[スポンサーリンク]


酵素

  1. 環状ペプチドの効率的な化学-酵素ハイブリッド合成法の開発

    第494回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院生命科学院 天然物化学研究室(脇本研究室) 博士課程学生の小林 雅和さんにお願いしました。ペプチドは複数のアミノ酸がペプチド結合によって連結している鎖状の分子です。ペプチドが分子内で…

  2. 酵素触媒反応の生成速度を考えるー阻害剤入りー

    hodaです。以前、酵素触媒反応の生成速度を考える-ミカエリス・メンテン機構-という記事を書きました…

  3. 日常臨床検査で測定する 血清酵素の欠損症ーChemical Times 特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  4. シトクロムP450 BM3

    昨年(2019年)のノーベル賞はF. H. Arnoldに授与されることが発表され、ケムステでも毎年…

  5. 酵素触媒反応の生成速度を考える―ミカエリス・メンテン機構―

    hodaです。酵素はすごい触媒だなあと思っています。今回は学部の物理化学等で学ぶ、酵素触媒反応に…

  6. 米陸軍に化学薬品検出スプレーを納入へ

  7. 抗薬物中毒活性を有するイボガイン類の生合成

  8. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

  9. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

  10. スナップタグ SNAP-tag

  11. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

  12. 磁力で生体触媒反応を制御する

  13. 酵素の真実!?

  14. イー・タン Yi Tang

  15. テッド・ベグリーTadhg P. Begley

  16. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応
  2. 2023年ノーベル化学賞ケムステ予想当選者発表!
  3. ケムステ国際版・中国語版始動!
  4. ALSの新薬「ラジカット」試してます
  5. 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発
  6. ボリルメタン~メタンの触媒的ホウ素化反応
  7. ポンコツ博士の海外奮闘録③ 〜博士,車を買う~

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP