[スポンサーリンク]

会告

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

[スポンサーリンク]

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。
HOPEミーティングは、アジア・太平洋・アフリカ地域の博士課程学生及び若手研究者が、ノーベル賞受賞者をはじめとする著名研究者や同年代の研究者と交流する日本学術振興会(JSPS) 主催の合宿形式の会議です。
参加費は無料で、国内所属機関から会場への往復交通費と、会議期間中の宿泊費、食費等を日本学術振興会が負担します。

申込みはこちら

第16回HOPEミーティング

概要

主催:独立行政法人 日本学術振興会(JSPS)
開催地:神奈川県横浜市(予定)
日程:2025年3月9日(日)~13日(木)
※このうち3月9日(日)は「Nobel Prize Dialogue Tokyo」に参加
応募締切:2024年9月9日(月)17:00

対象者

博士課程(後期)学生
博士の学位取得後5年未満の若手研究者
(詳細は募集要項をご確認ください)

主なプログラム

ノーベル賞受賞者等、著名研究者による講演、講演者を囲んでのセミナー形式のグループディスカッション、参加者によるポスター発表、そして文化プログラムや研究施設見学等です。前回の第15回HOPEミーティングでは、ノーベル化学賞受賞者のモーテン・メルダル先生(2022年)、デイヴィッド・W・C・マクミラン先生(2021年)、シュテファン・W・ヘル先生(2014年)がご講演されました。ポスターセッションでは、自身の研究についてノーベル賞受賞者と議論することができます。

第5回第6回 HOPEミーティングに参加した方の体験レポートもありますので、興味のある方は是非御覧ください。

募集要項

下記リンクを参照下さい。
https://www.jsps.go.jp/j-hope/boshu.html

英語の鍛錬にもなりますし、博士課程学生・博士の学位取得後5年未満の若手研究者は、応募を検討されてみてはいかがでしょうか。刺激的な1週間が待っています!
申請締切は9月9日(月)17:00です!お忘れなく!!

申込みはこちら

お問い合わせ先

独立行政法人 日本学術振興会
国際事業部  研究協力第一課「HOPEミーティング」担当
03-3263-2414
hope-meetings*jsps.go.jp
※メールを送る際は「*」を「@」に置き換えてください。

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. 化学探偵Mr.キュリー6
  2. CV書いてみた:ポスドク編
  3. 中小企業・創薬ベンチャー必見!最新研究機器シェアリングシステム
  4. 共役はなぜ起こる?
  5. 続・企業の研究を通して感じたこと
  6. 露出した銀ナノクラスター表面を保持した、高機能・高安定なハイブリ…
  7. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体
  8. 高活性、高耐久性を兼ね備えた世界初の固体鉄触媒の開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson Flavone Synthesis
  2. 金大発『新薬』世界デビュー
  3. 大学院から始めるストレスマネジメント【アメリカで Ph.D. を取る –オリエンテーションの巻 その 1–】
  4. 超高速レーザー分光を用いた有機EL発光材料の分子構造変化の実測
  5. 庄野酸化 Shono Oxidation
  6. 誰でも参加OK!計算化学研究を手伝おう!
  7. ちょっとキレイにサンプル撮影
  8. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」開催報告
  9. 昇華の反対は?
  10. 私達の時間スケールでみても、ガラスは固体ではなかった − 7年前に分からなかった問題を解決 −

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

はじめにパラジウムなどのレアメタルを触媒としたカップリング反応は、有機EL材料、医農薬、半導体材…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP