[スポンサーリンク]

ケムステニュース

信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ

原油高に伴う石油化学の基礎原料ナフサ(粗製ガソリン)の価格高騰を石化製品に転嫁する動きが広がってきた。信越化学工業と旭化成ケミカルズ(東京・千代田)は合成樹脂を値上げする。(引用:日本経済新聞

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で
  2. カーボンナノペーパー開発 信州大、ナノテク新素材
  3. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  4. サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の…
  5. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  6. 帝人、EV向けメンブレンのラインを拡充
  7. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ
  8. 劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkinson Decarbonylation
  2. 私がケムステスタッフになったワケ(4)
  3. ハロホルム反応 Haloform Reaction
  4. 水中で光を当てると水素が湧き出るフィルム
  5. IGZO
  6. ヘゲダス遷移金属による有機合成
  7. イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発
  8. コープ転位 Cope Rearrangement
  9. トランス効果 Trans Effect
  10. エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン」、ドイツなどで発売を開始

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP