体共役反応 Bioconjugation
  8. ゴールドバーグ アミノ化反応 Goldberg Aminatio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 超音波有機合成 Sonication in Organic Synthesis
  2. 化学者の卵、就職活動に乗りだす
  3. 家庭での食品保存を簡単にする新製品「Deliéa」
  4. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン
  5. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  6. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  7. 化学研究ライフハック:ソーシャルブックマークを活用しよう!
  8. 有機合成化学の豆知識botを作ってみた
  9. 印民間で初の17億ドル突破、リライアンスの前3月期純益
  10. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、充電するたびに自己修復を繰り返し、電池性能の劣化を防ぐ…

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP