[スポンサーリンク]

ケムステニュース

信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ

[スポンサーリンク]

原油高に伴う石油化学の基礎原料ナフサ(粗製ガソリン)の価格高騰を石化製品に転嫁する動きが広がってきた。信越化学工業と旭化成ケミカルズ(東京・千代田)は合成樹脂を値上げする。(引用:日本経済新聞

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される
  2. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験
  3. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調…
  4. 「ニコチンパッチ」6月1日から保険適用
  5. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  6. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発
  7. 天然物化学談話会
  8. 分子の動きを電子顕微鏡で観察

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 輸出貿易管理令
  2. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen Rearrangement
  3. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成
  4. Google Scholarにプロフィールを登録しよう!
  5. “結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成
  6. 【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】
  7. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)
  8. SPhos
  9. ケムステ海外研究記 まとめ【地域別/目的別】
  10. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン類の合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP