化学者のつぶやき実験・テクニック

  1. カラムはオープン?フラッシュ?それとも??

    はじめまして。本年より新たにケムステスタッフに加えて頂きましたgladsaxeといいます。現在博士課程で天然物の全合成および医薬品を目指した薬理活性化合物の合成研究を行っております。研究室に博士課程の学生が私しかいないためモチベーシ…

  2. 過ぎ去りし器具への鎮魂歌

    たまには化学者のコーヒーブレイク的な話でも。昨年の有機合成化学協会の編集委員会で、阪大の安田先生との…

  3. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

    水添反応でお馴染みのパラジウムカーボン(Pd/C)。研究者は普段何気なく使っているものですが、意外に…

  4. 真空ポンプはなぜ壊れる?

    今回は研究現場の話題を取りあげてみます。有機合成化学の世界では、化合物の合成後に残る有機溶媒…

  5. 金属スカベンジャーを試してみた

    久々に実験関係の製品の紹介です。金属スカベンジャー(捕捉剤)ってご存知でしょうか。あまり大学…

  6. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー

  7. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~

  8. ちょっとキレイにサンプル撮影

  9. グローブボックスあるある

  10. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」

  11. プロワイプ:実験室を安価できれいに!

  12. 構造式を楽に描くコツ!? テクニック紹介

  13. ChemDrawの使い方【作図編③:表】

  14. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット

  15. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(1)

  16. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑪:どっちもクリップの巻

スポンサー

ピックアップ記事

  1. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(2)
  2. 図に最適なフォントは何か?
  3. 高峰譲吉の墓
  4. あなたの分子を特別なカタチに―「CrystalProtein.com」
  5. ユネスコ女性科学賞:小林教授を表彰
  6. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart Rowan教授
  7. 超一流誌による論文選定は恣意的なのか?

注目情報

最新記事

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

A transformation is happening in global energy mar…

PAGE TOP