[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

高懸濁試料のろ過に最適なGFXシリンジフィルターを試してみた

[スポンサーリンク]

 

久々の、試してみたシリーズ。今回試したのはアドビオン・インターチム・サイエンティフィック社(AIS)GFXというシリンジフィルター。

シリンジフィルターというとHPLC試料のろ過や組織培養液、生体試料、水系試料の清澄化など様々な場面で使用しますよね。一般消耗品として安く、入手しやすいメーカーを使用して、これと言って気にかけない製品です。

でも、偶に懸濁物が多く、詰まってしまったり、ろ過できず困った経験をもっている研究者は多いのではないでしょうか?

そんな悩みを解決できるので試してみませんかとAISさんからお声がけ頂きました。

「ほんまかいな?普段使っているフィルターと変わらんちゃうん??」

と、当研究室の先生、学生は誰しもが思っていました(注:関西弁ではありません)。

評価前にAISさんが持参したアルブミン懸濁サンプルを試してみたところ、

「なんじゃこりゃ、めっちゃ快適やん」

と思わせるものでした。さっそく、紹介していきたいと思います!

AISさんが販売しているシリンジフィルターはUptiDisk™という製品でGFXはその一部の高懸濁物のサンプルろ過用の位置づけです。

図1のように4層からなる多段フィルターで目の粗い、中、小のグラスファイバー、メンブレンの構造で段階的にろ過を効率的に行っていくようです。

この効果により高懸濁物も難なく処理できてしまうという訳です。

早速、当研究室で試した結果をYoutubeにあげていますので、ご興味ある方はご覧ください。

ほんと、驚きますよ(笑)

興味ある方はAISさんへ問い合わせるか、販売は下記のHPLCショップからのみ可能とのことで覗いてみては如何でしょうか?決して安くはありませんが、困っている方には有難い製品だと思いますよ。

なんと、ケムステ記事掲載記念として2024年3月末まで20%OFFにて提供してくれるそうです。

残予算に余裕ある研究室なら1~2箱は所持しておくと安心かもしれません。

HPLCショップ・研究者様のためのHPLC分析支援セレクトショップ (hplcshop.com)

GFXは25㎜サイズのみとなっているので試料のボリュームによってはデッドボリュームが多くなる可能性があるので注意が必要です。

13㎜や4㎜の小さいサイズもラインナップに加わると選択肢が増えるので今後の開発に期待を込めて要望します。

総括

4層のフィルターは想像以上に良い働きをしてくれました。目詰まりや押しすぎてハウジングの破損などを経験してきた身としてはGFXの活躍する場面は多いだろうと実感しています。

20%OFFの期間中にお試しで購入してみては如何でしょうか?

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ポンコツ博士の海外奮闘録XVII~博士,おうちを去る~
  2. TLCと反応の追跡
  3. MacでChem3Dー新たなる希望ー
  4. 植物の受精効率を高める糖鎖「アモール」の発見
  5. 2010年ノーベル化学賞予想―トムソン・ロイター版
  6. 超強塩基触媒によるスチレンのアルコール付加反応
  7. SigmaAldrichフッ素化合物30%OFFキャンペーン
  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化
  2. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する
  3. ニトログリセリン / nitroglycerin
  4. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Alcohol to Alkane
  5. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)
  6. 有機色素の自己集合を利用したナノ粒子の配列
  7. クロスカップリング反応ーChemical Times特集より
  8. カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される
  9. トリメチルロック trimethyl lock
  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

接着系材料におけるmiHub活用事例とCSサポートのご紹介

開催日:2024/06/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

水素原子一個で強力な触媒をケージング ――アルツハイマー病関連のアミロイドを低分子で副作用を抑えて分解する――

第 619 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学…

ミツバチに付くダニに効く化学物質の研究開発のはなし

今回は東京大学大学院有機化学研究室 滝川 浩郷先生、小倉 由資先生が主導されている研究内容につき…

化学結合の常識が変わる可能性!形成や切断よりも「回転」プロセスが実は難しい有機反応

第 617 回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 有機…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP