[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

分子マシンー2016年ノーベル化学賞より

[スポンサーリンク]

2016年のノーベル化学賞が決まった「分子マシン」。実用化までは程遠いですが、こういう基礎研究は未来を変える可能性を秘めています。分子マシンに関するこれまでのケムステ記事を紹介します。

世界の化学者データベース
受賞者
分子機械に関連する研究者

インタビュー

分子マシンに関係する記事

関連書籍

受賞者全員が編集に関わっている。

Stoddart教授Sauvage教授が一部チャプターを執筆

Stoddart教授Sauvage教授が一部チャプターを執筆

分子マシンやモーターに関連する最新の書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ノーベル化学賞まとめ
  2. 身近なカガクを説明した記事まとめ
  3. 計算化学記事まとめ
  4. SciFinder Future Leaders プログラム体験…
  5. 化学業界と就職活動
  6. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ
  7. 世界を股にかける「国際学会/交流会 体験記」
  8. ケミカルタイムズ 紹介記事シリーズ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水素結合水H4O
  2. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成
  3. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  4. 触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発
  5. 相撲と化学の意外な関係(?)
  6. DNAのもとは隕石とともに
  7. オッペナウアー酸化 Oppenauer Oxidation
  8. アスタキサンチン (astaxanthin)
  9. Reaxys Ph.D Prize 2014受賞者決定!
  10. ザンドマイヤー反応 Sandmeyer Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP