[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき実験・テクニック

  1. タンパク質の定量法―ブラッドフォード法 Protein Quantification – Bradford Protein Assay

    原理ブラッドフォード法(Bradford Protein Assary)は BCA法と並び、もっともよく使われるタンパク質の濃度定量法である。クマシーブリリアントブルー(CBB) G-250という色素がタンパク質の塩基性・芳香族…

  2. タンパク質の定量法―ビシンコニン酸法 Protein Quantification – Bicinconic Acid Assay

    原理ビシンコニン酸(BCA)法(Bicinconic Acid  Assary)はLowry法を…

  3. タンパク質の定量法―ローリー法 Protein Quantification – Lowry Method

    原理ローリー法(Lowry Method)はBiuret法をさらに発展させた比色法であり、タンパ…

  4. タンパク質の定量法―ビューレット法 Protein Quantification – Biuret Test

    原理もっとも古典的な比色定量法である。アミノ酸が3つ以上繋がったトリペプチド以上のオリゴ…

  5. タンパク質の定量法―紫外吸光法 Protein Quantification – UV Absorption

    原理タンパク質中には紫外光を吸収するアミノ酸残基が含まれる。特にチロシン・トリプトファンの側鎖に…

  6. 【いまさら聞けない?】アジドの取扱いを学んでおこう!

  7. ポンコツ博士の海外奮闘録⑪ 〜博士,データをとる〜

  8. 快適な研究環境を!実験イス試してみた

  9. Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

  10. ポンコツ博士の海外奮闘録⑩ 〜博士,中和する〜

  11. GCにおける水素のキャリアガスとしての利用について

  12. 外部の分析機器を活用する方法

  13. シンクロトロンで実験してきました【アメリカで Ph.D. を取る: 研究の非日常の巻】

  14. 有機化学実験基礎講座、絶賛公開中!

  15. 美しきガラス器具製作の世界

  16. ポンコツ博士の海外奮闘録④ ~博士,ろ過マトる~

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 4歳・2歳と学会・領域会議に参加してみた ①
  2. 治療応用を目指した生体適合型金属触媒:② 細胞外基質・金属錯体を標的とする戦略
  3. フェイスト・ベナリー フラン合成 Feist-Benary Furan Synthesis
  4. tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション
  5. 「糖化学ノックイン」の世界をマンガ化して頂きました!
  6. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2021年版】
  7. 還元された酸化グラフェン(その1)

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP