[スポンサーリンク]


ノーベル賞

  1. ノーベル賞化学者と語り合おう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」募集開始

    ドイツの保養地リンダウで毎年開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Lindau Nobel Laureate Meeting)。多数のノーベル賞学者が一同に会し、科学者の卵たちと交流するという、国際的なアカデミックイベントの一つです。…

  2. スタチンのふるさとを訪ねて

    スタチンはメバロン酸経路の律速酵素であるHMG-CoA還元酵素を阻害して強いコレステロール低下作用を…

  3. 誤った科学論文は悪か?

    世間を狂乱の世界に陥れた、Nature誌への論文掲載から始まったSTAP細胞問題から早二年が過ぎまし…

  4. ノーベル街道起点

    ノーベル街道起点は富山県富山市にある富山ライトレール富山港線の岩瀬浜駅の近くに位置する国道41号線の…

  5. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl

    トマス・ロバート・リンダール (Tomas Robert Lindahl、1938年1月28日-)は…

  6. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich

  7. 【速報】2015年ノーベル化学賞は「DNA修復機構の解明」に!

  8. ウィリアム・キャンベル William C. Campbell

  9. 投票!2015年ノーベル化学賞は誰の手に??

  10. ノーベル化学賞まとめ

  11. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター

  12. 「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか

  13. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー性能向上・量産化編

  14. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー基礎的な研究背景編

  15. ノーベル週間にスウェーデンへ!若手セミナー「SIYSS」に行こう!

  16. マックス・プランク Max Planck

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 太陽ホールディングスってどんな会社?
  2. シュレンクフラスコ(Schlenk flask)
  3. ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
  4. 高校生の「化学五輪」、2010年は日本で開催
  5. スピノシン spinosyn
  6. 実験室の笑える?笑えない!事故実例集
  7. 太陽光変換効率10%での人工光合成を達成

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

PAGE TOP