[スポンサーリンク]


ノーベル賞

  1. 2022年ノーベル化学賞ケムステ予想当選者発表!

    2022ノーベル化学賞が発表されました。「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発。なんと2年連続の有機化学となりました。いままで5,6年ペースを保っっていた有機化学が来たことによって、予想も大混乱…

  2. 【速報】2022年ノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」へ!

    2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス…

  3. 令和4年度(2022年度)リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業募集開始のお知らせ

    リンダウ・ノーベル賞受賞者会議への参加者を募集しています。本会議は、世界各地の若手研究者の育…

  4. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表

    9月26日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2019年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

  5. 免疫の生化学 (1) 2018年ノーベル医学賞解説

    私事ですが4月より大学院生になり、最近は生物学を勉強しています。学部1、…

  6. 平成をケムステニュースで振り返る

  7. イグ・ノーベル賞の世界展に行ってきました

  8. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

  9. ストックホルム国際青年科学セミナー・2018年の参加学生を募集開始

  10. 指向性進化法 Directed Evolution

  11. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に!

  12. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

  13. 無限の可能性を秘めたポリマー

  14. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より

  15. ノーベル賞化学者と語り合おう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」募集開始

  16. スタチンのふるさとを訪ねて

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 分子の点群を帰属する
  2. 2009年度日本学士院賞、化学では竜田教授が受賞
  3. アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)
  4. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis
  5. ロナルド・ブレズロウ Ronald Breslow
  6. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~
  7. 電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

注目情報

最新記事

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

PAGE TOP