[スポンサーリンク]


ノーベル賞

  1. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表

    9月26日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2019年の引用栄誉賞が発表されました。この賞は、Web of Scienceの論文引用データをもとに、医学・生理学、物理学、化学、経済学分野において、特に影響力のある研究者に対して…

  2. 平成をケムステニュースで振り返る

    平成の時代が幕を閉じ、令和の時代が始まりました。そこでケムステニュースとともに平成でどのようなことが…

  3. イグ・ノーベル賞の世界展に行ってきました

    本年のノーベル賞の発表の興奮も冷めやらぬ中、2008年にノーベル化学賞をご受賞された下村脩先生の訃報…

  4. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

    9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

  5. ストックホルム国際青年科学セミナー・2018年の参加学生を募集開始

    今年も国際科学技術財団のストックホルム国際青年科学セミナー(Stockholm Internatio…

  6. 指向性進化法 Directed Evolution

  7. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に!

  8. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

  9. 無限の可能性を秘めたポリマー

  10. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より

  11. ノーベル賞化学者と語り合おう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」募集開始

  12. スタチンのふるさとを訪ねて

  13. 誤った科学論文は悪か?

  14. ノーベル街道起点

  15. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl

  16. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Google翻訳の精度が飛躍的に向上!~その活用法を考える~
  2. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate
  3. ケージ内で反応を進行させる超分子不斉触媒
  4. 複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明
  5. 遷移金属を用いない脂肪族C-H結合のホウ素化
  6. ナフサ、25年ぶり高値・4―6月国産価格
  7. 99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

PAGE TOP