[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

分子マシンー2016年ノーベル化学賞より

2016年のノーベル化学賞が決まった「分子マシン」。実用化までは程遠いですが、こういう基礎研究は未来を変える可能性を秘めています。分子マシンに関するこれまでのケムステ記事を紹介します。

世界の化学者データベース
受賞者
分子機械に関連する研究者

インタビュー

分子マシンに関係する記事

関連書籍

受賞者全員が編集に関わっている。

Stoddart教授Sauvage教授が一部チャプターを執筆

Stoddart教授Sauvage教授が一部チャプターを執筆

分子マシンやモーターに関連する最新の書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ
  2. 「文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり」シリーズ
  3. 研究費・奨学金の獲得とプロポーザルについて学ぼう!
  4. 化学業界と就職活動
  5. ノーベル化学賞まとめ
  6. 有機合成テクニック集[ケムステ版]
  7. CSJカレントレビューシリーズ書評
  8. 世界の最新科学ニュース雑誌を日本語で読めるーNature ダイジ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研
  2. 学会に行こう!高校生も研究発表できます
  3. ルドルフ・クラウジウスのこと① エントロピー150周年を祝って
  4. 産業界のニーズをいかにして感じとるか
  5. 理系のための口頭発表術
  6. Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments
  7. カラムはオープン?フラッシュ?それとも??
  8. 8億4400万円で和解 青色LED発明対価訴訟
  9. N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation
  10. 新たなクリックケミストリーを拓く”SuFEx反応”

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

PAGE TOP