[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla

[スポンサーリンク]

 

チャイタン・コシュラ(Chaitan Khosla, 19xx年xx月xx日生-)は、アメリカの天然物化学者。インド出身。スタンフォード大学教授

 

経歴

1985 B.Tech., Indian Institute of Technology

1990 Ph.D. California Institute of Technology

1990-1991 Postdoctoral, John Innes Centre, U.K.

受賞歴

1991 Dreyfus New Investigator Award

1994-1999 NSF Young Investigator Award

1994-1999 Packard Fellowship for Science and Engineering

1997 AIChE Allan P. Colburn Award

1999 ACS Lilly Award in Biological Chemistry

1999 NSF Alan T. Waterman Award

2000 ACS Pure Chemistry Award, 2000

2000 Caltech Distinguished Alumni Award

2006 AAAS Fellow, American Association for the Advancement of Science

 

 

研究

type I PKSの研究で有名。まだ40歳代だが、すでに大きな仕事をいくつも成し遂げている。

現在のKhosla教授のresearch interestは主に次の3つ。

1. type1 polyketideの生合成

2. セリアック病(celiac disease)の治療

3. バイオ燃料

 

関連動画

 

外部リンク

ゼロ

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  2. キャリー・マリス Kary Banks Mullis
  3. ジョン・フェン John B. Fenn
  4. 上村 大輔 Daisuke Uemura
  5. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony …
  6. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen
  7. 林松 Song Lin
  8. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 熱分析 Thermal analysis
  2. rhodomolleins XX と XXIIの全合成
  3. 最期の病:悪液質
  4. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (PTC)
  5. 中村栄一 Eiichi Nakamura
  6. マット・シェア Matthew D. Shair
  7. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupling
  8. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)
  9. ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-Zelinsky Reaction
  10. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

パーソナル有機合成装置 EasyMax 402 をデモしてみた

合成装置といえばなにを思い浮かべるでしょうか?いま話題のロボット科学者?それともカップリング…

湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見

第277回のスポットライトリサーチは、筑波大学 数理物質系 山本研究室 助教の山岸 洋(やまぎし ひ…

【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

第46回目の研究者インタビューです。今回のインタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者の一人であ…

【山口代表も登壇!!】10/19-11/18ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE-

「ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINEー(主催:株式会社化学工業日報社)」は、未来に向…

「誰がそのシャツを縫うんだい」~新材料・新製品と廃棄物のはざま~ 2

Tshozoです。前回の続き、②リチウムイオン電池についてです。なおこの関連の技術は進化が非常に早く…

炊きたてご飯の香り成分測定成功、米化学誌に発表 福井大学と福井県農業試験場

 福井大学と福井県農業試験場は、これまで難しいとされていた炊きたてご飯の香り成分の測定に成功したと米…

化学者のためのエレクトロニクス講座~配線技術の変遷編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP