[スポンサーリンク]

ケムステニュース

信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ

原油高に伴う石油化学の基礎原料ナフサ(粗製ガソリン)の価格高騰を石化製品に転嫁する動きが広がってきた。信越化学工業と旭化成ケミカルズ(東京・千代田)は合成樹脂を値上げする。(引用:日本経済新聞

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道
  2. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成
  3. タミフル―米国―厚労省 疑惑のトライアングル
  4. ナタデココ、次世代の薄型ディスプレー基板に活用
  5. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で
  6. COX2阻害薬 リウマチ鎮痛薬に副作用
  7. 2007年文化勲章・文化功労者決定
  8. 豊丘出身、元島さんCMC開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「株式会社未来創薬研究所」を設立
  2. 総収率57%! 超効率的なタミフルの全合成
  3. イミンを求核剤として反応させる触媒反応
  4. スタニルリチウム調製の新手法
  5. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」
  6. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン類の合成
  7. 書物から学ぶ有機化学 1
  8. プラスチックを簡単に分解する方法の開発
  9. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet
  10. ブラウザからの構造式検索で研究を加速しよう

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP