[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき実験・テクニック

  1. 天秤で量れるのは何mgまで?

    どんな測定にも測定限界がありますが、一番身近な測定装置である電子天秤の測定限界はご存知でしょうか?恐らく有機合成をしている多くの人が、微量の触媒や生成物、あるいは測定試料を秤量していて正確性に不安を覚えたことがあると思います。これまでケ…

  2. 実験メガネを15種類試してみた

    年末も近く今年をよい年に終わらせるために頑張って化学実験に勤しんでいる人は多いと…

  3. ものづくりのコツ|第10回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

    理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

  4. とにかく見やすい!論文チェックアプリの新定番『Researcher』

    昨今、学術ジャーナルがどんどん乱立しており、もはや全ての論文を追うことは不可能になっています。そんな…

  5. 実験を加速する最新機器たち|第9回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

    理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

  6. 粒子画像モニタリングシステム EasyViewerをデモしてみた

  7. パーソナル有機合成装置 EasyMax 402 をデモしてみた

  8. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

  9. 第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで3 |第8回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

  10. 化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編

  11. 人工プレゼン動画をつくってみた

  12. 化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

  13. 水晶振動子マイクロバランス(QCM)とは~表面分析・生化学研究の強力ツール~

  14. 合成化学者のための固体DNP-NMR

  15. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ①

  16. 研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ⑤ 最終回

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ハリー・グレイ Harry B. Gray
  2. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授
  3. 【6月開催】第九回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機金属化合物「オルガチックス」の密着性向上剤としての利用 -添加剤としての利用-
  4. 投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  5. ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Isoquinoline Synthesis
  6. ノーベル化学賞解説 on Twitter
  7. ヘリウム Helium -空気より軽い! 超伝導磁石の冷却材

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP