[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla

[スポンサーリンク]

 

チャイタン・コシュラ(Chaitan Khosla, 19xx年xx月xx日生-)は、アメリカの天然物化学者。インド出身。スタンフォード大学教授

 

経歴

1985 B.Tech., Indian Institute of Technology

1990 Ph.D. California Institute of Technology

1990-1991 Postdoctoral, John Innes Centre, U.K.

受賞歴

1991 Dreyfus New Investigator Award

1994-1999 NSF Young Investigator Award

1994-1999 Packard Fellowship for Science and Engineering

1997 AIChE Allan P. Colburn Award

1999 ACS Lilly Award in Biological Chemistry

1999 NSF Alan T. Waterman Award

2000 ACS Pure Chemistry Award, 2000

2000 Caltech Distinguished Alumni Award

2006 AAAS Fellow, American Association for the Advancement of Science

 

 

研究

type I PKSの研究で有名。まだ40歳代だが、すでに大きな仕事をいくつも成し遂げている。

現在のKhosla教授のresearch interestは主に次の3つ。

1. type1 polyketideの生合成

2. セリアック病(celiac disease)の治療

3. バイオ燃料

 

関連動画

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altman…
  2. ヨン・ピエール Jorn Piel
  3. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar
  4. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka
  5. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  6. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty
  7. ジャクリン・バートン Jacqueline K. Barton
  8. エリック・メガース Eric Meggers

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 三中心四電子結合とは?
  2. 積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求
  3. 富士フイルムが医薬事業に本格参入
  4. Pallambins A-Dの不斉全合成
  5. 水素結合水H4O
  6. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chirogenic Phosphine
  7. 5社とも増収 経常利益は過去最高
  8. アクリルアミド /acrylamide
  9. 有機化学1000本ノック【命名法編】【立体化学編】
  10. 製薬会社のテレビCMがステキです

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」

およそ3000誌のジャーナル編集ポリシーをまとめたデータベース「Transpose」が、この6月に公…

有機合成化学協会誌2019年9月号:炭素–水素結合ケイ素化・脱フッ素ホウ素化・Chemically engineered extracts・クロロアルケン・ニトレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年9月号がオンライン公開されました。ま…

塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP