[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

高懸濁試料のろ過に最適なGFXシリンジフィルターを試してみた

[スポンサーリンク]

 

久々の、試してみたシリーズ。今回試したのはアドビオン・インターチム・サイエンティフィック社(AIS)GFXというシリンジフィルター。

シリンジフィルターというとHPLC試料のろ過や組織培養液、生体試料、水系試料の清澄化など様々な場面で使用しますよね。一般消耗品として安く、入手しやすいメーカーを使用して、これと言って気にかけない製品です。

でも、偶に懸濁物が多く、詰まってしまったり、ろ過できず困った経験をもっている研究者は多いのではないでしょうか?

そんな悩みを解決できるので試してみませんかとAISさんからお声がけ頂きました。

「ほんまかいな?普段使っているフィルターと変わらんちゃうん??」

と、当研究室の先生、学生は誰しもが思っていました(注:関西弁ではありません)。

評価前にAISさんが持参したアルブミン懸濁サンプルを試してみたところ、

「なんじゃこりゃ、めっちゃ快適やん」

と思わせるものでした。さっそく、紹介していきたいと思います!

AISさんが販売しているシリンジフィルターはUptiDisk™という製品でGFXはその一部の高懸濁物のサンプルろ過用の位置づけです。

図1のように4層からなる多段フィルターで目の粗い、中、小のグラスファイバー、メンブレンの構造で段階的にろ過を効率的に行っていくようです。

この効果により高懸濁物も難なく処理できてしまうという訳です。

早速、当研究室で試した結果をYoutubeにあげていますので、ご興味ある方はご覧ください。

ほんと、驚きますよ(笑)

興味ある方はAISさんへ問い合わせるか、販売は下記のHPLCショップからのみ可能とのことで覗いてみては如何でしょうか?決して安くはありませんが、困っている方には有難い製品だと思いますよ。

なんと、ケムステ記事掲載記念として2024年3月末まで20%OFFにて提供してくれるそうです。

残予算に余裕ある研究室なら1~2箱は所持しておくと安心かもしれません。

HPLCショップ・研究者様のためのHPLC分析支援セレクトショップ (hplcshop.com)

GFXは25㎜サイズのみとなっているので試料のボリュームによってはデッドボリュームが多くなる可能性があるので注意が必要です。

13㎜や4㎜の小さいサイズもラインナップに加わると選択肢が増えるので今後の開発に期待を込めて要望します。

総括

4層のフィルターは想像以上に良い働きをしてくれました。目詰まりや押しすぎてハウジングの破損などを経験してきた身としてはGFXの活躍する場面は多いだろうと実感しています。

20%OFFの期間中にお試しで購入してみては如何でしょうか?

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「一置換カルベン種の単離」—カリフォルニア大学サンディエゴ校・G…
  2. 可視光エネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリ…
  3. 化学物質でiPS細胞を作る
  4. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる
  5. 化学者のためのエレクトロニクス講座~5Gで活躍する化学メーカー編…
  6. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介①:東原 知哉 先生
  7. 抗酸化能セミナー 主催:同仁化学研究所
  8. 塩にまつわるよもやま話

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 変幻自在にジアゼンへ!アミンを用いたクロスカップリングの開発
  2. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II
  3. 水分子が見えた! ー原子間力顕微鏡を用いた水分子ネットワークの観察ー
  4. 塩にまつわるよもやま話
  5. ケミストリー四方山話-Part I
  6. “Wisconsin Process”について ~低コスト硝酸合成法の一幕~
  7. リンダウ会議に行ってきた③
  8. Scifinderが実験項情報閲覧可能に!
  9. 生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:②合成蛍光色素
  10. 非平衡な外部刺激応答材料を「自律化」する

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

最新記事

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP