[スポンサーリンク]


酵素

  1. 酵素触媒反応の生成速度を考えるー阻害剤入りー

    hodaです。以前、酵素触媒反応の生成速度を考える-ミカエリス・メンテン機構-という記事を書きました。以前考えたミカエリス・メンテン機構では、酵素と基質の反応は阻害されないと考えていました。今回は酵素などの働きを阻害する阻害剤を入れ、前回よ…

  2. 日常臨床検査で測定する 血清酵素の欠損症ーChemical Times 特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  3. シトクロムP450 BM3

    昨年(2019年)のノーベル賞はF. H. Arnoldに授与されることが発表され、ケムステでも毎年…

  4. 酵素触媒反応の生成速度を考える―ミカエリス・メンテン機構―

    hodaです。酵素はすごい触媒だなあと思っています。今回は学部の物理化学等で学ぶ、酵素触媒反応に…

  5. 米陸軍に化学薬品検出スプレーを納入へ

    米センサー・システムのフリアーシステムズは、化学兵器として使用されるマスタードガスなどを検出するスプ…

  6. 抗薬物中毒活性を有するイボガイン類の生合成

  7. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

  8. ニコラス-ターナー Nicholas Turner

  9. スナップタグ SNAP-tag

  10. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

  11. 磁力で生体触媒反応を制御する

  12. 酵素の真実!?

  13. イー・タン Yi Tang

  14. テッド・ベグリーTadhg P. Begley

  15. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla

  16. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh

スポンサー

ピックアップ記事

  1. C&EN コラム記事 ~Bench & Cubicle~
  2. ガンマ線によるpHイメージングに成功 -スピンを用いて化学状態を非侵襲で観測-
  3. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する
  4. 高橋 大介 Daisuke Takahashi
  5. シランカップリング剤入門【終了】
  6. リッチー・サーポン Richmond Sarpong
  7. ホウ素でがんをやっつける!

注目情報

最新記事

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

PAGE TOP