世界の化学者データベース

  1. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz

    アンドレアス・ファルツ(Andreas Pfaltz、1948年5月10日-、スイス/バーゼル生)は、スイスの有機化学者である。Ir-PHOX系触媒によるアルキル置換オレフィン類の高エナンチオ選択的水素添加反応の開発で有名。バーゼル大学化学…

  2. エド・ボイデン Edward Boyden

    エドワード・ボイデン(Edward Boyden, 19xx年xx月xx日-)は、アメリカの生化学者…

  3. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo

    盧 煜明 (Dennis Yuk-ming Lo, 1963年10月12日(香港,中国生)-)は、中…

  4. ジョージ・チャーチ George M. Church

    ジョージ・M・チャーチ(George M. Church、1954年8月28日(フロリダ生)-)はア…

  5. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek

    レイモンド・アレン・ドウェク(Raymond Allen Dwek, 1941年11月10日-)は、…

  6. 沈 建仁 Jian-Ren Shen

  7. 神谷 信夫 Nobuo Kamiya

  8. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson

  9. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2016年版】

  10. 松村 保広 Yasuhiro Matsumura

  11. 前田 浩 Hiro Maeda

  12. フェン・チャン Feng Zhang

  13. カール・ダイセロス Karl Deisseroth

  14. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

  15. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

  16. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros

スポンサー

ピックアップ記事

  1. YMC研究奨励金当選者の声
  2. テキサス大教授Science論文捏造か?
  3. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  4. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』
  5. ビニグロールの全合成
  6. 白血病治療新薬の候補物質 京大研究グループと日本新薬が開発
  7. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート

注目情報

最新記事

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

A transformation is happening in global energy mar…

PAGE TOP