[スポンサーリンク]

ケムステニュース

信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ

[スポンサーリンク]

原油高に伴う石油化学の基礎原料ナフサ(粗製ガソリン)の価格高騰を石化製品に転嫁する動きが広がってきた。信越化学工業と旭化成ケミカルズ(東京・千代田)は合成樹脂を値上げする。(引用:日本経済新聞

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告
  2. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開
  3. 改正特許法が国会で成立
  4. 骨粗鬆症、骨破壊止める化合物発見 理研など新薬研究へ
  5. ダイキン、特許を無償開放 代替フロンのエアコン冷媒
  6. 市販の新解熱鎮痛薬「ロキソニン」って?
  7. 2008年10大化学ニュース
  8. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 1と2の中間のハナシ
  2. 東芝やキヤノンが優位、微細加工技術の「ナノインプリント」
  3. 単分子レベルでの金属―分子接合界面構造の解明
  4. 還元的脱硫反応 Reductive Desulfurization
  5. 天然の保護基!
  6. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
  7. アセトンを用いた芳香環のC–Hトリフルオロメチル化反応
  8. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る
  9. 【動画】元素のうた―日本語バージョン
  10. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Methyl-1-phenyl-2-phospholene 1-Oxide

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんに…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP