[スポンサーリンク]


ノーベル賞

  1. 2022年ノーベル化学賞ケムステ予想当選者発表!

    2022ノーベル化学賞が発表されました。「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発。なんと2年連続の有機化学となりました。いままで5,6年ペースを保っっていた有機化学が来たことによって、予想も大混乱…

  2. 【速報】2022年ノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」へ!

    2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス…

  3. 令和4年度(2022年度)リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業募集開始のお知らせ

    リンダウ・ノーベル賞受賞者会議への参加者を募集しています。本会議は、世界各地の若手研究者の育…

  4. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表

    9月26日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2019年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

  5. 免疫の生化学 (1) 2018年ノーベル医学賞解説

    私事ですが4月より大学院生になり、最近は生物学を勉強しています。学部1、…

  6. 平成をケムステニュースで振り返る

  7. イグ・ノーベル賞の世界展に行ってきました

  8. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

  9. ストックホルム国際青年科学セミナー・2018年の参加学生を募集開始

  10. 指向性進化法 Directed Evolution

  11. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に!

  12. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

  13. 無限の可能性を秘めたポリマー

  14. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より

  15. ノーベル賞化学者と語り合おう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」募集開始

  16. スタチンのふるさとを訪ねて

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 触媒量の金属錯体でリビング開環メタセシス重合を操る
  2. Gabriel試薬類縁体
  3. 第一三共 抗インフルエンザ薬を承認申請
  4. 標的指向、多様性指向合成を目指した反応
  5. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応
  6. 第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授
  7. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello

注目情報

最新記事

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成

第446回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 高分子化学研究室(…

PAGE TOP