[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

分子マシンー2016年ノーベル化学賞より

2016年のノーベル化学賞が決まった「分子マシン」。実用化までは程遠いですが、こういう基礎研究は未来を変える可能性を秘めています。分子マシンに関するこれまでのケムステ記事を紹介します。

世界の化学者データベース
受賞者
分子機械に関連する研究者

インタビュー

分子マシンに関係する記事

関連書籍

受賞者全員が編集に関わっている。

Stoddart教授Sauvage教授が一部チャプターを執筆

Stoddart教授Sauvage教授が一部チャプターを執筆

分子マシンやモーターに関連する最新の書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 生合成研究の記事まとめ
  2. 世界を股にかける「国際学会/交流会 体験記」
  3. インフルエンザ治療薬と記事まとめ
  4. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ
  6. 日本人化学者による卓越した化学研究
  7. 理系の海外大学院・研究留学記
  8. ケムステ記事ランキングまとめ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機反応の仕組みと考え方
  2. ペイドン・ヤン Peidong Yang
  3. 進撃のタイプウェル
  4. ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von Braun Reaction
  5. ペリ環状反応―第三の有機反応機構
  6. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました② 化学(科学)編
  7. 菅裕明 Hiroaki Suga
  8. BASFとはどんな会社?-2
  9. アスパラプチン Asparaptine
  10. 2009年6月人気化学書籍ランキング

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP