[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

紙製TLC!? 話題のクロマトシートを試してみた

[スポンサーリンク]

久々の研究室の物品を試してみたシリーズ。第14弾となる今回は、

富士フイルム和光純薬から発売された

クロマトシート

について動画と記事でお伝えしたいと思います。

紙製のTLC!? そんなのありか?

薄層クロマトグラフィー(TLC)は、有機反応を簡単に可視化できる技術です。

溶液をキャピラリーで採取して、TLCにスポット、展開するだけで表面のシリカゲルと化合物の相互作用の差を利用して分離する優れものですね。TLCには蛍光剤が塗布されていて、紫外光を吸収する化合物はスポットとしてみえます。もちろんもっと高感度や定量的なツールや機器もありますが、気軽かつ迅速に反応をチェックするには欠かせない一品となっています。

通常はガラスの板にシリカゲルが薄く塗ってあるものが一般的です。ガラスのかわりに薄いアルミシートになっているものもあります。それぞれ利点や欠点はあるのですがとりあえず置いておきましょう。

一方で、今回紹介する「クロマトシート」は、紙製となります。

え、ペーパークロマトグラフィーでは?

と思った方、正解です。そう広義にはペーパークロマトグラフィーなんですが、紙繊維にシリカゲルが練り込んであって、ガラスやアルミと同様にシリカゲルとの相互作用を利用して分離するのです。蛍光剤も練り込んであり、UVで検出が可能というわけです。

クロマトシートは紙繊維にシリカゲルと蛍光剤を練りこんだ、紙製のシリカゲルTLCプレートです。

 

そんなの今までなかったんだと思われる方もいると思いますが、実はありました。

ただ、色々な経緯で最近は生産されておらず、それを富士フイルム和光純薬さんが改良を重ね、ついに新製品として発表したのが、このクロマトシートになります。

というわけで、このクロマトシートの特長をデメリットも含めて解説しましょう。

簡単に理解するためには、以下の動画が便利です。ぜひご覧ください。

 

クロマトシートの特長を隠さず紹介

記事でも簡単にクロマトシートの特徴を紹介しましょう。

メリット1:はさみできれる

クロマトシートははさみで簡単、また安全に切ることが出来ます。ガラスカッター等、裁断の際の特殊な器具は不要です。

メリット2:粉落ちしない

ガラス製TLCは切り口やプレート同士が当たった際に粉落ちしてしまうことがありますが、クロマトシートはシリカゲルを紙に練りこんである為、粉落ちの心配がありません。

メリット3:シートを丸めてスポットできる

クロマトシートは曲げられるため、曲げた状態で展開することでガラス製TLCよりも多くのスポットを打つことができます。カラムクロマトグラフィーのフラクション確認などあらかじめ検出されるスポットが分かっている際の時間短縮に活用できます。

メリット4:がらすゴミの分別が不要

クロマトシートは紙の為、ガラスごみの分別をすることなく手元のゴミ箱に捨てることが出来ます。ガラスを分別して、実験廃棄物として有料なことが多いので、これはよいところですね。

メリット5:整理しやすい

クロマトシートはガラス製TLCと比べて薄く、かさばりません。また、ノートへの貼り付けやファイリングもすることが出来ます。

メリット6:ガラス製TLCと同様に使用できる

 紙だからといって特殊な展開器具は必要ありません。クロマトシートはガラス製TLCと同様の手法で、スポット、展開、検出(加熱)を行うことが出来ます。展開にはクロロホルム、酢酸エチル、ヘキサン、ニンヒドリン等一般的な溶媒を使用する事が出来ます。また、呈色試薬にもりんモリブデン酸やニンヒドリンをはじめとする一般的な試薬を使用することが出来ます。

デメリット1:硫酸はさすがにつかえない

紙の為、硫酸等の強酸を用いる検出試薬は使用できません。例えば、セリウムモリブデン酸アンモニウムなどは硫酸が入っているので焦げてしまいます。研究室で一番使う呈色液なので残念です。また、もちろん溶媒を含んだ状態で加熱すると、燃えてしまうので溶媒を十分に乾かした後加熱してください。

デメリット2:少し性能が劣る

ガラス製TLCとクロマトシートはシリカゲルの厚みが異なり、クロマトシートの方が少ないので、ガラス製TLCの感覚でスポットするとテーリングします。なれればしっかりあげることはできますが、やはり分離能はガラス製TLCに劣ると思います。また、蛍光剤の違いのせいか、ガラス製TLCに比べて見にくいです。

はじめに書いたように、TLCは反応をしっかりチェックするための大事なツールですので、精密有機合成化学ではおすすめはできません。一方で、きれいなサンプルやUVがよく見える化合物などはガラス製TLCと同様に使えるものもあると思います。

ぜひ試して見ては?

以上、今回は富士フイルム和光純薬から発売されたクロマトシートを紹介しました。試供品も提供してくれるようなのでぜひ試して見てください。

お問い合わせは以下

富士フイルム和光純薬 お問い合わせ窓口

関連記事

富士フイルム和光純薬の現在売れ筋商品です

売切れ必至!?ガロン瓶をまもるうわさの「ガロテクト」試してみた

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は…
  2. (+)-フロンドシンBの超短工程合成
  3. Wiley社の本が10%割引キャンペーン中~Amazon~
  4. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)
  5. 化学のうた
  6. 「無保護アルコールの直截的なカップリング反応」-Caltech …
  7. “マブ” “ナブ”…
  8. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~上級編~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 人工DNAを複製可能な生物ができた!
  2. 第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Plieger教授
  3. チアゾリジンチオン
  4. イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発
  5. 岸 義人 Yoshito Kishi
  6. 渡辺化学工業ってどんな会社?
  7. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic Allylation
  8. 小松紘一 Koichi Komatsu
  9. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gilbert Alkyne Synthesis
  10. どろどろ血液でもへっちゃら

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

最新記事

全合成研究は創薬化学のトレーニングになり得るか?

天然物の全合成は現代でも創薬化学 (メディシナルケミストリー) のための良いトレ…

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP