[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla

[スポンサーリンク]

 

チャイタン・コシュラ(Chaitan Khosla, 19xx年xx月xx日生-)は、アメリカの天然物化学者。インド出身。スタンフォード大学教授

 

経歴

1985 B.Tech., Indian Institute of Technology

1990 Ph.D. California Institute of Technology

1990-1991 Postdoctoral, John Innes Centre, U.K.

受賞歴

1991 Dreyfus New Investigator Award

1994-1999 NSF Young Investigator Award

1994-1999 Packard Fellowship for Science and Engineering

1997 AIChE Allan P. Colburn Award

1999 ACS Lilly Award in Biological Chemistry

1999 NSF Alan T. Waterman Award

2000 ACS Pure Chemistry Award, 2000

2000 Caltech Distinguished Alumni Award

2006 AAAS Fellow, American Association for the Advancement of Science

 

 

研究

type I PKSの研究で有名。まだ40歳代だが、すでに大きな仕事をいくつも成し遂げている。

現在のKhosla教授のresearch interestは主に次の3つ。

1. type1 polyketideの生合成

2. セリアック病(celiac disease)の治療

3. バイオ燃料

 

関連動画

 

外部リンク

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. ハリー・グレイ Harry B. Gray
  2. 村井 眞二 Shinji Murai
  3. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek
  4. 黎书华 Shuhua Li
  5. 国武 豊喜 Toyoki Kunitake
  6. フランク・グローリアス Frank Glorius
  7. 秋吉一成 Akiyoshi Kazunari
  8. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 教員公募
  2. 富士写、化学材料を事業化
  3. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化
  4. デレピン アミン合成 Delepine Amine Synthesis
  5. 自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開
  6. 酸素を使った触媒的Dess–Martin型酸化
  7. ドナルド・トマリア Donald Tomalia
  8. 1次面接を突破するかどうかは最初の10分で決まる
  9. 京都の高校生の学術論文が優秀賞に輝く
  10. 有機合成化学協会誌2021年9月号:ストリゴラクトン・アミド修飾アリル化剤・液相電解自動合成・ビフェニレン・含窒素複素環

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2012年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP