[スポンサーリンク]

会告

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

[スポンサーリンク]

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Lindau Nobel Laureate Meeting)。毎回30名程度のノーベル賞受賞者が招かれ、世界各地から集った若手研究者に対して講演を行うとともに、参加者とのディスカッションに応じるもので、若手研究者にとっては、受賞者と昼夜親しく接して大きな知的刺激を受けると同時に、世界中に研究者ネットワークを形成する絶好の機会となっています。

来年度(2025)開催される会議は、なんと化学関連分野が募集対象です!

申込みはこちら

第74回リンダウ・ノーベル賞受賞者会議

会議概要

主催:リンダウ・ノーベル賞受賞者会議評議会/リンダウ・ノーベル賞受賞者会議基金
開催地:リンダウ市(ドイツ)
日程:令和7(2025)年6月29日(日)~7月4日(金)
応募締切:令和6(2024)年8月5日(月)17:00

 

日本からの会議参加方法・公募情報

日本学術振興会が「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業」として日本人の参加希望者を募集し、参加候補者の選考を行い、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議評議会へ推薦します。

日本学術振興会による公募情報は下記のとおりです。
https://www.jsps.go.jp/j-lindau/shinsei_boshu.html

申請締切は2024年8月5日(月)17:00です!お忘れなく!!

申込みはこちら

お問い合わせ先

独立行政法人日本学術振興会
国際事業部 研究協力第一課 「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業」担当
03-3263-1769
lindau*jsps.go.jp
※メールを送る際は「*」を「@」に置き換えてください。

関連記事

詳細は過去にもケムステで公開していますので、そちらもご参照ください。

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. アメリカの大学院で受ける授業
  2. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系
  3. Skype英会話の勧め
  4. MOFはイオンのふるい~リチウム-硫黄電池への応用事例~
  5. 酵素合成と人工合成の両輪で実現するサフラマイシン類の効率的全合成…
  6. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒
  7. Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel …
  8. 水蒸気侵入によるデバイス劣化を防ぐ封止フィルム

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?
  2. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty
  3. 生物に打ち勝つ人工合成?アルカロイド骨格多様化合成法の開発
  4. 三井化学と日産化学が肥料事業を統合
  5. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ
  6. comparing with (to)の使い方
  7. アメリカの大学院生だってパーティするっつーの! 【アメリカで Ph.D. を取る –Qualification Exam の巻 後編】
  8. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞
  9. 化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益
  10. 光触媒により脱炭酸反応における反応中間体の精密制御に成功!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

はじめにパラジウムなどのレアメタルを触媒としたカップリング反応は、有機EL材料、医農薬、半導体材…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP