[スポンサーリンク]

ケムステニュース

信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ

[スポンサーリンク]

原油高に伴う石油化学の基礎原料ナフサ(粗製ガソリン)の価格高騰を石化製品に転嫁する動きが広がってきた。信越化学工業と旭化成ケミカルズ(東京・千代田)は合成樹脂を値上げする。(引用:日本経済新聞

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第47回天然有機化合物討論会
  2. 青色LED和解:中村教授「日本の司法制度は腐ってる」
  3. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル
  4. 「薬草、信じて使うこと」=自分に合ったものを選ぶ
  5. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  6. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新
  7. 医薬品の黄金世代到来?
  8. 製薬特許売買市場、ネットに創設へ…大商とUFJ信託

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2018年10月号:生物発光・メタル化アミノ酸・メカノフルオロクロミズム・ジベンゾバレレン・シクロファン・クロミック分子・高複屈折性液晶・有機トランジスタ
  2. 科学論文を出版するエルゼビアとの購読契約を完全に打ち切ったとカリフォルニア大学が発表
  3. アメリカ化学留学 ”立志編 ーアメリカに行く前に用意すること?ー”!
  4. 13族元素含有ベンゼンの合成と性質の解明
  5. ノーベル受賞者、東北大が米から招請
  6. 国際化学オリンピックのお手伝いをしよう!
  7. 研究室クラウド設立のススメ(経緯編)
  8. 「コミュニケーションスキル推し」のパラドックス?
  9. 史跡 土肥金山
  10. Bayer Material Scienceの分離独立が語るもの

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP