[スポンサーリンク]


ノーベル賞

  1. 令和4年度(2022年度)リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業募集開始のお知らせ

    リンダウ・ノーベル賞受賞者会議への参加者を募集しています。本会議は、世界各地の若手研究者の育成を目的として1951年に開設され、毎年ドイツのリンダウ市において1週間程度の日程で開催されています。毎回30名程度のノーベル賞受賞者が招か…

  2. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表

    9月26日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2019年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

  3. 免疫の生化学 (1) 2018年ノーベル医学賞解説

    私事ですが4月より大学院生になり、最近は生物学を勉強しています。学部1、…

  4. 平成をケムステニュースで振り返る

    平成の時代が幕を閉じ、令和の時代が始まりました。そこでケムステニュースとともに平成でどのようなことが…

  5. イグ・ノーベル賞の世界展に行ってきました

    本年のノーベル賞の発表の興奮も冷めやらぬ中、2008年にノーベル化学賞をご受賞された下村脩先生の訃報…

  6. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

  7. ストックホルム国際青年科学セミナー・2018年の参加学生を募集開始

  8. 指向性進化法 Directed Evolution

  9. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に!

  10. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

  11. 無限の可能性を秘めたポリマー

  12. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より

  13. ノーベル賞化学者と語り合おう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」募集開始

  14. スタチンのふるさとを訪ねて

  15. 誤った科学論文は悪か?

  16. ノーベル街道起点

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Ph.D. Comics – Piled Higher and Deeper
  2. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  3. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—C 結合で切る
  4. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz
  5. 第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士
  6. 良質な論文との出会いを増やす「新着論文リコメンデーションシステム」
  7. トム・スタイツ Thomas A. Steitz

注目情報

最新記事

可視光全域を利用できるレドックス光増感剤

東京工業大学 理学院 化学系の玉置悠祐助教、入倉茉里大学院生および石谷治教授は、新たに合成したオスミ…

【ジーシー】新卒採用情報(2023卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

有機合成のための新触媒反応101

(さらに…)…

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解ニッケルめっき編~

この化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDなど、エレク…

その病気、市販薬で治せます

(さらに…)…

PAGE TOP